最新記事
注目ニュースを動画で解説

「代わりの供給国が必ず見つかる」ほか、中国レアメタル規制が不発に終わる5つの理由【注目ニュースをアニメで解説】

2023年8月24日(木)20時05分
ニューズウィーク日本版ウェブ編集部
中国レアメタル規制

Newsweek Japan-YouTube

<中国が開始した重要原材料の輸出規制の行方について、ロシアの禁輸措置の「失敗」から学ぶことができる。その5つの教訓を解説したアニメーション動画の内容を一部紹介>

天然ガスの輸出を止めたロシアに続き、今度は中国が、ハイテク製造業に不可欠なレアメタル(希少金属)のガリウムとゲルマニウムを含む製品の輸出規制に踏み切った。「資源は武器」としばしば考えられるが、その脅威はどこまで本物なのか。

自国の天然ガスを武器化したロシア政府の「失敗」から、中国の指導層を思いとどまらせるに足る5つの教訓を提示する。

本記事では、本誌YouTubeチャンネルの動画「「中国レアメタル規制は不発に終わる」ロシアの禁輸に学ぶ5つの教訓【アニメで解説】」の内容をダイジェスト的に紹介する。

 
 
 
 
◇ ◇ ◇

【教訓1】重要原材料の価格上昇は必ずしも悪いことではない

ロシアが天然ガスの供給抑制を発表すると、欧州全域でエネルギー価格が高騰し始めた。ただ、中国が主要な生産国となっている重要原材料の価格が上昇しても、その影響は多くの人が懸念するほど大きくはなさそうだ。

そもそも、こうした1次産品は高くない。EUの場合、人工衛星や半導体などの製造に不可欠なベリリウムの年間輸入額は500万ドル、触媒コンバーターに使うパラジウムでも40億ドルにすぎない。EUの年間輸入額全体(約3兆ドル)に比べたら微々たるものだ。

現時点で中国産のシェアが高いのは、ダンピングで市場を制覇し、他国の競争力をそいでいるため。価格が上昇すれば中国以外の生産者も市場に参入しやすくなる。

nwyt230824_5.jpg

【教訓2】代わりになる供給国は必ず見つかる

天然ガスの供給を止めれば、EU諸国は寒い冬に燃料を確保できずに困るに違いないとロシア側は踏んでいたが現実は違った。欧州各国はノルウェーやアルジェリア、アメリカなどから天然ガスを調達することができた。

中国の場合も同じことになる。中国は一部の重要原材料に関しては主要な生産国だが「唯一の」生産国ではない。

レアアースを除けば、EUは5つの重要原材料(ビスマス、コバルト鉱石、マグネシウム、マンガン、ストロンチウム)の65%以上を中国から輸入しているが、中国以外の産出国も価格が上昇すれば喜んで生産を拡大するはずだ。

nwyt230824_25.jpg

世界のグリーン転換に欠かせない6つの原材料(リチウム、グラファイト、コバルト、マグネシウム、ニッケル、銅)は、中国以外の国でも採れる。

nwyt230824_9.jpg

【教訓3】グリーン転換で欧米各国における精製施設の建設が進む

ヨーロッパには他国から輸入する液化天然ガス(LNG)を処理する十分なインフラがなく、不足分を補えないと、ロシア側は見込んでいた。1年経った今、欧州のLNG処理能力は過剰になるほどだ。

重要原材料も採掘後の精製インフラを必要とする。覇権を握っているのは中国だが、この状況が永遠に続くとは思えない。

中国の脅しは欧米諸国での精製インフラ開発を加速させ、中国の支配的地位を失わせる可能性がある。中国以外の国に新たな精製施設を建設するには理想的なタイミングだ。

nwyt230824_13.jpg

【教訓4】危機は同盟国間の協力を促す

ウラジーミル・プーチン大統領は天然ガスの輸出を停止することでEU全体の緊張と分裂をあおり、欧州諸国をアメリカから引き離そうとした。しかし、この作戦は裏目に出た。欧州は共通購入メカニズムを構築して一体となり、アメリカやその他の国からのLNG輸入を増やした。

中国が重要原材料の輸出を止めても、同じ立場の国々の協力に弾みがつくことだろう。既にその兆しは表れており、EUは重要原材料の供給を確保すべく「バイヤーズ・クラブ」の設立を提案している。

公的な協力は鉱物資源のマッピング、採掘基準の作成、重要原材料のリサイクル方法の研究など、採算性の低い活動に対して行われる可能性が高い。

nwyt230824_14.jpg

【教訓5】資源供給国としての信頼を失うのは中国にとって損失

ロシア政府の判断の、最も長期的で想定外の副作用は信頼の低下だろう。エネルギー供給国としての失われた信頼を取り戻すのにロシアはこれから苦労することになる。

中国の経済プロジェクトは政治に左右されないと中国政府は何度も表明してきたが、その約束を覆せばダメージは大きく、深刻なものとなる。それによって傷つくのは中国の企業だ。

中国の輸出する重要原材料の大部分を買っているのは一握りの豊かな国々であって、西側先進諸国に代わる重要原材料の買い手を見つけるのに苦労するだろう。

nwyt230824_17.jpg


■詳しくは動画をご覧ください。

【20%オフ】GOHHME 電気毛布 掛け敷き兼用【アマゾン タイムセール】

(※画像をクリックしてアマゾンで詳細を見る)

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

焦点:中国3中全会、政策継続性重視に広がる懐疑的見

ワールド

訪中のウクライナ外相、王毅氏と会談 「公正な和平は

ビジネス

仏サービスPMI、7月速報値は50.7に上昇 五輪

ワールド

中国、国家機密保護法の実施条例を公表 データ保護を
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:トランプ暗殺未遂
特集:トランプ暗殺未遂
2024年7月30日号(7/23発売)

前アメリカ大統領をかすめた銃弾が11月の大統領選挙と次の世界秩序に与えた衝撃

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」、今も生きている可能性
  • 2
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラニアにキス「避けられる」瞬間 直前には手を取り合う姿も
  • 3
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを入れてしまった母親の後悔 「息子は毎晩お風呂で...」
  • 4
    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なな…
  • 5
    「宇宙で最もひどい場所」はここ
  • 6
    「失った戦車は3000台超」ロシアの戦車枯渇、旧ソ連…
  • 7
    カマラ・ハリスがトランプにとって手ごわい敵である5…
  • 8
    中国海軍、ロシアの手引きでNATOの海を堂々と正面突…
  • 9
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った…
  • 10
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい…
  • 1
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 2
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラニアにキス「避けられる」瞬間 直前には手を取り合う姿も
  • 3
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを入れてしまった母親の後悔 「息子は毎晩お風呂で...」
  • 4
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」…
  • 5
    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なな…
  • 6
    出産間近!ヨルダン・ラジワ皇太子妃が「ロングワンピ…
  • 7
    「失った戦車は3000台超」ロシアの戦車枯渇、旧ソ連…
  • 8
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った…
  • 9
    トランプが銃撃を語る電話音声が流出「バイデンは親…
  • 10
    AI生成の「ネコ顔の花」に騙される人が続出!? ニ…
  • 1
    中国を捨てる富裕層が世界一で過去最多、3位はインド、意外な2位は?
  • 2
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 3
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 4
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい…
  • 5
    韓国が「佐渡の金山」の世界遺産登録に騒がない訳
  • 6
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラ…
  • 7
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを…
  • 8
    メーガン妃が「王妃」として描かれる...波紋を呼ぶ「…
  • 9
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過…
  • 10
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」…
日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中