コラム

共和党に拡がる厭戦気分、日本はウクライナ支援に関与し続けるべきなのか

2023年08月21日(月)14時49分
バイデン大統領と岸田首相

仮に、2024年大統領選挙で共和党候補者が勝利することがあれば、米国の対外関与方針が激変する可能性がある...... REUTERS/Jim Bourg

<共和党・民主党・無党派を含めた米国世論の過半数は、現状のウクライナ支援の継続を必ずしも支持しておらず、また仮に、2024年大統領選挙で共和党候補者が勝利することがあれば、米国の対外関与方針が激変する可能性もある。日本政府が対応すべきこととは......>

8月23日に予定されている共和党の大統領選挙予備選・第1回討論会に合わせて、米国共和党のタカ派グループがウクライナ支援を擁護する広告キャンペーンを実施する予定だ。しかし、逆説的に、同広告キャンペーンは同党内での厭戦気分の高まりを示すものとなっている。

現在、予備選挙に立候補しているマイク・ペンス前副大統領は、ウクライナに対する支持を打ち出したものの、共和党支持者からのウケはイマイチであった。逆に、共和党予備選挙で1位・2位争いを繰り広げるドナルド・トランプ前大統領とロン・デサンティス副大統領はウクライナに対する支援に懐疑的な態度を示している。

また、連邦議会での共和党の分裂も深刻だ。上院トップであるミッチー・マッコーネル院内総務はウクライナを支える姿勢を示し、欧州諸国との関係強化にも一貫して取り組んでいる。一方、連邦下院多数派を支配するケビン・マッカーシー議長は下院議員らの一部に拡がる厭戦ムードを受けてウクライナ支援に対して厳しい姿勢を取っている。マッカーシーの議長の座は非常に脆弱であり、ウクライナ支援を擁護するようなことがあれば、彼は同僚議員から批判を受けてその地位を追われる可能性がある。

岸田政権はウクライナ支援で連帯する大々的なメッセージを送ったが

共和党・民主党・無党派を含めた米国世論の過半数は、現状のウクライナ支援の継続を必ずしも支持しておらず、共和党内部に限れば地球の裏側の戦争に興味を示す人々は確実に減少している。ウクライナ支援を支持している層は主に民主党支持者であり、共和党支持者との対外軍事支援に関する認識の差が明瞭となっている。

ゼレンスキー大統領率いるウクライナの対ロシア反転攻勢は、十分な航空支援を得ることができておらず、口先だけの欧州からの援助は微々たるレベルで遅延しがちだ。ロシアとウクライナの争いを継続させ、ロシアを疲弊させる捨て駒としてウクライナを利用し続けたい欧州の本音が丸見えだ。したがって、今後もバイデン政権と欧州諸国は生かさず殺さずの支援を実施し、膨大な資金・資源をウクライナ国内の戦場で浪費し続けることになるだろう。

岸田政権はG7でバイデン政権・欧州諸国とウクライナ支援で連帯する大々的なメッセージを送った。この対応は西側諸国の一員として、欧州から対中国のコミットメントを得ることを意図したものであろう。しかし、欧州諸国は隣国のウクライナにすらロシアに勝てる支援を行わない国々であり、彼らとの外交的な信頼関係を過大評価してはならない。実際、日本はウクライナ支援に出来得る限りのコミットメントをしているにも関わらず、フランスなどはNATO日本事務局を置くことにすら難色を示している。

プロフィール

渡瀬 裕哉

国際政治アナリスト、早稲田大学招聘研究員
1981年生まれ。早稲田大学大学院公共経営研究科修了。 機関投資家・ヘッジファンド等のプロフェッショナルな投資家向けの米国政治の講師として活躍。日米間のビジネスサポートに取り組み、米国共和党保守派と深い関係を有することからTokyo Tea Partyを創設。全米の保守派指導者が集うFREEPACにおいて日本人初の来賓となった。主な著作は『日本人の知らないトランプ再選のシナリオ』(産学社)、『トランプの黒幕 日本人が知らない共和党保守派の正体』(祥伝社)、『なぜ、成熟した民主主義は分断を生み出すのか』(すばる舎)、『メディアが絶対に知らない2020年の米国と日本』(PHP新書)、『2020年大統領選挙後の世界と日本 ”トランプorバイデン”アメリカの選択』(すばる舎)

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

日産、今期営業益5000億円に下方修正 販売計画は

ビジネス

キヤノン、通期営業益を4650億円に引き上げ 市場

ワールド

フィリピン沖でタンカー沈没、燃料が流出 1人行方不

ビジネス

豪ANZ、市場操作の証拠なし 国債取引額の過大報告
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:トランプ暗殺未遂
特集:トランプ暗殺未遂
2024年7月30日号(7/23発売)

前アメリカ大統領をかすめた銃弾が11月の大統領選挙と次の世界秩序に与えた衝撃

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」、今も生きている可能性
  • 2
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラニアにキス「避けられる」瞬間 直前には手を取り合う姿も
  • 3
    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なない理由が明らかに
  • 4
    【夏休み】お金を使わないのに、時間をつぶせる! 子…
  • 5
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを…
  • 6
    日本の若者はなぜ結婚をしなくなったのか? 「不本意…
  • 7
    「宇宙で最もひどい場所」はここ
  • 8
    年金財政は好転へ...将来は「年金増額」の可能性大な…
  • 9
    カマラ・ハリスがトランプにとって手ごわい敵である5…
  • 10
    中国の一帯一路構想の象徴だった「フォレストシティ…
  • 1
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 2
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラニアにキス「避けられる」瞬間 直前には手を取り合う姿も
  • 3
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを入れてしまった母親の後悔 「息子は毎晩お風呂で...」
  • 4
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」…
  • 5
    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なな…
  • 6
    出産間近!ヨルダン・ラジワ皇太子妃が「ロングワンピ…
  • 7
    「失った戦車は3000台超」ロシアの戦車枯渇、旧ソ連…
  • 8
    「宇宙で最もひどい場所」はここ
  • 9
    AI生成の「ネコ顔の花」に騙される人が続出!? ニ…
  • 10
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った…
  • 1
    中国を捨てる富裕層が世界一で過去最多、3位はインド、意外な2位は?
  • 2
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 3
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 4
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい…
  • 5
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラ…
  • 6
    韓国が「佐渡の金山」の世界遺産登録に騒がない訳
  • 7
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを…
  • 8
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」…
  • 9
    メーガン妃が「王妃」として描かれる...波紋を呼ぶ「…
  • 10
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過…
日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story