最新記事
ドキュメンタリー

バミューダトライアングルに「興味あったわけじゃない」が、予想外の大発見をしてしまった男の手記

We Made a Historic Discovery

2023年12月1日(金)20時10分
マイク・バーネット(海洋生物学者、探検家)
バミューダ・トライアングル

バーネットらはシーズン1でチャレンジャーの残骸を発見 ©2023 A&E TELEVISION NETWORKS. ALL RIGHTS RESERVED.

<難破船や沈没船を探査する海洋生物学者、探検家のマイク・バーネット。怪現象などないと言いつつ、かの有名な「呪われた海域」を探査する番組に出演し、まさかの...>

場所にもよるが、ダイビングで真っ先に感じるのは水に飛び込んだときの冷たさだ。そして、静寂。心臓の鼓動を感じる。深く潜るにつれて遠くが見えづらくなり、周囲は薄暗くなる。魚たちが現れたら海底は近い。海底に到着したら、見分けのつく特徴を拾って頭の中でパズルを組み立てる。

■【動画】バミューダ・トライアングルでの予想外の大発見

難破船というとハリウッド映画で幽霊船のように海底にそのまま沈んでいると思われがちだが、実際は海の中でも重力が働く。嵐や波や流れの力で船はやがてばらばらに。残骸は海底のあちこちに散らばり、砂に厚く覆われて見えなくなる。

私の場合、全ては1990年代に始まった。当時はサウスカロライナ大学の2年生で海洋学を専攻していた。スキューバダイビングの基礎訓練を受けて難破船と海の歴史に魅了され、それが海洋生物学の仕事に結び付いた。地元の川や湖などの浅瀬に潜って化石を探したりもした。

私が住んでいたサウスカロライナ州チャールストンは南北戦争発端の地で、南北戦争にまつわる海事史の宝庫だった。その後、引っ越したバージニア州バージニアビーチは中部大西洋に面しサンゴ礁などとは無縁だったため、難破船目的のダイビングに没頭。かくして90年代半ば、私の海中探検は本格的に花開いた。

最初は1人で潜っていたが、やがて私と同じような変わり者が難破船探しに興味を持ち、それからは少人数のチームで発見を積み重ねていった。

私は国際的な仕事に手を広げ、歴史ある難破船も探査するようになった。例えばノースカロライナ沖で沈んだ米海軍初の装甲艦モニター号は木製の軍艦から現代の軍艦への転換点となった。

ほかにも歴史ある沈没船を探査した。1956年に北大西洋で沈没したイタリアの客船アンドレア・ドーリア。英ホワイト・スター・ライン社の客船タイタニックの姉妹船で1916年にドイツ軍の機雷によってエーゲ海に沈んだブリタニック。1915年にアイルランド沖でドイツ軍の潜水艦に沈められたイギリスの客船ルシタニア。

「脱オカルト」のために

私たちの探査の様子を伝えるヒストリーチャンネルの『バミューダ・トライアングル 呪われた海域』はシーズン2に突入(日本ではシーズン1が12月2日から放送開始)。だが私は科学者として、もともとバミューダ・トライアングル(バミューダ諸島・プエルトリコ・フロリダ半島先端部を結ぶ三角形の海域)に興味があったわけではない。

【20%オフ】GOHHME 電気毛布 掛け敷き兼用【アマゾン タイムセール】

(※画像をクリックしてアマゾンで詳細を見る)

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

アングル:海路で遭難する移民、ハイテク技術が命を救

ワールド

アングル:シンガポールのAI活用、焦点は日常生活の

ビジネス

アングル:中国「就職戦線」やや正常化、賃金は伸びず

ビジネス

フィッチ、米格付けを「AA+」に据え置き 24年は
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:世界が愛した小澤征爾
特集:世界が愛した小澤征爾
2024年3月 5日号(2/27発売)

圧倒的情熱でクラシック界に新風を吹き込んだ「世界のオザワ」がわれわれに遺したもの

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    アウディーイウカ近郊の「地雷原」に突っ込んだロシア装甲車2台...同時に地雷を踏んだ瞬間をウクライナが公開

  • 2

    ロシアの新兵器?UFO? ウクライナの戦場の上空に浮かぶ「謎の円盤」を、偵察ドローンが発見...映像を公開

  • 3

    「衝撃的に劣悪」な性能...北朝鮮ミサイル、ウクライナでの「大失態」でロシアが調達キャンセルの情報

  • 4

    英王族にプライベートは許されない? 「ドタキャン」…

  • 5

    独占インタビュー:師弟関係にあった佐渡裕が語る、…

  • 6

    ロシア軍が戦場に乗り捨てた軍用車の「異形」...後ろ…

  • 7

    バイオリンの巨匠、パールマンが語る小澤征爾との「…

  • 8

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話…

  • 9

    NATO加盟を断念すれば領土はウクライナに返す──ロシ…

  • 10

    ロシア軍「Mi8ヘリコプター」にウクライナ軍HIMARSが…

  • 1

    地下室の排水口の中に、無数の触手を蠢かせる「謎の生物」が...発見した住民が、正体を突き止めるまで

  • 2

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS攻撃「直撃の瞬間」映像をウクライナ側が公開

  • 3

    アウディーイウカ近郊の「地雷原」に突っ込んだロシア装甲車2台...同時に地雷を踏んだ瞬間をウクライナが公開

  • 4

    ロシア兵と若者の衝突...帰還兵が路上で一方的に暴行…

  • 5

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 6

    「衝撃的に劣悪」な性能...北朝鮮ミサイル、ウクライ…

  • 7

    「ロイヤルな風格と優雅な姿」...シャーロット王女の…

  • 8

    もう取り返しがつかない?ロシアがウクライナ侵攻で…

  • 9

    在日外国人と日本社会の共生努力を後退させる右派の…

  • 10

    欧米はなぜもてはやすのか? 「ロシア反体制派のヒー…

  • 1

    一流科学誌も大注目! 人体から未知の存在「オベリスク」が発見される

  • 2

    【能登半島地震】正義ぶった自粛警察が災害救助の足を引っ張る

  • 3

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話題に 外交の場での「奇妙な様子」にも注目集まる

  • 4

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 5

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 6

    シャーロット王女の「ただならぬ風格」...5つの「フ…

  • 7

    「まだやってるの?」...問題は「ミス日本」が誰かで…

  • 8

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

  • 9

    「こうした映像は史上初」 火炎放射器を搭載したウク…

  • 10

    ウクライナ攻勢を強めるロシアのドローン攻撃を、迎…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中