最新記事
テクノロジー

「政府に都合の良い回答ばかり...」中国向けiPhoneにアップルが搭載しようとしている「ゆがんだ生成AI」の実態

Apple’s AI Problem

2024年4月23日(火)18時14分
マイケル・キャスター(英人権団体アーティクル19のアジア・デジタルプログラム・マネジャー)
文心一言(アーニーボット)のロゴマーク

百度の生成AIツール「文心一言(アーニーボット)」を搭載したスマホは増えている  PHOTO ILLUSTRATION BY FLORENCE LO-REUTERS

<新疆について尋ねれば政府のプロパガンダをそのまま答え、香港民主化運動のことを聞くとチャットウィンドウを閉じてしまう。情報統制が他国の生成AIに悪影響を及ぼす懸念も>

アップルは最近、中国市場向けのiPhoneに、中国企業が開発した生成AI(人工知能)ツールを搭載するべく、交渉を続けているという。最も実現可能性が高いのは、百度(バイドゥ)の「文心一言(アーニーボット)」だ。

中国企業が構築する生成AIツールである以上、それが作り出すコンテンツが、中国共産党の方針に沿ったものになるのは間違いない。

アップルはこれまでにも、巨大な中国市場へのアクセスを維持するために、中国政府のさまざまな要求をのんできた。だから今回、中国市場向けとはいえ、(おそらく)ゆがんだ生成AIツールを搭載することに前向きになっていると聞いても、さほど大きな驚きではない。

しかしこれは、この分野における中国の影響が着実に大きくなっていることを示す出来事でもある。実現すれば、この提携は、生成AIに対する中国の影響を加速させ、デジタル領域における人権問題に悪影響を及ぼすだろう。

中国がAIに注力するようになったのは、グーグルの囲碁AI「アルファ碁」がきっかけだったとされる。

2017年にアルファ碁が世界最強の棋士・柯潔(コー・チエ)を破ると、数カ月後には国務院が「次世代人工知能開発計画」を発表。30年までにAIの理論、技術、応用において世界のトップに立つと誓い、以来、AIに関する政策やガイドラインを多数打ち出してきた。

サムスンも既に屈した

22年11月に米新興企業オープンAIが生成AI「チャットGPT」を発表すると、中国当局は翌23年2月、チャットGPTへのアクセスを阻止するよう国内の大手テクノロジー企業に命じた。

その理由は、この対話型AIが、「アメリカのプロパガンダを拡散している」から。つまりチャットGPTが生成するコンテンツの一部は、中国では政府の検閲に引っかかる内容だということだ。同じ月に百度が独自の対話型AIを開発すると発表したのは、偶然ではないだろう。

さらに23年7月、中国サイバースペース管理局(CAC)は、生成AI規制案を発表した。中国の「社会主義核心価値観」を堅持して、国家の転覆や分離を扇動したり治安を脅かしたり国のイメージを傷つけたり「偽」情報を拡散したりするのを禁止する。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

ICC、ネタニヤフ氏とハマス幹部の逮捕状請求 米な

ビジネス

FRB副議長、インフレ低下持続か「判断は尚早」 慎

ワールド

英裁判所、アサンジ被告の不服申し立て認める 米への

ワールド

ウクライナ、北東部国境の町の6割を死守 激しい市街
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:スマホ・アプリ健康術
特集:スマホ・アプリ健康術
2024年5月28日号(5/21発売)

健康長寿のカギはスマホとスマートウォッチにあり。アプリで食事・運動・体調を管理する方法

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    米誌映画担当、今年一番気に入った映画のシーンは『悪は存在しない』のあの20分間

  • 2

    「隣のあの子」が「未来の王妃」へ...キャサリン妃の「ロイヤル大変貌」が話題に

  • 3

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々に明らかになる落とし穴

  • 4

    中国の文化人・エリート層が「自由と文化」を求め日…

  • 5

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された─…

  • 6

    SNSで動画が大ヒットした「雨の中でバレエを踊るナイ…

  • 7

    「EVは自動車保険入れません」...中国EVいよいよヤバ…

  • 8

    エジプトのギザ大ピラミッド近郊の地下に「謎めいた…

  • 9

    9年前と今で何も変わらない...ゼンデイヤの「卒アル…

  • 10

    「親ロシア派」フィツォ首相の銃撃犯は「親ロシア派…

  • 1

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々に明らかになる落とし穴

  • 2

    立ち上る火柱、転がる犠牲者、ロシアの軍用車両10両を一度に焼き尽くす動画をウクライナ軍が投稿

  • 3

    エジプトのギザ大ピラミッド近郊の地下に「謎めいた異常」...「極めて重要な発見」とは?

  • 4

    「EVは自動車保険入れません」...中国EVいよいよヤバ…

  • 5

    原因は「若者の困窮」ではない? 急速に進む韓国少…

  • 6

    「隣のあの子」が「未来の王妃」へ...キャサリン妃の…

  • 7

    北米で素数ゼミが1803年以来の同時大発生、騒音もダ…

  • 8

    SNSで動画が大ヒットした「雨の中でバレエを踊るナイ…

  • 9

    「まるでロイヤルツアー」...メーガン妃とヘンリー王…

  • 10

    プーチン5期目はデフォルト前夜?......ロシアの歴史…

  • 1

    ロシア「BUK-M1」が1発も撃てずに吹き飛ぶ瞬間...ミサイル発射寸前の「砲撃成功」動画をウクライナが公開

  • 2

    「おやつの代わりにナッツ」でむしろ太る...医学博士が教えるスナック菓子を控えるよりも美容と健康に大事なこと

  • 3

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々に明らかになる落とし穴

  • 4

    新宿タワマン刺殺、和久井学容疑者に「同情」などで…

  • 5

    やっと撃墜できたドローンが、仲間の兵士に直撃する…

  • 6

    立ち上る火柱、転がる犠牲者、ロシアの軍用車両10両…

  • 7

    世界3位の経済大国にはなれない?インドが「過大評価…

  • 8

    一瞬の閃光と爆音...ウクライナ戦闘機、ロシア軍ドロ…

  • 9

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃のマタニティ姿「デニム生地…

  • 10

    ロシア兵がウクライナ「ATACMS」ミサイルの直撃を受…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中