最新記事

野生生物

研究者も気持ち悪さに逃げだした! ニシキヘビの体内からワニが丸ごと引き出される

2022年11月17日(木)19時30分
松岡由希子

体長5メートルのニシキヘビから約1.5メートルのワニが引き抜かれた...... MesquitaFMS-iStock

<フロリダ州では、2000年以降、1万7000匹以上の野生のビルマニシキヘビが駆除されている。体長5メートルのニシキヘビから約1.5メートルのワニが引き抜かれ研究者を驚愕させた......>

ビルマニシキヘビは、東南アジアを主な生息地とする最大級のヘビの一種だ。米フロリダ州では、ペットとして持ち込まれた後、飼い主に捨てられた個体が野生化し、生態系を脅かしてきた。フロリダ州の魚類・野生生物保存委員会(FWC)では、侵入種であるビルマニシキヘビを捕獲時にその場で安楽死処分するように義務付けており、2000年以降、1万7000匹以上の野生のビルマニシキヘビが駆除されている。

>>■■閲覧注意【動画】切開したニシキヘビの体内からほぼ原形のワニが出てくる瞬間

体長5メートルのニシキヘビから約1.5メートルのワニが引き抜かれる

フロリダ州の研究者ロージー・ムーアさんは、2022年11月1日、安楽死した体長約18フィート(約5.4メートル)のビルマニシキヘビの消化管から体長5フィート(約1.5メートル)のワニが引き抜かれる様子を収めた動画をインスタグラムに投稿し、SNS上で話題を集めている。

このビルマニシキヘビは、フロリダ半島南端のエバーグレーズ国立公園で職員によって発見され、安楽死処分された後、解剖と研究試料の採取のため、研究所に引き渡された。肥大してゴツゴツした体の感触があり、その下側を切開してみると、死んだワニが完全な形で現れた。

ビルマニシキヘビは哺乳類、鳥類、爬虫類、ワニまでを獲物にし、これらの食餌をよく丸のみする。顎を大きく広げて自らの体よりもはるかに大きなものすら飲み込むことができるのだ。

研究者たちも、新鮮な空気を吸おうと急いで屋外へ出た

ムーアさんはCNNのインタビューで「死体解剖には慣れているが、かなり気持ち悪いと思った」と当時の状況を振り返る。悪臭もひどく、研究者たちは休憩をとり、新鮮な空気を吸おうと急いで屋外へ出たという。

ムーアさんはインスタグラムの投稿で「フロリダ州南部の亜熱帯気候とビルマニシキヘビの寿命の長さや繁殖力の高さが相まって、ビルマニシキヘビはエバーグレーズ国立公園のような生態学的に敏感なエリアへの侵入に成功した」とし、「ビルマニシキヘビの食餌は幅広いため、様々な野生動物に脅威をもたらしている」と警鐘を鳴らしている。

>>■■閲覧注意【動画】切開したニシキヘビの体内からほぼ原形のワニが出てくる瞬間

今、あなたにオススメ

関連ワード

ニュース速報

ワールド

アングル:節約とエコを両立、米で広がるフードロス削

ビジネス

ECB、15日の理事会で0.5%利上げすべき=仏中

ワールド

シリア南部で異例の反政府デモ、市民と警官双方に死者

ワールド

ロシア、上限価格設定国に原油輸出しない=副首相

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:台湾半導体 王国に迫るリスク

2022年12月 6日号(11/29発売)

急成長で世界経済を席巻するTSMC。中国から台湾を守る「シリコンの盾」に黄信号が?

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    「犬は飼い主に忠誠心をもつ」は間違い 研究で判明した「犬が本当に考えていること」

  • 2

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 3

    【英王室】3人のプリンセスたちの訪米ファッションに注目!

  • 4

    スーパーモデル、ベラ・ハディッドがヌードで登場、…

  • 5

    ロシア戦闘機が非武装イギリス機に「ミサイル発射」…

  • 6

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 7

    ロシア国内で「軍用機の墜落」が続発...ロシア空軍、…

  • 8

    プーチンの「忠犬」ルカシェンコ、暗殺に怯える日々

  • 9

    偏差値が測定できない「ボーダーフリー大学」が象徴す…

  • 10

    息子たちは「もうやめて」と懇願...それでもブリトニ…

  • 1

    「犬は飼い主に忠誠心をもつ」は間違い 研究で判明した「犬が本当に考えていること」

  • 2

    W杯、ホテルは想定外のガラガラ状態 サッカーファンの足もと見たカタールにしっぺ返し

  • 3

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 4

    「性的すぎる」広告批判は海外でも...高級ブランドが…

  • 5

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 6

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...…

  • 7

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 8

    【英王室】3人のプリンセスたちの訪米ファッションに…

  • 9

    スーパーモデル、ベラ・ハディッドがヌードで登場、…

  • 10

    自分を「最優先」しろ...メーガン妃、ヘンリー王子へ…

  • 1

    セレブたちがハロウィンに見せた本気コスプレ、誰が一番? 「見るに堪えない」「卑猥」と酷評されたのは?

  • 2

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...FSB内通者のメールを本誌が入手

  • 3

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距離感が「気持ち悪い」と話題に

  • 4

    血糖値が正常な人は12%だけ。「砂糖よりハチミツが…

  • 5

    「犬は飼い主に忠誠心をもつ」は間違い 研究で判明し…

  • 6

    W杯、ホテルは想定外のガラガラ状態 サッカーファン…

  • 7

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 8

    カメラが捉えたプーチン「屈辱の50秒」...トルコ大統…

  • 9

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 10

    食後70分以内に散歩、筋トレ、階段の上り下り。血糖…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
羽生結弦アマチュア時代全記録
CCCメディアハウス求人情報

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年12月
  • 2022年11月
  • 2022年10月
  • 2022年9月
  • 2022年8月
  • 2022年7月