最新記事
中東

「越えてはならない一線」を明確に、バイデンがイスラエルの戦争拡大を防ぐためにやるべきこと

The Failure of Biden’s Bear-Hug Approach

2024年4月24日(水)15時08分
トリタ・パールシー(クインシー研究所副理事長)
ネタニヤフと抱擁したバイデンが払う代償

4月14日、イランの無人機とミサイルに対し、イスラエルの防空システムが作動した AMIR COHENーREUTERS

<ネタニヤフに肩入れするバイデンが払う代償...イスラエルの暴走をアメリカが止めなければ、アメリカは自国の利益にならない戦争に巻き込まれ、中東から足を抜けなくなる>

少なくとも今までのところは、絵に描いたような「限定的」報復の連鎖だ。

イスラエルがシリアの首都ダマスカスにあるイラン大使館領事部にミサイルを撃ち込み、革命防衛隊の幹部らを殺害したのは4月1日のこと。

同月13日の深夜、イランは大量のミサイルなどをイスラエルに向けて発射したが、その大半がまだイスラエルの空域に達してもいない時点で、イラン政府は早々に「作戦完了」を宣言した。

ミサイルの大半が迎撃されることは承知の上で、取りあえず果敢に「報復」した事実を誇示できれば、それで十分だったからだ(同月19日未明にはイスラエルがイラン中部にミサイルを撃ち込んだが、あえて首都テヘランは狙わなかった)。

イラン側の目的は復讐ではなく、自国の抑止力を見せつけ、戦争の拡大を回避することにあった。ただし1つだけ、大事な点を見逃していた。

イスラエルのベンヤミン・ネタニヤフ首相が一貫して、イランを巻き込む戦争の拡大を望んでいるという事実だ。

昨年10月にイスラエルとイスラム組織ハマスの間で戦争が始まると、戦火の拡大を恐れたアメリカはネタニヤフに圧力をかけ、レバノンを拠点とするイスラム教シーア派組織ヒズボラへの先制攻撃を思いとどまらせた。

しかしジョー・バイデン米大統領も政権内の外交筋も、まさかネタニヤフの狙いがイランとの戦争にアメリカを巻き込むことにあるとは思っていなかった。

だがネタニヤフには、現下の対ハマス戦を長引かせたい理由がある。戦争が終われば自分の政治生命も終わり、長年にわたる汚職の責任を問われて刑務所行きとなりかねないからだ。

しかもネタニヤフはイランを自国にとって最大の戦略的脅威と見なしており、どこかで決着をつけたいと本気で考えている。

イランと一戦を交え、その戦いにアメリカを引きずり込む。このシナリオはイスラエルにとって願ってもない展開だ。そうすればイランの核武装は遅れ、通常兵器による軍事力も低下するだろう。

結果として中東のパワーバランスはイスラエルに有利な方向に傾き、アメリカとイランの和解という(イスラエルにとって最大の)悪夢を回避できる。

一方でレバノンやイラク、イエメンなどにいるシーア派武装組織の力もそがれるはずだ。

歴代米大統領の判断は

だが戦争の拡大はアメリカの戦略的目標に合致しない。またも中東の泥沼に足を突っ込むような事態になれば、バイデンの再選は危うい。イランからのミサイル迎撃でイスラエルに手を貸したのも、戦争の拡大を防ぎたいからだ。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

ドイツ銀、S&P500年末予想を5500に引き上げ

ビジネス

UAE経済は好調 今年予想上回る4%成長へ IMF

ワールド

ニューカレドニア、空港閉鎖で観光客足止め 仏から警

ワールド

イスラエル、ラファの軍事作戦拡大の意向 国防相が米
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:インドのヒント
特集:インドのヒント
2024年5月21日号(5/14発売)

矛盾だらけの人口超大国インド。読み解くカギはモディ首相の言葉にあり

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    「隣のあの子」が「未来の王妃」へ...キャサリン妃の「ロイヤル大変貌」が話題に

  • 2

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々に明らかになる落とし穴

  • 3

    米誌映画担当、今年一番気に入った映画のシーンは『悪は存在しない』のあの20分間

  • 4

    SNSで動画が大ヒットした「雨の中でバレエを踊るナイ…

  • 5

    「EVは自動車保険入れません」...中国EVいよいよヤバ…

  • 6

    「裸に安全ピンだけ」の衝撃...マイリー・サイラスの…

  • 7

    「まるでロイヤルツアー」...メーガン妃とヘンリー王…

  • 8

    中国の文化人・エリート層が「自由と文化」を求め日…

  • 9

    「すごく恥ずかしい...」オリヴィア・ロドリゴ、ライ…

  • 10

    日本とはどこが違う? 韓国ドラマのオリジナルサウン…

  • 1

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々に明らかになる落とし穴

  • 2

    立ち上る火柱、転がる犠牲者、ロシアの軍用車両10両を一度に焼き尽くす動画をウクライナ軍が投稿

  • 3

    やっと撃墜できたドローンが、仲間の兵士に直撃する悲劇の動画...ロシア軍内で高まる「ショットガン寄越せ」の声

  • 4

    原因は「若者の困窮」ではない? 急速に進む韓国少…

  • 5

    エジプトのギザ大ピラミッド近郊の地下に「謎めいた…

  • 6

    「EVは自動車保険入れません」...中国EVいよいよヤバ…

  • 7

    北米で素数ゼミが1803年以来の同時大発生、騒音もダ…

  • 8

    「隣のあの子」が「未来の王妃」へ...キャサリン妃の…

  • 9

    新宿タワマン刺殺、和久井学容疑者に「同情」などで…

  • 10

    SNSで動画が大ヒットした「雨の中でバレエを踊るナイ…

  • 1

    ロシア「BUK-M1」が1発も撃てずに吹き飛ぶ瞬間...ミサイル発射寸前の「砲撃成功」動画をウクライナが公開

  • 2

    「おやつの代わりにナッツ」でむしろ太る...医学博士が教えるスナック菓子を控えるよりも美容と健康に大事なこと

  • 3

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々に明らかになる落とし穴

  • 4

    新宿タワマン刺殺、和久井学容疑者に「同情」などで…

  • 5

    やっと撃墜できたドローンが、仲間の兵士に直撃する…

  • 6

    立ち上る火柱、転がる犠牲者、ロシアの軍用車両10両…

  • 7

    世界3位の経済大国にはなれない?インドが「過大評価…

  • 8

    一瞬の閃光と爆音...ウクライナ戦闘機、ロシア軍ドロ…

  • 9

    タトゥーだけではなかった...バイキングが行っていた…

  • 10

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃のマタニティ姿「デニム生地…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中