最新記事

ベルリンの上空に「ミステリーサークル」が現われた!?ネットは60万回再生の騒ぎに

Mystery as Black Rings Spotted In Sky Over Berlin

2024年7月8日(月)16時29分
フリン・ニコルズ
ミステリーサークルのイメージ画像

ミステリーサークルのイメージ画像 Fer Gregory-Shutterstock

<ベルリンの上空で黒い輪が目撃され、その正体は何かとSNS上で騒ぎになっている。しかも正体不明の黒い輪の出現は、これが初めてではない>

7月3日、ドイツの首都ベルリンの上空に奇妙な黒い煙の輪が出現した。その映像がソーシャルメディアで拡散されて以来、X(旧ツイッター)ではさまざまな疑問が飛び交っている。

【動画】ラスベガスで目撃された「宇宙人」の正体とは? 驚愕の映像が話題に

ベルリンのニュースを配信するインスタグラムのアカウント@dasistberlinbitchは4日、空に浮かぶ3種類のリングの映像を集めた動画を投稿。これまでに60万回以上再生されている。この動画には、ベルリンの北の空を漂う黒い太い輪が、さまざまな角度で捉えられている。

ドイツのタブロイド紙B.Z. ベルリンは「3日の夕方、ベルリン北部で見えたあれは何だったのか?いくつかの黒い輪が首都の上空を漂っていた。ネットでは憶測が飛び交っている」と Xに投稿した。

ソーシャルメディア・ユーザーの間では、円形に飛んでいる鳥の群れ、政府の企み、宇宙人などさまざまな説が出て、なかには天国のボブ・マーリーからのOKサインだという意見さえあった。

原因は花火などの煤煙か

しかし、最も合理的な解答を提案したのは@030josefというユーザーだ。

「煤煙や排気ガスを大気中に放出する工業プロセスや爆発が原因だ。打ち上げ花火から、このような効果が生じることも多い」

彼は、大量の火薬を使うことで有名なドイツのロックバンド、ラムシュタインのリハーサルのせいでリングが発生した可能性を示唆した。

この説は、Xのユーザー@Joachim36911によって裏付けられた。彼は、黒煙の輪が発生する原因となった、家と家の間の火の玉の写真をXに投稿した。「イベント関係の技術者の敷地で発生したものかどうかはわからない」と付け加えている。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

原油先物は上昇、米原油在庫減少で 中東の停戦期待で

ビジネス

製造業PMI7月は49.2に悪化、サービス業は50

ビジネス

三菱自株が10%超安、4─6月期決算で 「円安加味

ワールド

韓国消費者信頼感、7月は2年3カ月ぶり高水準 イン
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:トランプ暗殺未遂
特集:トランプ暗殺未遂
2024年7月30日号(7/23発売)

前アメリカ大統領をかすめた銃弾が11月の大統領選挙と次の世界秩序に与えた衝撃

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」、今も生きている可能性
  • 2
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラニアにキス「避けられる」瞬間 直前には手を取り合う姿も
  • 3
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを入れてしまった母親の後悔 「息子は毎晩お風呂で...」
  • 4
    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なな…
  • 5
    「宇宙で最もひどい場所」はここ
  • 6
    「失った戦車は3000台超」ロシアの戦車枯渇、旧ソ連…
  • 7
    中国海軍、ロシアの手引きでNATOの海を堂々と正面突…
  • 8
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った…
  • 9
    カマラ・ハリスがトランプにとって手ごわい敵である5…
  • 10
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい…
  • 1
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 2
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラニアにキス「避けられる」瞬間 直前には手を取り合う姿も
  • 3
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを入れてしまった母親の後悔 「息子は毎晩お風呂で...」
  • 4
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」…
  • 5
    出産間近!ヨルダン・ラジワ皇太子妃が「ロングワンピ…
  • 6
    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なな…
  • 7
    「失った戦車は3000台超」ロシアの戦車枯渇、旧ソ連…
  • 8
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った…
  • 9
    トランプが銃撃を語る電話音声が流出「バイデンは親…
  • 10
    AI生成の「ネコ顔の花」に騙される人が続出!? ニ…
  • 1
    中国を捨てる富裕層が世界一で過去最多、3位はインド、意外な2位は?
  • 2
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 3
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 4
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい…
  • 5
    韓国が「佐渡の金山」の世界遺産登録に騒がない訳
  • 6
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラ…
  • 7
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを…
  • 8
    メーガン妃が「王妃」として描かれる...波紋を呼ぶ「…
  • 9
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過…
  • 10
    携帯契約での「読み取り義務化」は、マイナンバーカ…
日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中