最新記事

アップルウォッチ

「私はアップルウォッチに命を救われた」

Man in 'Life or Death' 70mph Car Crash Credits Apple Watch for Saving Him

2022年10月19日(水)22時30分
アリス・ギブス

この事故で意識を失った運転手アップルウォッチが救った(回収後の事故車) 本人提供

<事故の衝撃を検知すると、自動的に緊急通報サービスにつながり、助けを呼ぶ――アップルウォッチの新機能のおかげで救われたという感謝の声がネット上に広がっている>

ニュースサイト・レディットのあるユーザーは、交通事故にあった自分の命が助かったのは、アップルウォッチのおかげだと考えている。

米インディアナポリスに住むこの男性は先日、レディットの投稿で、運転していた車のタイヤがパンクし、車が電柱に衝突したときの話を打ち明けた。

電柱にぶつかった瞬間、車からは煙が立ち上り、男性はハンドルで頭を打った。だが、つけていたアップルウォッチの新しい安全機能により、自分は何もしなくても緊急サービス当局に事故のことが通知され、救助された。

「何千回、何万回と走ったことのある道路だった。深夜だったので、他の車は走っていなかった」と、この男性は匿名を条件に本誌に語った。

知り尽くした道を運転していたところ、突然、衝撃が走った。
「ドーンという音と共に、顔面がエアバッグとガラスでふさがれた。目を開けるとフロントガラスが陥没していた。とっさに思いついてやったのは、エンジンを切るためにスタートボタンを押すことだった」

ほとんど意識のない状態で座っていると、腕につけている新しいアップルウォッチ S8から触覚フィードバックが伝わってきた。

「ウォッチが助けを求めて連絡しているのがわかった」と、彼は言う。「『事故が発生しました』とか 『救助に向かっています』という会話が聞こえた。ウォッチを通して救急医療サービスと直接、話すことができた」

命を救うテクノロジー

アップルウォッチの衝突事故検出機能は、iPhone のiOS16とウォッチOS 8のリリースとともに数カ月前に発表されたばかり。対応デバイスではデフォルトで有効になっている。

この機能は、ユーザーが重大な衝撃を受けたことを感知し、iPhoneまたはアップルウォッチが自動的に警告画面を表示する。ユーザーは画面上の緊急通報をスワイプして起動し、緊急サービスを呼び出すか、キャンセルを選択してオフにすることができる。

10秒経過してもユーザーが何も操作をしない場合は、ウォッチが自動的に緊急サービスに電話をかけ、緊急サービスに対して何が起きたのか、正確な位置を伝えるSiriメッセージを再生する。

時計が自動的に通報したおかげで、事故にあった男性のもとにすぐ救急隊が駆け付けた。
「救助隊の人だと思うのだが、誰かに胸のあたりをこすられて、私は意識を取り戻した」と、男性は言う。「ウォッチが知らせてから10分以内のことだったと思う。もし、ウォッチをつけていなかったら、ずっとそこにいたと思う」

この男性は眼窩骨折と3本の肋骨骨折、多くの切り傷と擦り傷を負った。

「私は回復している。生きているし、明日退院する予定だ。今回の事故からおおいに学んだのは確かだ」と、彼は言う。

「アップルの衝突事故検出検知ソフトは、冗談でも子供だましの仕掛けでもない。この命を救う技術は、250ドルのアップルウォッチSE2022で手に入れることができる。私の時計はシリーズ8だが、衝突事故にあっても1点の傷もつかなかったことを付け加えたい」

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

スウェーデン中銀、追加利上げ巡り見方分かれる=議事

ビジネス

10月全世帯の実質消費支出、前年比+1.2%=総務

ビジネス

10月実質賃金2.6%低下、物価高で7カ月連続マイ

ワールド

南ア大統領、金銭疑惑巡る専門家委報告書に異議 法廷

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:ラーゲリより愛を込めて

2022年12月13日号(12/ 6発売)

二宮和也主演『ラーゲリより愛を込めて』── 映画で知るシベリア抑留の歴史

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    「犬は飼い主に忠誠心をもつ」は間違い 研究で判明した「犬が本当に考えていること」

  • 2

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 3

    【英王室】3人のプリンセスたちの訪米ファッションに注目!

  • 4

    ロシア国内で「軍用機の墜落」が続発...ロシア空軍、…

  • 5

    ロシア戦闘機が非武装イギリス機に「ミサイル発射」…

  • 6

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 7

    プーチンの「忠犬」ルカシェンコ、暗殺に怯える日々

  • 8

    「言葉を失う」...ロシア軍の「置き土産」が雄弁に物…

  • 9

    偏差値が測定できない「ボーダーフリー大学」が象徴す…

  • 10

    スーパーモデル、ベラ・ハディッドがヌードで登場、…

  • 1

    「犬は飼い主に忠誠心をもつ」は間違い 研究で判明した「犬が本当に考えていること」

  • 2

    W杯、ホテルは想定外のガラガラ状態 サッカーファンの足もと見たカタールにしっぺ返し

  • 3

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 4

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 5

    【英王室】3人のプリンセスたちの訪米ファッションに…

  • 6

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...…

  • 7

    スーパーモデル、ベラ・ハディッドがヌードで登場、…

  • 8

    ロシア国内で「軍用機の墜落」が続発...ロシア空軍、…

  • 9

    フィギュアファン歴30年の作家も驚く「羽生結弦が見…

  • 10

    ロシア戦闘機が非武装イギリス機に「ミサイル発射」…

  • 1

    セレブたちがハロウィンに見せた本気コスプレ、誰が一番? 「見るに堪えない」「卑猥」と酷評されたのは?

  • 2

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...FSB内通者のメールを本誌が入手

  • 3

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距離感が「気持ち悪い」と話題に

  • 4

    血糖値が正常な人は12%だけ。「砂糖よりハチミツが…

  • 5

    「犬は飼い主に忠誠心をもつ」は間違い 研究で判明し…

  • 6

    W杯、ホテルは想定外のガラガラ状態 サッカーファン…

  • 7

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 8

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 9

    カメラが捉えたプーチン「屈辱の50秒」...トルコ大統…

  • 10

    食後70分以内に散歩、筋トレ、階段の上り下り。血糖…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
羽生結弦アマチュア時代全記録
CCCメディアハウス求人情報

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年12月
  • 2022年11月
  • 2022年10月
  • 2022年9月
  • 2022年8月
  • 2022年7月