最新記事
PTSD

戦争を経験した人の2割以上が「心の病」に...求められるウクライナ戦争避難民の心の傷を癒やすケア

UKRAINE’S PTSD LESSONS

2024年6月5日(水)09時24分
エリー・クック
戦争の心の傷を癒やすケア

トラウマを抱えて生きていくのはつらい(写真は激しい戦闘のあったザポリージャで双子を育てる鉄工所の労働者) DIEGO FEDELE/GETTY IMAGES

<戦場を逃れても祖国を離れても、自分の心からは逃げられない...ウクライナに残っても他国に逃げても続くPTSD、専門家が語る治療の一助となり得る対処法とは>

2年前の2月に始まったロシアによるウクライナ侵攻。その爪痕は至る所に見られる。流れる血、黒ずんだ血痕、廃墟と化した街......。だが見えにくい爪痕もある。心に刺さった深い傷だ。

国内だけではない、祖国を離れ遠くの国へ避難した人たちの多くも心に深手を負っている。

WHO(世界保健機関)の今年3月の推計でも、メンタルに何らかの症状を抱え、あるいは発症リスクを抱えたウクライナ人は国内だけで1000万に迫るという。

いわゆるPTSD(心的外傷後ストレス障害)をはじめとする戦争後遺症に苦しむ人は増える一方だ。そういう人たちへの支援・発症予防のニーズは高まっており、とても専門家だけでは手が回らない。

この非常事態に一般市民の手も借りて対処しようと奮闘しているのが、テルハイ大学(イスラエル)のムーリ・ラハド教授と彼の仲間たちだ。

長年にわたりテロや大規模災害の被災者支援に携わってきたラハドは、被災者のメンタルを支える基本的なノウハウを一般市民に授け、その知識を「人から人へ」と広げていく研修プログラムを開発した。

その取り組みは、ウクライナと国境を接するポーランドでも行われている。ポーランドはロシアの軍事侵攻が始まった直後からウクライナの避難民を受け入れており、その数は昨年末の時点で100万人に迫る。ポーランドを経由して、さらに第三国へ逃れた人はもっと多い。

こうした人たちは、取りあえず戦火を逃れることはできても、その悲惨な体験と記憶からは逃れられない。ベアタ・ズビルジンスカはそのことを肌で感じている。

ズビルジンスカはポーランド中部の町で、地元民とウクライナ出身者のボランティアを集めて戦争避難民を支援している。

最初のうちは戦火のウクライナを脱出してきた女性や子供たちに生活必需品を届けるだけの活動だったが、今はPTSDに苦しむ人たちを心理面でサポートする活動にも従事している。

「プレイバック・シアター」

支援物資を配っていた当初は、心の傷には気付けなかったとズビルジンスカは言う。ラハドの研修に参加してからは「避難してきた人の話に耳を傾けるようになり、破壊された家や、残してきた家族の写真も見た」。彼女は本誌にそう語った。

それで「目が開いた」とズビルジンスカは言う。だから今は「一人一人の状況を把握した上で、どう対処すべきかを判断できる」。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

マスク氏から寄付の計画聞かず、トランプ氏 巨額献金

ビジネス

FRB、7月利下げ観測一段と後退 9月開始 GDP

ビジネス

米新規失業保険申請、1万件減の23.5万件 予想以

ビジネス

ステランティス、上半期利益が40%減 減産・値下げ
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:トランプ暗殺未遂
特集:トランプ暗殺未遂
2024年7月30日号(7/23発売)

前アメリカ大統領をかすめた銃弾が11月の大統領選挙と次の世界秩序に与えた衝撃

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1
    「習慣化の鬼」の朝日新聞記者が独学を続けられる理由【勉強法】
  • 2
    年金財政は好転へ...将来は「年金増額」の可能性大な一方、やはり割を食う「あの世代」
  • 3
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」、今も生きている可能性
  • 4
    【夏休み】お金を使わないのに、時間をつぶせる! 子…
  • 5
    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なな…
  • 6
    トランプ再選で円高は進むか?
  • 7
    誰よりノリノリ...アン・ハサウェイ、友人テイラー・…
  • 8
    日本の若者はなぜ結婚をしなくなったのか? 「不本意…
  • 9
    自分を「侮辱」し続けたバンスを、なぜトランプは副…
  • 10
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを…
  • 1
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラニアにキス「避けられる」瞬間 直前には手を取り合う姿も
  • 2
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを入れてしまった母親の後悔 「息子は毎晩お風呂で...」
  • 3
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」、今も生きている可能性
  • 4
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい…
  • 5
    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なな…
  • 6
    出産間近!ヨルダン・ラジワ皇太子妃が「ロングワンピ…
  • 7
    「失った戦車は3000台超」ロシアの戦車枯渇、旧ソ連…
  • 8
    「宇宙で最もひどい場所」はここ
  • 9
    【夏休み】お金を使わないのに、時間をつぶせる! 子…
  • 10
    「別人...」ウィル・スミスと一緒に写るジョニー・デ…
  • 1
    中国を捨てる富裕層が世界一で過去最多、3位はインド、意外な2位は?
  • 2
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 3
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 4
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい…
  • 5
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラ…
  • 6
    韓国が「佐渡の金山」の世界遺産登録に騒がない訳
  • 7
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを…
  • 8
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」…
  • 9
    メーガン妃が「王妃」として描かれる...波紋を呼ぶ「…
  • 10
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過…
日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中