最新記事

死因

「意外な物質の過剰摂取...?」ブルース・リーの死因をめぐる新たな仮説が示された

2022年11月24日(木)17時40分
松岡由希子

ブルース・リーの死因は、公式には、鎮痛剤「エクアジック」への過敏性反応による脳浮腫が死因だとされているが......REUTERS/Bobby Yip

<ブルース・リーは1973年7月20日、32歳の若さで死去した。公式には、鎮痛剤「エクアジック」への過敏性反応による脳浮腫が死因だとされているが、新説が示された......>

武道家からアクションスターへ転身し、「ドラゴンへの道」や「ドラゴン怒りの鉄拳」などの香港映画で主演を務めたブルース・リーは1973年7月20日、32歳の若さで死去した。死亡時の脳重量は平均値1400グラムを上回る1575グラムで、剖検では脳浮腫が認められた。公式には、鎮痛剤「エクアジック」への過敏性反応による脳浮腫が死因だとされている。

>>■■【動画】ブルース・リーのドキュメンタリー『Be Water(水になれ)』の予告動画

「腎臓が過剰な水分を排泄できなくなったことが死を招いた」

スペイン・マドリード自治大学(UAM)ヒメネスディアス財団病院の研究チームはこれまでに公表されている情報を分析し、「ブルース・リーの死因は低ナトリウム血症による脳浮腫である」との新たな説を示した。その研究論文は医学雑誌「クリニカル・キドニー・ジャーナル」(2022年12月号)で掲載されている。

研究チームは、ブルース・リーが「エクアジック」を以前にも服用しており、死亡当日、頭痛など、脳浮腫で説明がつく症状が出た後に「エクアジック」を服用していることから、「『エクアジック』への過敏性反応による脳浮腫」とする公式の死因を否定。「『エクアジック』への過敏性反応が死因だとしたら、剖検で見つかるのは脳浮腫だけではないはずだ」とも主張している。

研究チームの新たな仮説は「腎臓が過剰な水分を排泄できなくなったことが死を招いた」というものだ。

低ナトリウム血症とは血液中のナトリウム濃度が非常に低い状態をさす。研究チームの分析によると、ブルース・リーには、慢性的な水分の過剰摂取、喉の渇きを高めるマリファナの使用、アルコール摂取、処方薬の服用、急性腎不全(AKI)の既往歴など、低ナトリウム血症の危険因子が複数あったとみられる。

最期の数カ月間、固形物を食べていなかった

たとえば、ブルース・リーは最期の数カ月間、固形物を食べずに、もっぱらニンジンジュースやリンゴジュースを飲むという食生活を送っていた。死亡当日も体調に異変が起きる直前まで、一日中繰り返し水分を摂取していたという。一般論として、過剰な水分摂取が尿中への水分排泄と一致しない場合、低ナトリウム血症となり、脳浮腫を引き起こし、数時間で死に至るおそれがある。

研究チームは当時の状況をふまえ、「ブルース・リーは水分の恒常性を維持するために過剰な水分を十分排泄できない『腎不全』で死亡したと仮定する」と結論し、「健康で若い人でも、水分の過剰摂取によって低ナトリウム血症となり、死亡するおそれがあることを鑑みると、『水分の過剰摂取は死を招くおそれがある』ことを広く啓発する必要がある」と説いている。


>>■■【動画】ブルース・リーのドキュメンタリー『Be Water(水になれ)』の予告動画

今、あなたにオススメ

関連ワード

ニュース速報

ワールド

米裁判所、ファーウェイ副会長の起訴を正式に取り下げ

ワールド

パキスタン、友好国から30億ドル確保へ IMFの支

ワールド

インドネシアのスメル火山が噴火、約2000人避難

ワールド

イランで抗議運動収まらず、新たにスト呼びかけも

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:台湾半導体 王国に迫るリスク

2022年12月 6日号(11/29発売)

急成長で世界経済を席巻するTSMC。中国から台湾を守る「シリコンの盾」に黄信号が?

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    「犬は飼い主に忠誠心をもつ」は間違い 研究で判明した「犬が本当に考えていること」

  • 2

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 3

    【英王室】3人のプリンセスたちの訪米ファッションに注目!

  • 4

    スーパーモデル、ベラ・ハディッドがヌードで登場、…

  • 5

    ロシア戦闘機が非武装イギリス機に「ミサイル発射」…

  • 6

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 7

    ロシア国内で「軍用機の墜落」が続発...ロシア空軍、…

  • 8

    プーチンの「忠犬」ルカシェンコ、暗殺に怯える日々

  • 9

    偏差値が測定できない「ボーダーフリー大学」が象徴す…

  • 10

    息子たちは「もうやめて」と懇願...それでもブリトニ…

  • 1

    「犬は飼い主に忠誠心をもつ」は間違い 研究で判明した「犬が本当に考えていること」

  • 2

    W杯、ホテルは想定外のガラガラ状態 サッカーファンの足もと見たカタールにしっぺ返し

  • 3

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 4

    「性的すぎる」広告批判は海外でも...高級ブランドが…

  • 5

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 6

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...…

  • 7

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 8

    【英王室】3人のプリンセスたちの訪米ファッションに…

  • 9

    スーパーモデル、ベラ・ハディッドがヌードで登場、…

  • 10

    自分を「最優先」しろ...メーガン妃、ヘンリー王子へ…

  • 1

    セレブたちがハロウィンに見せた本気コスプレ、誰が一番? 「見るに堪えない」「卑猥」と酷評されたのは?

  • 2

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...FSB内通者のメールを本誌が入手

  • 3

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距離感が「気持ち悪い」と話題に

  • 4

    血糖値が正常な人は12%だけ。「砂糖よりハチミツが…

  • 5

    「犬は飼い主に忠誠心をもつ」は間違い 研究で判明し…

  • 6

    W杯、ホテルは想定外のガラガラ状態 サッカーファン…

  • 7

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 8

    カメラが捉えたプーチン「屈辱の50秒」...トルコ大統…

  • 9

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 10

    食後70分以内に散歩、筋トレ、階段の上り下り。血糖…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
羽生結弦アマチュア時代全記録
CCCメディアハウス求人情報

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年12月
  • 2022年11月
  • 2022年10月
  • 2022年9月
  • 2022年8月
  • 2022年7月