コラム

リバタリアン・マインド 渡瀬 裕哉
リバタリアン・マインド 渡瀬 裕哉

米国のワクチン開発・製造政策(OWS)は本当に有効だったのか

<トランプ政権によって開始されバイデン政権にも引き継がれたワクチンの承認・生産を超スピードで行うことを目的とした官民パートナーシップの枠組み

2021.07.12
リバタリアン・マインド 渡瀬 裕哉

G7サミット「経済の強靭化」で日本が果たす役割

<G7サミットで、特に注目される要素は「クリティカル・サプライ・フォーラム(CSF)」の設立に向けた提案が行われたことだ> G7サミットで策

2021.06.21
リバタリアン・マインド 渡瀬 裕哉

2021年米国政治、バイデン政権vs共和党のパワーバランスを読み解く

<連邦上院議員議席数は共和党・民主党50対50で拮抗し、政治的意思決定は非常に微妙なバランスの上に成り立っている> 現在の米国の共和党・民主

2021.05.27
リバタリアン・マインド 渡瀬 裕哉

バイデン政権のサプライチェーン見直し計画は、対中国戦略かつ国内選挙対策

<バイデン政権によるサプライチェーン見直しは、対中国の経済政策であり、国家安全保障政策であり、そして選挙対策にもなっている> 2021年2月

2021.05.14
リバタリアン・マインド 渡瀬 裕哉

バイデン政権初の連邦レベル選挙、米テキサス州の下院補選が象徴する共和党の実相

<バイデン政権下で行われる初の連邦レベル選挙となるテキサス州連邦下院第6区の補欠選挙では、共和党の現状が浮き彫りとなっている......>

2021.04.28
リバタリアン・マインド 渡瀬 裕哉

バイデン政権初の対面首脳会談、菅総理は訪米前に既に勝利を手にしている

<日米首脳会談はバイデン外交の試金石として国内外のメディアに大きく注目されることになる。日本側は、日米首脳会談という機会を活かし、更に多くの

2021.04.02
リバタリアン・マインド 渡瀬 裕哉

大統領選は不正選挙と主張──第二・第三のシドニー・パウエルが民主主義を滅ぼす

<米大統領選で使われた投票集計機メーカーのドミニオンが、大統領選に不正があったと主張するシドニー・パウエル弁護士を名誉毀損で訴えていた。そこ

2021.04.01
リバタリアン・マインド 渡瀬 裕哉

米国の外交安全保障、米国が選択する3つの道に備える

<外交安全保障方面に徐々に力を入れ始めているバイデン政権。米国が「対中国」という方向性自体を諦める「第三の道」を選択した場合も想定し、日本は

2021.03.16
リバタリアン・マインド 渡瀬 裕哉

トランプの扱いを巡って米国共和党の内紛は三国志状態へ

<全米の保守派が一堂に会する全米保守行動会議(CPAC)が行われているが、共和党保守派内の分裂を象徴するイベントとなった...... > こ

2021.02.27
リバタリアン・マインド 渡瀬 裕哉

中国の台頭を招くバイデン政権の外交安全保障政策に備えよ

<バイデン政権発足して3週間程度が経過したが、現状でも対中政策上の問題点が徐々に明らかになりつつある...... > バイデン政権はトランプ

2021.02.12

MAGAZINE

特集:モデルナの秘密

2021年8月 3日号(7/27発売)

コロナワクチンを高速開発したベンチャー企業モデルナの正体とmRNA治療薬の可能性

人気ランキング

  • 1

    「無駄に性的」罰金覚悟でビキニ拒否のノルウェー女子ビーチハンド代表

  • 2

    東京五輪は始まる前から失敗していた

  • 3

    国際交流を奪われた悲しき五輪で角突き合わせる日本人と韓国人

  • 4

    肩こりや腰痛に悩む人がハマる大きな失敗 「姿勢をよ…

  • 5

    「三国志」は日本人も中国人も大好き(でも決定的な…

  • 6

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手…

  • 7

    加害と向き合えない小山田圭吾君へ──二度と君の音楽…

  • 8

    コロナ対策で巨大イカ像を作り、20兆円は手付かず...…

  • 9

    ウガンダ選手の失踪は例外ではない──国際大会で「消…

  • 10

    大谷翔平がベーブ・ルースに肩を並べた部分と、すで…

  • 1

    加害と向き合えない小山田圭吾君へ──二度と君の音楽は聴きません。元いじめられっ子からの手紙

  • 2

    「無駄に性的」罰金覚悟でビキニ拒否のノルウェー女子ビーチハンド代表

  • 3

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手、審判の指摘に絶句

  • 4

    人間のオモチャにされたイルカ死ぬ──野生動物に触る…

  • 5

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だ…

  • 6

    「三国志」は日本人も中国人も大好き(でも決定的な…

  • 7

    東京五輪は始まる前から失敗していた

  • 8

    国際交流を奪われた悲しき五輪で角突き合わせる日本…

  • 9

    ユーチューブが投げ銭機能「スーパーサンクス」導入 …

  • 10

    20万円で売られた14歳日本人少女のその後 ──「中世に…

  • 1

    加害と向き合えない小山田圭吾君へ──二度と君の音楽は聴きません。元いじめられっ子からの手紙

  • 2

    20万円で売られた14歳日本人少女のその後 ──「中世にはたくさんの奴隷がいた」

  • 3

    「無駄に性的」罰金覚悟でビキニ拒否のノルウェー女子ビーチハンド代表

  • 4

    「1日2個、カットしてスプーンで食べるだけ」 メンタル…

  • 5

    「寝はじめる姿勢」で目覚めが変わる 寝ても疲れが取…

  • 6

    人間のオモチャにされたイルカ死ぬ──野生動物に触る…

  • 7

    韓国で、日本製バイクの販売が伸びている理由

  • 8

    テスラ6月に発売した新型「モデルS」運転中に発火=所…

  • 9

    ある日突然「人工透析です」と告げられたら? 高血圧、…

  • 10

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中