最新記事

英王室

かつてはオバマ夫妻と「同列」だったヘンリー&メーガンの零落ぶりが酷過ぎる

Prince Harry's Attack on the Royal Family Has Backfired Spectacularly

2023年1月24日(火)21時18分
ジャック・ロイストン

カナダで開催されたインビクタス・ゲームでオバマ前大統領(当時)と車椅子バスケットを観戦するヘンリー王子(2017年) Mark Blinch-REUTERS

<かつてはバラク・オバマ夫妻と並び称されたほど政治的に洗練されたカップルだったヘンリー&メーガンが、愚痴と下ネタに走りはじめて大失敗。王族のヘンリーになぜ破廉恥な暴露話ができたのか理解できない>

ヘンリー王子の回顧録『スペア』の発売以来、かつて慈悲の心と統率力の上に確立された「英王室」という強力なブランドが多方面で崩壊しているように見える。新著のPRでマスコミに登場したヘンリーの言動のせいで、英米でのヘンリーとメーガン妃への好感度は急落している。

かつてメーガンは、アメリカの大統領選出馬まで噂され、カップルとしては、バラク・オバマ夫妻と同じ次元で語られたこともあった。

イギリスがエリザベス2世の崩御を悼んでいた2022年9月には、辛口で知られるジャーナリストのピアーズ・モーガンでさえ、2度のアフガニスタン従軍を象徴する軍服の着用を禁じられたヘンリーに同情の意を表した。

昨年12月、ヘンリーとメーガンは6時間に及ぶネットフリックスのドキュメンタリー番組と1月10日発売の410ページに及ぶ『スペア』を通じて、大衆に直接語りかける前例のない機会を目前にしていた。
 
ネットフリックスがドキュメンタリーシリーズ『ハリー&メーガン』第1部の配信を開始する前日、夫妻は英王室の「構造的人種差別」と闘ったという理由で、ロバートF.ケネディ財団からリップル・オブ・ホープ賞を受賞し、差別と闘うリーダーとしての資格を証明した。

だが、それから1カ月余り経った今、ヘンリーとメーガンのアメリカでの人気は大幅に低下、好感度は「嫌い」が「好き」を上回るマイナスに転落した。国民のほぼ半数が、2人の王族としての称号を剥奪することを支持すると答えている。イギリスではもっとひどい。

どうしてそんなことになったのか?

自分で自分を笑いものに

英王室関係のマスコミは、ヘンリーが家族やメディアに爆弾を投げるだろうと身構えてはいたが、まさかヘンリーの男性器に注目が集まるとは予想もしていなかった。

話題になったのは、ヘンリーが著書の中で明かした凍傷のエピソードがあまりにも奇妙で、にわかに信じがたいものだったからだ。ヘンリーはダイアナ妃が愛用していた美容ブランド、エリザベス・アーデンのリップクリームを凍傷になった男性器に塗った、と説明した。

ヘンリーはオーディオブックでこのときのことを、母親の想い出と共に詳細に語っており、その部分が音声クリップとして、ソーシャルメディアで拡散された。あるツイッターユーザーはこれを「フロイト的悪夢」と表現した。ヘンリーは、オーディオブックのナレーションを自ら担当したことを後悔することになるかもしれない。

PRエージェンシー「ゴー・アップ」のエドワード・コーラム・ジェームズ最高経営責任者(CEO)は本誌にこう語った。「王室が人々に愛され、その存在を成り立たせているものは何かを考える必要がある。その根底にあるのは、尊敬の念だ」

「それを除いたら、本当に何も残らない。その時点でヘンリーはただのテレビのリアリティ番組のタレントになってしまう」

「自分のことを赤裸々に公開しすぎたことで、ヘンリーはこれまで戦争の英雄として、また王族として向けられていた尊敬と称賛を失い、不幸にも自分自身を笑いものにしてしまった。問題は、彼がその尊敬と静かな威厳を取り戻すことができるかどうかだ」と、ジェームズは続けた。

「なかには取り返しのつかないこともあると思う。ヘンリーはそれを公表してしまったのだし、エリザベス・アーデンのクリームを見るたび永遠に局部を思い出されることになったのだから」

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

そのような事実ない=雨宮氏に日銀総裁打診報道で磯崎

ワールド

中国外務次官、気球撃墜で米国に抗議 緊張激化の回避

ビジネス

米産金ニューモント、豪ニュークレストに169億ドル

ワールド

ロシア財務省、外貨売却を3倍に拡大へ 今後1カ月で

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:日本のヤバい未来 2050

2023年2月 7日号(1/31発売)

ジャーナリズム・アカデミズム・SFで読み解く人口減少ニッポンの実像(カバーイラスト:東京幻想)

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    8歳の少年がサメに左胸を噛まれ、動画が途切れる

  • 2

    大雪とEV、欧州でのハイブリッド禁止...そして日本人のアピール下手の話

  • 3

    「ねえ、ラブホいかへん?」 家出少女に声をかけられた牧師は彼女をどうしたか

  • 4

    「最も売れた女性カントリー歌手」が、初のヌードに…

  • 5

    ロシア軍のあまりの無能さは「驚き」であり「謎」...…

  • 6

    カンガルーに影響されすぎたヤギに「歩き方がおかし…

  • 7

    トップレスの女性が教会に現れ、大暴れ...キリスト像…

  • 8

    パリコレで58歳大御所モデル転倒の瞬間...ヒール捨て…

  • 9

    写真家にも愛された、ダイアナ妃のドレスがオークシ…

  • 10

    「すごくダサい」「神」 極小ビキニで雑誌の表紙を飾…

  • 1

    パリコレで58歳大御所モデル転倒の瞬間...ヒール捨て裸足で会場を圧倒

  • 2

    8歳の少年がサメに左胸を噛まれ、動画が途切れる

  • 3

    【解説】2月2日に最接近し「肉眼で見える」──二度と戻って来ない「緑のZTF彗星」の正体

  • 4

    「唇どうしたの !? 」クロエ・カーダシアン、ファン…

  • 5

    緑のZTF彗星がまもなく地球に最接近(2月2日)どうや…

  • 6

    大雪とEV、欧州でのハイブリッド禁止...そして日本人…

  • 7

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 8

    「ねえ、ラブホいかへん?」 家出少女に声をかけられた…

  • 9

    ロシア軍のあまりの無能さは「驚き」であり「謎」...…

  • 10

    「プーチンは戦争から手を引いた」──元ロシア軍情報…

  • 1

    パリコレで58歳大御所モデル転倒の瞬間...ヒール捨て裸足で会場を圧倒

  • 2

    5万年に1度のチャンス、肉眼で見える緑の彗星が接近中

  • 3

    米人気モデル、ビーチで「ほとんどヒモ」な水着姿を披露して新年を祝う

  • 4

    ビリー・アイリッシュ、二度見されそうな「R指定Tシ…

  • 5

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 6

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...…

  • 7

    8歳の少年がサメに左胸を噛まれ、動画が途切れる

  • 8

    【解説】2月2日に最接近し「肉眼で見える」──二度と…

  • 9

    「そんなに透けてていいの?」「裸同然?」、シース…

  • 10

    【閲覧注意】ネパール墜落事故、搭乗客のライブ配信…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
羽生結弦アマチュア時代全記録
CCCメディアハウス求人情報
お知らせ

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2023年2月
  • 2023年1月
  • 2022年12月
  • 2022年11月
  • 2022年10月
  • 2022年9月