World Voice

powerd_by_nw

England Swings!

ラッシャー貴子|イギリス

夏のオペラは緑の公園で、オペラ・ホランドパーク

オペラ・ホランドパークの劇場の入り口。劇場のあるホランドパーク周辺は買い物にも便利な都心でありながら緑が豊かで、大使館や高級住宅も多い。公園の緑の中を歩いて会場に着くと、優美な建物とにこやかな係員の方に迎えられてオペラが始まる。筆者撮影

 毎年、夏の間はロンドンでもさまざまな野外イベントが開かれる。そのひとつがオペラ・ホランドパークだ。公園の一角に夏の間だけ作られるステージでオペラを観るイベントで、毎年5月の終わりから8月にかけて開催される。オペラのシーズンは夏はちょうど休みに入るので、気候もいいことだし外で観ちゃおうというわけだ。郊外にも野外オペラはいろいろあるけれど、都心にある公園なら遠出も不要で、仕事を終えた夕方から出かけられるのも気軽でいい。

 わが家ではたまたま夫が長く通っていたので、わたしもこの20年くらい、ほぼ毎年ここで夏の夜を過ごしている。オペラの世界は奥深くて、万年初心者ではあるけれど、歌を聴くことが好きなので機会があればシーズン中も出かけている。

オペラ・ホランドパークのYouTube投稿より、今年の会場と演目のダイジェスト。途中でロンドンのフリーペーパー、イブニング・スタンダード紙の「ロンドンでもっとも緑豊かな劇場」という評も挿入されている。環境への配慮から、ここ数年は内装にも木材が多く使われるようになった。

 野外コンサートというとサマーフェスのように歌って踊って盛り上がるイメージが強いので、オペラ・ホランドパークの劇場に着くとちょっと驚くかもしれない。入り口からして何ともエレガントな佇まいなのだ(冒頭の写真をご参照)。それもそのはず、劇場はジャコビアン様式で建てられた17世紀の本物の貴族の館を使っている。ステージはかつてのお屋敷のテラスだったところで、演目によっては貴族の館がそのままオペラの背景に使われる。このお屋敷にはエリザベス女王も訪れたこともあり、格式ある貴族が所有していた。ところが第二次世界大戦でひどく損なわれてしまい、戦後にロンドンの自治体に買い取られた。その後、芝居などが不定期に上演されるようになって、1996年からはオペラ・ホランドパークが毎夏に劇場として使っている。

 「野外」と言ったけれど、ステージと客席は大きなテントで覆われているので、厳密には半野外になる。夏のイベントにつきもののピクニックも、有料席を予約すると人が立って歩ける高さの大きなテントや屋根つきの席に案内される。だから雨を心配する必要がなくて、天気が不安定なロンドンではありがたい計らいだ(雨でもほとんど傘をささない英国の人たちだって、さすがに体を濡らしたままオペラを観るのは嬉しくないんじゃないかと想像する)。それでもテントの横の部分は開いているので、公園からの風が吹き抜けて、開放感も味わうことができる。

オペラ補足 - 1.jpeg

有料ピクニックが設置された大きなテントの前で幕間を過ごす観客たち。この明るさで夜9時ごろ。この日は天気がよかったからか、持参のピクニックを広げる人がいつもより多かった。カジュアルな服装や厚着にもご注目。筆者撮影

 これだけだとなにやらお上品に聞こえるけれど、オペラ・ホランドパークの真の魅力は、堅苦しく思われがちなオペラを気楽に観ながら夏の夕べを楽しむことだ。オペラの華やかさと劇場の優雅さが、気取らない野外イベントの楽しみと調和している。

Profile

著者プロフィール
ラッシャー貴子

ロンドン在住15年目の英語翻訳者、英国旅行ライター。共訳書『ウェブスター辞書あるいは英語をめぐる冒険』、訳書『Why on Earth アイスランド縦断記』、翻訳協力『アメリカの大学生が学んでいる伝え方の教科書』、『英語はもっとイディオムで話そう』など。違う文化や人の暮らしに興味あり。世界中から人が集まるコスモポリタンなロンドンの風景や出会った人たち、英国らしさ、日本人として考えることなどを綴ります。

ブログ:ロンドン 2人暮らし

Twitter:@lonlonsmile

あなたにおすすめ

あなたにおすすめ

あなたにおすすめ

あなたにおすすめ

Ranking

アクセスランキング

Twitter

ツイッター

Facebook

フェイスブック

Topics

お知らせ