最新記事

ロシア

初めて見た! プーチンの酔っぱらった姿...いつもと違う様子に「弱ささらした」の声

New video sparks speculation about "drunk" Putin

2022年12月9日(金)17時36分
ニック・モドワネック
ウラジーミル・プーチン大統領

Sputnik/Mikhail Metzel/Pool via REUTERS

<自分を厳しく律する男のイメージを大切にしてきたプーチンが、酒に酔っているとみられる動画に世界から驚きの声があがった>

普段ほとんど表情を変えることがなく、カメラの前では隙のない姿を崩すことのないロシアのウラジーミル・プーチン大統領。そんな彼が、酒に酔っているように見られる状態でウクライナとの戦争について語る映像が公開され、注目を集めている。ツイッターに投稿された動画に映るプーチンは、たしかにいつもの冷静な様子とは異なっているように見え、「弱さをさらした」などの声があがっている。

■【動画】こんな姿は見たことがない...酒に酔っているように見えるプーチン大統領

この動画を投稿したのはドミトリと名乗る人物で、「ウクライナのインフラ施設に対する攻撃を続ける理由について、酒に酔ったプーチンが説明している様子」という説明が添えられている。

動画の中でプーチンは、飲み物が入ったグラスを片手に「馬鹿げた考えや情報の停滞、情報の挿入、フェイクニュース――それら全てを脇に置くべきだ」と述べ、さらにこう続けた。「そんなものに、我々が国民への務めを果たす邪魔をさせてはならない」

プーチンはまた、ロシアがウクライナの重要インフラに対して繰り返し攻撃を行っていることについて「さまざまな雑音がある」と指摘した上で、国民が現在の状況を理解するために「詳しい事情を知っている」必要はないと主張した。

彼はウクライナを名指しせず「隣国」とのみ言及して、「確かに我々が(インフラへの攻撃を)やっている。だが最初に始めたのは誰だ?クリミア大橋を攻撃したのは誰だ?」と述べて、クリミア大橋爆破のような行為はジェノサイド(集団虐殺)だと非難した。「クルスク原子力発電所の送電塔を爆破したのは誰だ?ドネツクへの水の供給を止めているのは誰だ?」

初めての「ありのままの姿」

モスクワ在住のジャーナリストであるアンナ・ネムツォーワは、プーチンが酒に酔った様子を捉えたとみられる動画が出回ったのは、大統領になって以降、初めてのことだと次のようにツイートした。

「この20年、私たちは演出された(やらせの)写真や動画を数多く見てきた。上半身裸で乗馬をしているプーチンや、ダイビングをした際に古代ギリシャの壺を発見したプーチン、渡り鳥と一緒に空を飛ぶプーチン、少年のお腹にキスをするプーチンなどだ。だがロシアのミサイルが隣国を攻撃したことについて、酒に酔った状態で演説をした動画は、演出ではなく彼のありのままの姿のはずだ」

カナダ国営放送(CBC)のジャーナリストであるエバン・ダイアーは、「プーチンが公の場で酒に酔っている姿を見るのは、とても奇妙」だと述べた。「大酒飲みが多い国で常にしらふでいることこそ、彼のイメージにとって重要なはずだ」とツイートし、さらに「そこが、彼が自分とボリス・エリツィン(元大統領)を明確に区別している部分だった。だがこの動画の中の彼は、明らかに酔っている」と続けた。

エコノミスト兼執筆家のアンダース・オスルントも、プーチンが「どんな状況であれ酔っている」のを見たのは初めてだと語った。

「彼はいつも通り滅茶苦茶なことを言っているが、自分が敗者であることに気づいているように見える」と彼は述べ、さらにこう続けた。「とても興味深いし希望が持てる。彼が酒に酔って弱さを見せたところを、全てのロシア国民が目にすることになる」

今、あなたにオススメ

関連ワード

ニュース速報

ワールド

スペイン首相が辞任の可能性示唆、妻の汚職疑惑巡り裁

ビジネス

米国株式市場=まちまち、好業績に期待 利回り上昇は

ビジネス

フォード、第2四半期利益が予想上回る ハイブリッド

ビジネス

NY外為市場=ドル一時155円台前半、介入の兆候を
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:世界が愛した日本アニメ30
特集:世界が愛した日本アニメ30
2024年4月30日/2024年5月 7日号(4/23発売)

『AKIRA』からジブリ、『鬼滅の刃』まで、日本アニメは今や世界でより消費されている

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    「おやつの代わりにナッツ」でむしろ太る...医学博士が教えるスナック菓子を控えるよりも美容と健康に大事なこと

  • 2

    医学博士で管理栄養士『100年栄養』の著者が警鐘を鳴らす「おばけタンパク質」の正体とは?

  • 3

    「誹謗中傷のビジネス化」に歯止めをかけた、北村紗衣氏への名誉棄損に対する賠償命令

  • 4

    心を穏やかに保つ禅の教え 「世界が尊敬する日本人100…

  • 5

    マイナス金利の解除でも、円安が止まらない「当然」…

  • 6

    NewJeans日本デビュー目前に赤信号 所属事務所に親…

  • 7

    ケイティ・ペリーの「尻がまる見え」ドレスに批判殺…

  • 8

    ワニが16歳少年を襲い殺害...遺体発見の「おぞましい…

  • 9

    タトゥーだけではなかった...バイキングが行っていた…

  • 10

    イランのイスラエル攻撃でアラブ諸国がまさかのイス…

  • 1

    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なない理由が明らかに

  • 2

    世界3位の経済大国にはなれない?インドが「過大評価」されていると言える理由

  • 3

    タトゥーだけではなかった...バイキングが行っていた「身体改造」の実態...出土した「遺骨」で初の発見

  • 4

    「世界中の全機が要注意」...ボーイング内部告発者の…

  • 5

    ハーバード大学で150年以上教えられる作文術「オレオ…

  • 6

    医学博士で管理栄養士『100年栄養』の著者が警鐘を鳴…

  • 7

    「おやつの代わりにナッツ」でむしろ太る...医学博士…

  • 8

    NewJeans日本デビュー目前に赤信号 所属事務所に親…

  • 9

    「たった1日で1年分」の異常豪雨...「砂漠の地」ドバ…

  • 10

    「毛むくじゃら乳首ブラ」「縫った女性器パンツ」の…

  • 1

    人から褒められた時、どう返事してますか? ブッダが説いた「どんどん伸びる人の返し文句」

  • 2

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 3

    88歳の現役医師が健康のために「絶対にしない3つのこと」目からうろこの健康法

  • 4

    ロシアの迫撃砲RBU6000「スメルチ2」、爆発・炎上の…

  • 5

    バルチック艦隊、自国の船をミサイル「誤爆」で撃沈…

  • 6

    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なな…

  • 7

    ロシアが前線に投入した地上戦闘ロボットをウクライ…

  • 8

    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入…

  • 9

    世界3位の経済大国にはなれない?インドが「過大評価…

  • 10

    1500年前の中国の皇帝・武帝の「顔」、DNAから復元に…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中