最新記事
事故

韓国アシアナ機、飛行中に突然乗客がドアをこじ開けた!

2023年5月26日(金)17時00分
ニューズウィーク日本版ウェブ編集部
猛烈な風であらゆるものがはためく機内

猛烈な風であらゆるものがはためく機内 KBS News / YouTube

<気圧差と猛烈な風で機内は大混乱に......>

韓国アシアナ航空の国内便旅客機が着陸直前に乗客が出入り口を開き、そのまま飛行する事故が発生した。

26日午前11時49分に済州空港を出発したアシアナ航空OZ8124便旅客機は、大邱空港に着陸する直前の12時45分ごろ、地上200m上空で出入り口のドアが急に開かれ、その状態のままで滑走路に着陸したという。中央日報など韓国メディアが報じた。

なぜ、飛行中にドアを開けられた?

【動画】ドアが開かれ轟音が鳴り響く韓国アシアナ航空機

事故は30代の男性乗客が突然、出入り口を開こうとしたため、発生したことが分かった。当時の状況を撮影した映像をみると、飛行中の旅客機のドアが開かれて猛烈な風が吹き、乗客の髪の毛とシートが激しくはためいている。

ある乗客は、「飛行機がタイヤをまだ降ろさなかった着陸直前に、急にドアが開かれた」「乗務員たちが急いで座るように大声を張り上げて制止した」と当時の状況を伝えた。

さらに、「ドアが開くと、いきなり気圧のせいに耳がつーんとして子供たちが泣いて声を張り上げるなど、混乱した状況だった」と付け加えた。

事故のあった旅客機には、27日、蔚山で開かれる全国少年体育大会に参加する済州の小中学生の選手64人が乗っていた。

旅客機は、非常脱出スライドの一部が破れたものの、どうにかけが人などを出さずに大邱空港に着陸をしたが、少年体育大会の選手8人など9人が呼吸困難の症状を訴えたため病院へ搬送された。

ある選手の母親は「子供たちが体をぶるぶると震わせて泣きながらとても驚いた様子でした」とし、「搭乗口近くにいた子供たちが一番大きな衝撃を受けたようだ」と話した。

大邱警察庁は飛行機の出入り口を開けた男性を着陸直後に逮捕し、犯行の動機などを調査しているほか、アシアナ航空の客室乗務員からも聞き取り調査を行っている。

アシアナ航空の関係者は「正確な原因は調査中」とし、「非常口隣りの席の乗客が非常口のレバーを触ったと供述して警察が調査中」と説明した。この乗客に損害賠償請求をするかという質問には「まだ事件が発生して間もないためか、警察の調査を見守る」と立場を明らかにした。

また、非常脱出口が簡単に開かれた理由については「通常の飛行中は気圧差のため、物理的にドアをこじあけるのは不可能だ。しかし、今回の事件のように、着陸直前の場合は気圧差がだんだん低くなるためにドアが開かれる可能性のある機内環境になりかねない」と説明している。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

原油先物は上昇、米原油在庫減少で 中東の停戦期待で

ビジネス

製造業PMI7月は49.2に悪化、サービス業は50

ビジネス

三菱自株が10%超安、4─6月期決算で 「円安加味

ワールド

韓国消費者信頼感、7月は2年3カ月ぶり高水準 イン
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:トランプ暗殺未遂
特集:トランプ暗殺未遂
2024年7月30日号(7/23発売)

前アメリカ大統領をかすめた銃弾が11月の大統領選挙と次の世界秩序に与えた衝撃

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」、今も生きている可能性
  • 2
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラニアにキス「避けられる」瞬間 直前には手を取り合う姿も
  • 3
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを入れてしまった母親の後悔 「息子は毎晩お風呂で...」
  • 4
    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なな…
  • 5
    「宇宙で最もひどい場所」はここ
  • 6
    「失った戦車は3000台超」ロシアの戦車枯渇、旧ソ連…
  • 7
    中国海軍、ロシアの手引きでNATOの海を堂々と正面突…
  • 8
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った…
  • 9
    カマラ・ハリスがトランプにとって手ごわい敵である5…
  • 10
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい…
  • 1
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 2
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラニアにキス「避けられる」瞬間 直前には手を取り合う姿も
  • 3
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを入れてしまった母親の後悔 「息子は毎晩お風呂で...」
  • 4
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」…
  • 5
    出産間近!ヨルダン・ラジワ皇太子妃が「ロングワンピ…
  • 6
    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なな…
  • 7
    「失った戦車は3000台超」ロシアの戦車枯渇、旧ソ連…
  • 8
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った…
  • 9
    トランプが銃撃を語る電話音声が流出「バイデンは親…
  • 10
    AI生成の「ネコ顔の花」に騙される人が続出!? ニ…
  • 1
    中国を捨てる富裕層が世界一で過去最多、3位はインド、意外な2位は?
  • 2
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 3
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 4
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい…
  • 5
    韓国が「佐渡の金山」の世界遺産登録に騒がない訳
  • 6
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラ…
  • 7
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを…
  • 8
    メーガン妃が「王妃」として描かれる...波紋を呼ぶ「…
  • 9
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過…
  • 10
    携帯契約での「読み取り義務化」は、マイナンバーカ…
日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中