最新記事

ウクライナ情勢

国際社会から同情されるウクライナも、一歩間違えれば反感を買う──ポーランド着弾が問う世界大戦リスク

Looming Escalation Risks

2022年11月22日(火)16時34分
スティーブン・ウォルト(ハーバード大学ベルファーセンター国際関係論教授)

「ミサイルより破壊的」

この出来事、とりわけゼレンスキーの反射的な発言が印象付けたのは、ウクライナはこうした悲劇を利用してロシアをさらなる悪者に仕立て、これまで以上に世界の同情と支援を引き出そうとするということだ。

実際、ニューヨーク・タイムズの報道によれば、ゼレンスキーは16日夜の段階でも、「当初の調査結果に納得しておらず、依然としてロシアのミサイルの関与を確信していた」という。

ゼレンスキーにも何らかの考えがあったのだろうが、こうした態度は容易に反感を買う。フィナンシャル・タイムズは西側外交筋のこんな発言を伝えている。

「バカな話だ。ウクライナは(西側の)信頼を壊している。誰もウクライナを責めていないのに、公然と嘘をつくとは。こっちのほうがミサイルより破壊的だ」

「ウクライナを支援する」ことは、われわれの利益や懸念を棚上げにすることではない。それらがウクライナの利益や目的と必ずしも重ならないならなおさらだ。一国のまっとうな指導者は他国の利益のために自国の利益を犠牲にしないし、してはならない。

この戦争が拡大し、さらに多くの悲劇を招くとしたら、そのきっかけとなるのは偶発的な出来事だけではないし、偶発的出来事が引き金となる確率が最も高いわけでもない。

戦争当事国は得てして、越えてはならない一線が侵されたからでも、相手の意図を読み違えたからでもなく、敗色が濃くなったときに戦いをエスカレートさせる。

ドイツが第1次大戦で「無制限潜水艦作戦」、第2次大戦でV1、V2ミサイルの使用に踏み切ったのも、日本が太平洋戦争で特攻隊による自爆攻撃を始めたのもそのためだ。

今のロシアは既にこれと似た状況にある。数日か、せいぜい数週間で終わると思われていた「特別軍事作戦」は終わりの見えない消耗戦となった。ロシア軍は多大な犠牲を払い、何十万もの兵士を新たに動員せざるを得なくなった(開戦時にはプーチンが予想だにしなかった事態だ)。

交渉のみが危機を防ぐ

一方、ウクライナに味方する国々も外交、経済、軍事的支援を拡大。このプロセスに「偶発的な」要素など一切ないが、戦争は既にエスカレートしている。ウクライナ、ロシア双方が今はまだ交渉の余地はないと主張し、両者とも勝ちたい、少なくとも負けたくないと思っているからだ。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

アングル:「安全で低価格」、中国EVメーカーが欧州

ビジネス

焦点:苦境の1年だった新興国市場、戻り期待の強気派

ビジネス

アングル:米ブラックフライデーは人影まばら、衝動買

ビジネス

暗号資産、反対するよりも規制が得策=バイナンスCE

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:うなだれる中国経済

2022年11月29日号(11/22発売)

「GDPでアメリカを超える」習近平の夢は実現困難。経済成長の足を引っ張る原因はどこにある?

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    飛行機の両隣に肥満の2人! 「悪夢の状況」をツイートしたら大炎上...これって差別なの?

  • 2

    自閉症の妹を売って生きる... 文句なしの問題作『岬の兄妹』が見せる今の邦画に足りないもの

  • 3

    デップの娘、「親の七光り」と言われる苦悩を語るも「一般人の苦労わかってない」と批判の嵐

  • 4

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 5

    ロシアの主要都市で原因不明の爆発と火災、ただごと…

  • 6

    「冬将軍はウクライナに味方する」──専門家

  • 7

    これだけのビールが行き場なし! W杯ビール販売禁止…

  • 8

    スーパーモデル、ベラ・ハディッドがヌードで登場、…

  • 9

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 10

    ウクライナ兵も思わず失笑...全てを捨て「裸で川を泳…

  • 1

    セレブたちがハロウィンに見せた本気コスプレ、誰が一番? 「見るに堪えない」「卑猥」と酷評されたのは?

  • 2

    血糖値が正常な人は12%だけ。「砂糖よりハチミツが健康」と思っている人が知るべき糖との付き合い方

  • 3

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距離感が「気持ち悪い」と話題に

  • 4

    狂ったプーチン、軍事侵攻の目的は「非ナチ化」から…

  • 5

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 6

    食後70分以内に散歩、筋トレ、階段の上り下り。血糖…

  • 7

    「セクシー過ぎる?」お騒がせ女優エミリー・ラタコ…

  • 8

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン…

  • 9

    見えてきたウクライナの「勝利」...ロシア撤退で起き…

  • 10

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
CCCメディアハウス求人情報

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年11月
  • 2022年10月
  • 2022年9月
  • 2022年8月
  • 2022年7月
  • 2022年6月