コラム

G7サミット「経済の強靭化」で日本が果たす役割

2021年06月21日(月)16時20分
G7サミット

G7各国がグローバルなサプライチェーン、特に保健、安全保障、環境などの国際公共財の分野における関係性を強化することを謳った意義は極めて大きい Jack Hill/REUTERS

<G7サミットで、特に注目される要素は「クリティカル・サプライ・フォーラム(CSF)」の設立に向けた提案が行われたことだ>

G7サミットで策定されたコンウォール・コンセンサスのポイントの1つは、経済の強靭性に関する様々な提言である。自由と民主主義の価値観を共有するG7各国がグローバルなサプライチェーン、特に保健、安全保障、環境などの国際公共財の分野における関係性を強化することを謳った意義は極めて大きい。

バイデン政権の戦略は対中国という安全保障上の観点から死活的重要性を持つ物資のサプライチェーンを見直し、世界のGDPの50%以上を有する民主主義諸国が共同して中国との交渉にあたるというものだ。バイデン政権は2021年2月24日大統領令を発令し、医薬品、半導体、レアアース、電気自動車用バッテリーにおけるサプライチェーンの見直し計画を公表しており、今回のG7サミットではその戦略を更に一歩推し進めるための国際的なコンセンサスの形成に成功したと言えるだろう。

特に注目される要素は「クリティカル・サプライ・フォーラム(CSF)」の設立に向けた提案が行われたことだ。同フォーラムは当初は3つの分野、保健、レアアース、半導体に焦点を当てる旨が述べられており、危機時のG7プラス即応メカニズム整備、サプライチェーンのストレステスト情報共有、レアアースの情報共有プラットフォームの設立などが強調されている。

中国による戦略物資を使った外交攻勢に備える仕組みを構築

つまり、これらの優先事項は中国による戦略物資を使った外交攻勢に備える仕組みを構築するということを意味する。

パンデミックなどが生じた際に迅速に情報と物資を共有する即応体制を整備することは、民主主義国陣営が世界の外交交渉の場で有利にゲームを進めることを可能とする。パンデミック自体への対応力をつけることは当然だが、それに付随するワクチン外交などの影響力競争に勝利する体制を作ることは外交上重要である。

また、半導体やレアアースなどの中国依存度が極めた高い戦略物資に関する情報共有と多角化は、中長期的に予測される中国側の輸出禁止措置などに対抗するための能力を底上げすることを意図している。米国は依然としてレアアースの中国依存度が高く、レアアースの有効活用・再活用・多角化が急務となっている。

日本はこのサプライチェーン問題に関する知見・経験がある

一方、日本の菅総理は4月にバイデン大統領の初直接面会時に経済の強靭化に関するベースとなる部分を事前協議し、既にその戦略の根幹を共有して動き始めている。日本は半導体生産の一部では一定の強みを維持しており、中国によるレアアース禁輸措置を経験・克服した国でもある。そのため、他のG7各国よりも同サプライチェーン問題に関する知見・経験を有しており、その体制構築に関して主導的な役割を担うことができるだろう。

プロフィール

渡瀬 裕哉

国際政治アナリスト、早稲田大学招聘研究員
1981年生まれ。早稲田大学大学院公共経営研究科修了。 機関投資家・ヘッジファンド等のプロフェッショナルな投資家向けの米国政治の講師として活躍。日米間のビジネスサポートに取り組み、米国共和党保守派と深い関係を有することからTokyo Tea Partyを創設。全米の保守派指導者が集うFREEPACにおいて日本人初の来賓となった。主な著作は『日本人の知らないトランプ再選のシナリオ』(産学社)、『トランプの黒幕 日本人が知らない共和党保守派の正体』(祥伝社)、『なぜ、成熟した民主主義は分断を生み出すのか』(すばる舎)、『メディアが絶対に知らない2020年の米国と日本』(PHP新書)、『2020年大統領選挙後の世界と日本 ”トランプorバイデン”アメリカの選択』(すばる舎)

ニュース速報

ワールド

モデルナ製コロナワクチン、半年後も有効率93% 追

ビジネス

FRBのCBDCで決済機能改善との見方に懐疑的=ウ

ワールド

バイデン氏、香港市民の米滞在延長措置を指示 中国の

ワールド

独仏、9月にワクチン追加接種実施へ WHOの先送り

MAGAZINE

特集:世界が尊敬する日本人100

2021年8月10日/2021年8月17日号(8/ 3発売)

免疫学者から歌舞伎役者、ユーチューバーまで世界が認めた日本の天才・異才・鬼才100人

人気ランキング

  • 1

    恐竜絶滅時に起きた高さ1500mの津波 その痕跡がアメリカの地下に眠っていた

  • 2

    大江千里がアメリカで感じた東京五輪の空虚さと違和感

  • 3

    誰にも聞こえない周波数で歌う世界一孤独な「52ヘルツのクジラ」の謎

  • 4

    自宅療養で人々を見殺しにすると決めた菅首相

  • 5

    気候変動の影響で地球の自転軸がずれた──最新研究

  • 6

    中国発の大ヒットSF小説『三体』に秘められた中国的…

  • 7

    太平洋上空の雲で史上最低気温、マイナス111度が観測…

  • 8

    こんなに動いていた! 10億年のプレートの移動が40秒…

  • 9

    デルタ株、感染者の74%はワクチン接種済み WHO 「苦労…

  • 10

    「反マスク派」ポスターを剥がした女性、仕込まれて…

  • 1

    東京五輪、中国人バド選手が韓国ペアとの試合中に「罵倒」連発で騒動に

  • 2

    いくら太陽光発電所を作っても、日本の脱炭素政策が成功しない訳

  • 3

    移動を邪魔して怒りを買った男性が、野生ゾウに踏まれる決定的瞬間

  • 4

    恐竜絶滅時に起きた高さ1500mの津波 その痕跡がアメ…

  • 5

    大江千里がアメリカで感じた東京五輪の空虚さと違和感

  • 6

    ドラァグクイーンと子供のふれあいイベントが抗議殺…

  • 7

    福山雅治ほどの温厚な人を怒らせた「3つのスイッチ」とは

  • 8

    パリ五輪ロゴの出会い系アプリ激似説がネットで再燃

  • 9

    女子陸上短距離ジョイナーの「伝説と疑惑の世界記録…

  • 10

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だ…

  • 1

    東京五輪、中国人バド選手が韓国ペアとの試合中に「罵倒」連発で騒動に

  • 2

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だった

  • 3

    加害と向き合えない小山田圭吾君へ──二度と君の音楽は聴きません。元いじめられっ子からの手紙

  • 4

    20万円で売られた14歳日本人少女のその後 ──「中世に…

  • 5

    「無駄に性的」罰金覚悟でビキニ拒否のノルウェー女…

  • 6

    「1日2個、カットしてスプーンで食べるだけ」 メンタル…

  • 7

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手…

  • 8

    人間のオモチャにされたイルカ死ぬ──野生動物に触る…

  • 9

    韓国で、日本製バイクの販売が伸びている理由

  • 10

    いくら太陽光発電所を作っても、日本の脱炭素政策が…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中