コラム

サウジアラビア人社長の日本愛が創る「日本の中東ソフトパワー」

2024年02月16日(金)17時30分
ヒジャブを身に付けた女性アニメクリエイター

ヒジャブを身に付けた女性アニメクリエイター:マンガプロダクションズ株式会社写真提供

<日本アニメが中東、特にサウジアラビアで文化的橋渡しを果たし、両国間の精神性共有とソフトパワー展開の新局面を迎える。グレンダイザー巨像が象徴する文化交流の時代が始まった>

サウジアラビアにグレンダイザーの巨像が立っていることを知らない日本人も多いだろう。しかし、これは紛れもない現実であり、我々は中東地域に起きている文化的変化を真正面から受け止めるべきだ。

日本アニメはその文化的変化を創り出している中心の一つだ。

グレンダイザーの巨像はサウジアラビアの「ブルーバード・ワールド」という複合エンターテイメント施設の中にそびえ立っている。近年、サウジアラビアはアニメやゲームなどのエンターテイメント産業を中心とした産業育成方針を掲げており、国民の間でも日本のアニメ産業の人気は爆発的に拡大している。

 
 

日本アニメ、中東での文化的影響力を拡大

日本政府はクールジャパン政策を掲げて、日本のアニメ文化を基幹コンテンツとして海外マーケットに展開してきた。そして、民間事業者のアニメコンテンツのグローバルなブランド展開の挑戦してきた経緯がある。Netflixなどのプラットフォーマーの影響もあり、今や海外のアニメ市場規模は日本のアニメ市場規模とほぼ同等にまで拡大しつつある。

特に、新興アニメ市場として注目されるサウジアラビアでは、インターネットを通じたアニメ視聴者数は2017年で約40万人であったが、2022年には約1300万人に拡大している。同国アニメ市場は僅か5年で30倍以上の視聴者数に増加したということだ。さらに、アラブ世界全体では約6000万人弱のアニメ視聴者が存在しており、今後日本の人口に匹敵するアニメ市場が形成されることは間違いない。

筆者の狭い了見では、欧米諸国や東アジア・東南アジア地域などが日本のアニメ市場のメインターゲットであると思い込んでいた。しかし、実は人口が爆発的に増加しつつある中東地域・イスラム圏こそが日本のアニメのフロンティアとなっているのだ。

サウジアラビアにおける日本アニメの急成長

筆者が中東地域における日本の文化的ソフトパワー拡大の可能性を調べる中で一際目を引いたアニメ作品がある。それは2021年に公開された「ジャーニー 太古アラビア半島での奇跡と戦いの物語」という映画だ。


同作品は日本の東映アニメーションとサウジアラビア企業のマンガプロダクションズの合作であり、オランダのセプティミウス映画祭で最優秀エクスペリメンタルシネマ賞を受賞している。国際的に高い評価を得た作品と言えるだろう。

ただし、筆者が注目したポイントは、サウジアラビアが創ったアニメ映画が国際的なショーを受賞した、という表面的なことではなく、その映画のデザイン性・ストーリー性に強い日本に対するリスペクトを感じた点にある。

ハリウッド映画に顕著であるが、海外で制作されたアニメは日本のアニメファンが自然と馴染めるテイストにはなっていない。これは中国や韓国などの日本のアニメ制作の下請けから発展してきた地域のアニメでも同じだ。アニメを子ども用の娯楽と低く見る傾向や商業面を意識した見た目重視のキャラクターを推す作品群には、幼少期から日本アニメの深みに親しんできた筆者にはどこか馴染めないものがある。

プロフィール

渡瀬 裕哉

国際政治アナリスト、早稲田大学招聘研究員
1981年生まれ。早稲田大学大学院公共経営研究科修了。 機関投資家・ヘッジファンド等のプロフェッショナルな投資家向けの米国政治の講師として活躍。日米間のビジネスサポートに取り組み、米国共和党保守派と深い関係を有することからTokyo Tea Partyを創設。全米の保守派指導者が集うFREEPACにおいて日本人初の来賓となった。主な著作は『日本人の知らないトランプ再選のシナリオ』(産学社)、『トランプの黒幕 日本人が知らない共和党保守派の正体』(祥伝社)、『なぜ、成熟した民主主義は分断を生み出すのか』(すばる舎)、『メディアが絶対に知らない2020年の米国と日本』(PHP新書)、『2020年大統領選挙後の世界と日本 ”トランプorバイデン”アメリカの選択』(すばる舎)

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

トランプ前米大統領、ドル高円安「大惨事だ」 現政権

ビジネス

米ペプシコの第1四半期決算、海外需要堅調で予想上回

ビジネス

仏ケリング、上期利益が急減の見通し グッチが不振

ワールド

トランプ前米大統領、麻生自民副総裁と会談=関係者
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:世界が愛した日本アニメ30
特集:世界が愛した日本アニメ30
2024年4月30日/2024年5月 7日号(4/23発売)

『AKIRA』からジブリ、『鬼滅の刃』まで、日本アニメは今や世界でより消費されている

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    世界3位の経済大国にはなれない?インドが「過大評価」されていると言える理由

  • 2

    「世界中の全機が要注意」...ボーイング内部告発者の「爆弾発言」が怖すぎる

  • 3

    医学博士で管理栄養士『100年栄養』の著者が警鐘を鳴らす「おばけタンパク質」の正体とは?

  • 4

    NewJeans日本デビュー目前に赤信号 所属事務所に親…

  • 5

    「たった1日で1年分」の異常豪雨...「砂漠の地」ドバ…

  • 6

    「なんという爆発...」ウクライナの大規模ドローン攻…

  • 7

    「誹謗中傷のビジネス化」に歯止めをかけた、北村紗…

  • 8

    イランのイスラエル攻撃でアラブ諸国がまさかのイス…

  • 9

    タトゥーだけではなかった...バイキングが行っていた…

  • 10

    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なな…

  • 1

    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なない理由が明らかに

  • 2

    世界3位の経済大国にはなれない?インドが「過大評価」されていると言える理由

  • 3

    タトゥーだけではなかった...バイキングが行っていた「身体改造」の実態...出土した「遺骨」で初の発見

  • 4

    「世界中の全機が要注意」...ボーイング内部告発者の…

  • 5

    ハーバード大学で150年以上教えられる作文術「オレオ…

  • 6

    「毛むくじゃら乳首ブラ」「縫った女性器パンツ」の…

  • 7

    NewJeans日本デビュー目前に赤信号 所属事務所に親…

  • 8

    「たった1日で1年分」の異常豪雨...「砂漠の地」ドバ…

  • 9

    医学博士で管理栄養士『100年栄養』の著者が警鐘を鳴…

  • 10

    ダイヤモンドバックスの試合中、自席の前を横切る子…

  • 1

    人から褒められた時、どう返事してますか? ブッダが説いた「どんどん伸びる人の返し文句」

  • 2

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 3

    88歳の現役医師が健康のために「絶対にしない3つのこと」目からうろこの健康法

  • 4

    ロシアの迫撃砲RBU6000「スメルチ2」、爆発・炎上の…

  • 5

    バルチック艦隊、自国の船をミサイル「誤爆」で撃沈…

  • 6

    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なな…

  • 7

    ロシアが前線に投入した地上戦闘ロボットをウクライ…

  • 8

    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入…

  • 9

    1500年前の中国の皇帝・武帝の「顔」、DNAから復元に…

  • 10

    世界3位の経済大国にはなれない?インドが「過大評価…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story