最新記事
ロシア

誰も真実を伝えないプーチンは、自ら作った「独裁の虜」

Putin Facing 'Authoritarian's Dilemma' Published Feb 05, 2024 at 6:36 AM EST

2024年2月6日(火)16時56分
ブレンダン・コール
プーチン

プーチンは意外にも軍事ブロガーを集めて懇談した。本当の戦況を知るためだったが今では…Sputnik/Artyom Geodakyan/Pool via REUTERS

<プーチンは実は真実を知りたがった。そのための情報公開組織も作った。軍事ブロガーと懇談もした。しかし今はたった一人。ISWは「独裁者のジレンマ」と呼ぶ>

ロシアの政府高官たちは、ウラジーミル・プーチン大統領に対して、ウクライナ戦争に関する悪い報告を上げないようにしている。米有力シンクタンクはこの状況を、「独裁者のジレンマ」と表現している。

ロシアの著名軍事ブロガー、セルゲイ・コリャスニコフは、ソーシャルメディア「テレグラム」のチャンネル「ゼルグリオ」に記事を投稿し、ロシアの官僚と国防省は、プーチンにわざと情報を隠していると述べた。

 

米ワシントンD.C.のシンクタンク、戦争研究所(ISW)が2月4日に発表したレポートによると、コリャスニコフがこうした記事を投稿したのは、ロシア軍の失態を隠蔽しようとする保守派のプロパガンダに対する反発かららしい。ロシア軍はドネツク州ノヴォミハイリフカ近郊で1月30日、カミカゼ・ドローンで自軍の戦車T-72と戦闘用車両を多数破壊した。それを隠蔽したのだ。

独裁だから得られない真実

コリャスニコフによると、ロシア国内にもこうした隠蔽体質を正そうとする動きがあった。ロシアでは2004年、「ロシア連邦社会院(Civic Chamber of the Russian Federation)」という市民による諮問機関が設立された。その目的は、たとえ否定的な知らせでも正確な情報を大統領に知らせるようにすることだったが、その試みは失敗した。メンバーたちが沈黙を選んだためだ。

それを受けたのはなんとプーチンだった。2011年に「全ロシア人民戦線」を設立し、正確な情報が上がってくるようにしようとしたが、この組織でもすぐにメンバーが真実を隠すようになってうまくいかなかったという。

コリャスニコフによると、ロシアの地方の役人たちもプーチンから失敗を隠そうとし、それを暴露しようとする人間を目の敵にしている。そのせいで、軍事ブロガーたちがウクライナ戦争の前線に足を運び、ありのままの戦況を伝えることはほぼ不可能になった。

コリャスニコフはまた、2024年3月のロシア大統領選挙が終われば、軍事ブロガーの逮捕が始まる可能性があると言う。プーチンが勝利する見込みの大統領選だ。

ISWは、コリャスニコフのブログ内容を吟味したうえで、「プーチンは、独裁者のジレンマに直面している」と言う。プーチンの独裁が完璧過ぎて、部下たちは決してその意に反することを言わない。「政権そのものが、組織的にプーチンを正確な軍事的・政治的な情報から遠ざける役割を果たしている」のだ。

プーチンは2023年6月、厳選した軍事ブロガーをクレムリンに招いて懇談会を開いた。そして、ドローンが不足していることや、ウクライナ南部のヘルソン州でウクライナ軍の撃退に失敗したことなど、ブロガーたちの懸念に耳を傾けた。

【20%オフ】GOHHME 電気毛布 掛け敷き兼用【アマゾン タイムセール】

(※画像をクリックしてアマゾンで詳細を見る)

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

メキシコGDP、第4四半期0.1%増に鈍化 利下げ

ビジネス

FRB理事発言で利下げ時期後ずれ、GSは5月予想取

ビジネス

中国1月新築住宅価格、政策支援でも下落傾向続く

ビジネス

利下げ急がず、2カ月は物価統計確認する必要=ウォラ
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:開戦2年 ウクライナが敗れる日
特集:開戦2年 ウクライナが敗れる日
2024年2月27日号(2/20発売)

アメリカの支援が途絶えればウクライナ軍は持たない。「ロシア勝利」後の恐怖の地政学とは

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    【アウディーイウカ陥落】ロシアの近接航空支援や滑空爆弾に対しウクライナ軍の空域には穴が開いていた

  • 2

    ウクライナ戦争開戦から2年、NATO軍の元最高司令官が語る「敗北のシナリオ」

  • 3

    アウディーイウカ制圧後、ロシア軍の攻撃は激減、戦線維持に不安

  • 4

    F16はなぜウクライナに届かない?──NATO事務総長が答…

  • 5

    アゾフ旅団がロシア軍陣地を「闇討ち」...暗視カメラ…

  • 6

    大雪で車が立ち往生しても助けなし...「不信の国」中…

  • 7

    トランプもバイデンも、日本製鉄のUSスチール買収に…

  • 8

    中国、景気停滞の次は余剰在庫のダンビング輸出? …

  • 9

    「くまのプーさん」だけじゃない習近平のあだ名、そ…

  • 10

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 1

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話題に 外交の場での「奇妙な様子」にも注目集まる

  • 2

    ウクライナ攻勢を強めるロシアのドローン攻撃を、迎撃システム「バンパイア」が防ぐ「初の映像」が公開

  • 3

    毎日を幸福に過ごす7つの習慣の1つ目が「運動」である理由

  • 4

    米メディアのインタビュー中、プーチン大統領の「足…

  • 5

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 6

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 7

    【アウディーイウカ陥落】ロシアの近接航空支援や滑…

  • 8

    ゼンデイヤのスケスケなロボット衣装にネット震撼...…

  • 9

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

  • 10

    本物のプーチンなら「あり得ない」仕草......ビデオ…

  • 1

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 2

    【能登半島地震】正義ぶった自粛警察が災害救助の足を引っ張る

  • 3

    一流科学誌も大注目! 人体から未知の存在「オベリスク」が発見される

  • 4

    情報錯綜するイリューシン76墜落事件、直前に大きな…

  • 5

    ルーマニアを飛び立ったF-16戦闘機がロシア軍を空爆?

  • 6

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話…

  • 7

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 8

    いよいよ来年に迫った「2025年問題」とは何か? リス…

  • 9

    中国の原子力潜水艦が台湾海峡で「重大事故」? 乗…

  • 10

    「まだやってるの?」...問題は「ミス日本」が誰かで…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中