最新記事
ウクライナ戦争

爆破され「瓦礫」と化したロシア国内のドローン基地...2枚の衛星画像が示す「シャヘド136」発射拠点の被害規模

Satellite Photos Show Russian Shahed Drone Base Destroyed in Airstrike

2024年6月26日(水)21時15分
イザベル・バンブルーゲン
シャヘド136/ゲラン2の3Dレンダリング

シャヘド136/ゲラン2の3Dレンダリング Sergey Dzyuba-Shutterstock

<ウクライナ海軍は、この攻撃によって教官や士官候補生らが死亡したと主張>

ロシア南部クラスノダール地方でドローン攻撃が発生した後に公開された衛星画像が、同国のシャヘド・カミカゼドローン基地の被害模様を示している。

【写真】瓦礫と化した露ドローン基地...攻撃前後の衛星画像に見る「シャヘド」発射拠点の被害規模

これらの写真は4月11日と6月22日に撮影された、米カリフォルニア州を拠点とする衛星画像会社プラネット・ラボによるもので、OSINT(オープンソース・インテリジェンス)アナリストのブレイディ・アフリックが22日朝にX(旧ツイッター)に共有した。

アフリックは、クラスノダール州エイスク市で爆発音が聞こえ、6月21日に軍事基地が攻撃されたとの報道が出た後、これらの画像を公開した。6月22日付の画像は、少なくとも1棟の建物が破壊されたことを示している。

ウクライナは頻繁にロシアの軍事基地を攻撃しており、ウラジーミル・プーチン大統領が全面侵攻を仕掛けて2022年2月に始まった両国間で進行中の戦争において、これらは正当な標的だとしている。

「エイスク空軍基地近くの防空訓練センターに対するウクライナの攻撃の影響を新たな衛星画像で見ることができる」とアフリックは土曜に記述した。「この場所はウクライナの前線から130キロ以上離れている」

土曜にはウクライナ海軍もこれらの画像を共有した。テレグラムへの投稿で、この写真はロシア軍がイラン製ドローン「シャヘド」(ウクライナ戦争で同軍が広範囲に使用)を発射するために使っていた倉庫が破壊されたことを示していると述べた。

ウクライナ海軍は、ウクライナ保安庁(SBU)と協力してこの施設を破壊したと述べた。

「新たな衛星画像は、クラスノダール地方にあるシャヘド136(ロシアでの名称はゲラン2)ドローンの保管・準備施設、訓練施設、これらのUAVの制御と通信ポイントが6月21日夜に破壊されていることを確認した」と海軍は綴っている。

ウクライナ海軍は、この攻撃により、無人機の操作について指導していた教官や、ウクライナ領土を攻撃するためにその方法を学んでいた士官候補生らが死亡したと主張している。

本誌はウクライナ側の主張を独自に確認することはできず、ロシア国防省に電子メールでコメントを求めた。

20240730issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

2024年7月30日号(7月23日発売)は「トランプ暗殺未遂」特集。前アメリカ大統領をかすめた銃弾が11月の大統領選挙と次の世界秩序に与えた衝撃

※バックナンバーが読み放題となる定期購読はこちら


今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

キヤノン、通期営業益を4650億円に引き上げ 市場

ワールド

フィリピン沖でタンカー沈没、燃料が流出 1人行方不

ビジネス

豪ANZ、市場操作の証拠なし 国債取引額の過大報告

ビジネス

物価目標実現に向け金融政策を適切に運営─日銀総裁=
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:トランプ暗殺未遂
特集:トランプ暗殺未遂
2024年7月30日号(7/23発売)

前アメリカ大統領をかすめた銃弾が11月の大統領選挙と次の世界秩序に与えた衝撃

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」、今も生きている可能性
  • 2
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラニアにキス「避けられる」瞬間 直前には手を取り合う姿も
  • 3
    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なない理由が明らかに
  • 4
    【夏休み】お金を使わないのに、時間をつぶせる! 子…
  • 5
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを…
  • 6
    日本の若者はなぜ結婚をしなくなったのか? 「不本意…
  • 7
    「宇宙で最もひどい場所」はここ
  • 8
    年金財政は好転へ...将来は「年金増額」の可能性大な…
  • 9
    カマラ・ハリスがトランプにとって手ごわい敵である5…
  • 10
    中国の一帯一路構想の象徴だった「フォレストシティ…
  • 1
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 2
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラニアにキス「避けられる」瞬間 直前には手を取り合う姿も
  • 3
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを入れてしまった母親の後悔 「息子は毎晩お風呂で...」
  • 4
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」…
  • 5
    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なな…
  • 6
    出産間近!ヨルダン・ラジワ皇太子妃が「ロングワンピ…
  • 7
    「失った戦車は3000台超」ロシアの戦車枯渇、旧ソ連…
  • 8
    「宇宙で最もひどい場所」はここ
  • 9
    AI生成の「ネコ顔の花」に騙される人が続出!? ニ…
  • 10
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った…
  • 1
    中国を捨てる富裕層が世界一で過去最多、3位はインド、意外な2位は?
  • 2
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 3
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 4
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい…
  • 5
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラ…
  • 6
    韓国が「佐渡の金山」の世界遺産登録に騒がない訳
  • 7
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを…
  • 8
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」…
  • 9
    メーガン妃が「王妃」として描かれる...波紋を呼ぶ「…
  • 10
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過…
日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中