最新記事

米銀破綻

金融危機を予測したルービニ教授が世界規模の危機を警告

U.S. bank collapse could spark global crisis: "Dr. Doom" Nouriel Roubini

2023年3月14日(火)17時59分
キャサリン・ファン

預金の全額保護を受けて店舗営業を再開、預金引き出しに応じるシリコンバレー銀行(3月13日) Brittany Hosea-Small-REUTERS

<シリコンバレー銀行の経営破綻は、「世界に波及する」恐れがあるとルービニは語る。ただし今回危ないのは大手銀行ではなく地方銀行や中小銀行だ>

米シリコンバレー銀行(SVB)の経営破たんは「世界に伝染する」危険がある――2008年の金融危機を予見し、「破滅博士」の異名を持つ米経済学者のヌリエル・ルービニは、こう警告している。

ルービニは3月13日、本誌の取材に対して「ヨーロッパに少なくとも1つ、歴史的に資本不足の問題を抱えてきた金融機関がある。この金融機関は、これまでに何度か資本注入を受け、不良債権を抱えている可能性や、証券の含み損を抱えている可能性がある」と述べ、さらにこう指摘した。

「もしもこの金融機関に何か問題が生じれば、もっとシステム的に重要な問題になるだろう。その資産規模はシリコンバレー銀行の4000億ドル程度とは異なり、何兆ドルにものぼるからだ」

ルービニが指摘するように、3月10日に経営破たんしたシリコンバレー銀行をめぐる混乱は、アメリカだけにとどまらない。13日、ヨーロッパの株式市場は大幅に下落し、銀行株は5.54%も値を下げた。この1年超で最大の下げ幅だ。前回、銀行株が大幅な下落を記録したのは、ロシアがウクライナに軍事侵攻を開始した直後の2022年3月4日で、この時の下げ幅は6.66%だった。

シリコンバレー銀行の経営破たんは、金融機関の破たんとしては米国史上2番目の規模となる。カリフォルニア州サンタクララに本店を構える同銀行は、大規模な取り付け騒ぎの発生から48時間後の10日午前に閉鎖され、規制当局の管理下に置かれた。

危ないのは地銀

その2日後である12日には、ニューヨークに本店を構えるシグネチャー・バンクが、騒動の余波を受けて閉鎖された。そうしなければ金融システムの安定性が脅かされると、当局が判断したためだ。

13日、欧州主要企業600社で構成するストックス欧州600は2.34%下落。ドイツのDAX指数は3%、フランスのCAC40指数は2.9%、さらにイギリスのFTSE100指数は2.6%の下落を記録した。スイスに本社を置くクレディ・スイス銀行の株価は12%以上急落し、過去最安値を更新した。

バラク・オバマ政権時代にティモシー・ガイトナー国際担当財務次官(当時)の上級顧問を務めていたルービニは、これは「世界的な伝染によって生じる自然な流れ」だと指摘した。「今回の(シリコンバレーの)経営破たんとは何も関係がないにもかかわらず、ヨーロッパの株式市場でも株価が大幅に下落している理由はそこにある」

ルービニは、シリコンバレー銀行の経営破たんが今後、もっと大きな問題に発展していく可能性はあると指摘した上で、リスクにさらされているのはバンク・オブ・アメリカやJPモルガン・チェースのような大手銀行や銀行システム全体ではなく、主に小規模から中規模の銀行だと強調。経営破たんの可能性に直面しているのは、預金者が少なく、有価証券の含み損を多く抱え、資産を時価で売却すれば資本金が吹き飛んでしまうような地方銀行だと述べた。「取り付け騒ぎはまだ続く可能性がある。危機は終わっていない」と彼は指摘した。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

インタビュー:来期・再来期も最高益目指す、インドな

ビジネス

丸紅、イオンと新たな戦略的提携 株式追加取得

ビジネス

インタビュー:米でM&A検討、スーパードライの海外

ビジネス

今後の株価、成長と分配の好循環の実行が大事=経団連
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:開戦2年 ウクライナが敗れる日
特集:開戦2年 ウクライナが敗れる日
2024年2月27日号(2/20発売)

アメリカの支援が途絶えればウクライナ軍は持たない。「ロシア勝利」後の恐怖の地政学とは

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    地下室の排水口の中に、無数の触手を蠢かせる「謎の生物」が...発見した住民が、正体を突き止めるまで

  • 2

    ゼンデイヤのセクシー写真が「ボディ・シェイミング」の標的に...「スラム街の女性みたい」コメントに批判殺到

  • 3

    ゼンデイヤのスケスケなロボット衣装にネット震撼...「まるでC-3PO」

  • 4

    「ロイヤルな風格と優雅な姿」...シャーロット王女の…

  • 5

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 6

    トイレ内に「隠し部屋」への秘密通路を発見...ドアの…

  • 7

    大雪で車が立ち往生しても助けなし...「不信の国」中…

  • 8

    「自分が望むようになっている」...メーガン妃の「疎…

  • 9

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 10

    飛行機内で乗客がテイラー・スウィフトの曲を「大合…

  • 1

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS攻撃「直撃の瞬間」映像をウクライナ側が公開

  • 2

    【アウディーイウカ陥落】ロシアの近接航空支援や滑空爆弾に対しウクライナ軍の空域には穴が開いていた

  • 3

    ウクライナ攻勢を強めるロシアのドローン攻撃を、迎撃システム「バンパイア」が防ぐ「初の映像」が公開

  • 4

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 5

    大雪で車が立ち往生しても助けなし...「不信の国」中…

  • 6

    地下室の排水口の中に、無数の触手を蠢かせる「謎の…

  • 7

    ゼンデイヤのセクシー写真が「ボディ・シェイミング…

  • 8

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 9

    ウクライナ戦争開戦から2年、NATO軍の元最高司令官が…

  • 10

    ゼンデイヤのスケスケなロボット衣装にネット震撼...…

  • 1

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 2

    【能登半島地震】正義ぶった自粛警察が災害救助の足を引っ張る

  • 3

    一流科学誌も大注目! 人体から未知の存在「オベリスク」が発見される

  • 4

    ルーマニアを飛び立ったF-16戦闘機がロシア軍を空爆?

  • 5

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話…

  • 6

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 7

    シャーロット王女の「ただならぬ風格」...5つの「フ…

  • 8

    「まだやってるの?」...問題は「ミス日本」が誰かで…

  • 9

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 10

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中