最新記事

ウクライナ戦争

ドローン攻撃に対する報復でプーチンが恐れる米最強攻撃型無人機「MQ9リーパー」

Russia's Deadly 'Kamikaze' Drones Compared to Ukraine's Unmanned Arsenal

2022年10月19日(水)14時34分
ニック・レイノルズ

ロシアのドローン攻撃で破壊されたキーウのアパート。イラン製シャハド136を使ったとみられる。この破壊力が、さらに強いドローンの呼び水になる? Vladyslav Musiienko- REUTERS

<イラン製「シャハド136 」がウクライナにもたらした破壊で、これまで攻撃型ドローンの供与を控えてきた欧米は態度を変えるかもしれない。なかでもロシアが恐れるのは、かつて「アメリカの敵」の暗殺にも使われたと言われる「MQ9リーパー」だ>

10月17日、ウクライナの首都キーウ(キエフ)で複数回の爆発があった。24機を超えるロシア軍の自爆型「カミカゼ」ドローンによる攻撃だ。

使用されたドローンは、イラン製の「シャハド136」。ウクライナでの戦争で初めて導入された、翼幅およそ2.4メートルの三角形のドローンだ。9月半ばにウクライナで初めて確認された(それまでは主にイエメンでイランが支援する武装組織が使用していた)。シャハド136は、レーダーによる検知がきわめて難しく、空中を旋回して標的を認識すると、ミサイルのように突っ込んでいく。

ロシア軍がウクライナへの軍事侵攻にシャハド136を導入したのは、ミサイルなど他の兵器が不足を補うためともみられる。だが17日の攻撃が証明したように、シャハド136はきわめて破壊力が大きな兵器であり、これでウクライナでの空中戦に新たな要素が加わることになった。ロシアはこれまでも、ウクライナのより小規模な標的に対して小型版の自爆型ドローンを使用しており、ウクライナ側もロシア軍の戦車や軍需物資に対してドローンを使用した疑いがある。

レーダーでの検知が困難

だがシャハド136は、それらのドローンとは少し異なる。ロシア軍が過去に配備した攻撃ドローン「ZALA KYB」は、連続飛行時間が最大30分で、射程距離はおよそ40キロだった。これに対してシャハド136は航続距離が1930キロ以上に達し、射程距離も現在ウクライナ軍が使用している「スイッチブレード」を大幅に上回る。「スイッチブレード」は米国製の安価な自爆型ドローンで、バックパックに入れて持ち運ぶことができ、射程距離は最大で約88キロだ。

シャハド136には、メリットもあればデメリットもある。シャハド136は、ウクライナなどが配備している再利用可能なドローン(主にトルコ製のドローン「バイラクタルTB2」)に比べて最大積載量が大幅に少ない一方で、無人機のなかで最高の攻撃力をもつと言われる米国製ドローン「MQ9リーパー」などと比べて製造コストが大幅に低く、機体のサイズもずっと小さい。小型だからレーダーでの検知が難しく、ロシアにとってはTB2のような兵器の破壊力に対抗する上で有利だ。

米コーネル大学のドローン専門家でブルッキングス研究所の非常勤上級研究員であるサラ・クレップスは本誌に対して、「(シャハド136は)使い捨てできるし、最終的には自爆するから、途中で撃墜されるかどうかをあまり心配する必要がない」と指摘する。「そこで問題になるのが脆弱性だ。ドローンは大きいほどレーダーに捉えられやすく攻撃されやすいが、小さければ追跡も撃墜も難しい」

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

韓国と中国、外交・安保対話開始へ 3カ国首脳会合前

ワールド

岸田首相、日本産食品の輸入規制撤廃求める 日中首脳

ワールド

台湾の頼総統、中国軍事演習終了後にあらためて相互理

ビジネス

ロシア事業手掛ける欧州の銀行は多くのリスクに直面=
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:スマホ・アプリ健康術
特集:スマホ・アプリ健康術
2024年5月28日号(5/21発売)

健康長寿のカギはスマホとスマートウォッチにあり。アプリで食事・運動・体調を管理する方法

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発」で吹き飛ばされる...ウクライナが動画を公開

  • 2

    自爆ドローンが、ロシア兵に「突撃」する瞬間映像をウクライナが公開...シャベルで応戦するも避けきれず

  • 3

    「なぜ彼と結婚したか分かるでしょ?」...メーガン妃がのろけた「結婚の決め手」とは

  • 4

    カミラ王妃が「メーガン妃の結婚」について語ったこ…

  • 5

    ウクライナ軍ブラッドレー歩兵戦闘車の強力な射撃を…

  • 6

    黒海沿岸、ロシアの大規模製油所から「火柱と黒煙」.…

  • 7

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS…

  • 8

    胸も脚も、こんなに出して大丈夫? サウジアラビアの…

  • 9

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

  • 10

    アウディーイウカ近郊の「地雷原」に突っ込んだロシ…

  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発」で吹き飛ばされる...ウクライナが動画を公開

  • 3

    娘が「バイクで連れ去られる」動画を見て、父親は気を失った...家族が語ったハマスによる「拉致」被害

  • 4

    ウクライナ悲願のF16がロシアの最新鋭機Su57と対決す…

  • 5

    黒海沿岸、ロシアの大規模製油所から「火柱と黒煙」.…

  • 6

    「なぜ彼と結婚したか分かるでしょ?」...メーガン妃…

  • 7

    戦うウクライナという盾がなくなれば第三次大戦は目…

  • 8

    能登群発地震、発生トリガーは大雪? 米MITが解析結…

  • 9

    「天国にいちばん近い島」の暗黒史──なぜニューカレ…

  • 10

    「隣のあの子」が「未来の王妃」へ...キャサリン妃の…

  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    ロシア「BUK-M1」が1発も撃てずに吹き飛ぶ瞬間...ミサイル発射寸前の「砲撃成功」動画をウクライナが公開

  • 3

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々に明らかになる落とし穴

  • 4

    新宿タワマン刺殺、和久井学容疑者に「同情」などで…

  • 5

    やっと撃墜できたドローンが、仲間の兵士に直撃する…

  • 6

    立ち上る火柱、転がる犠牲者、ロシアの軍用車両10両…

  • 7

    一瞬の閃光と爆音...ウクライナ戦闘機、ロシア軍ドロ…

  • 8

    ロシア兵がウクライナ「ATACMS」ミサイルの直撃を受…

  • 9

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃のマタニティ姿「デニム生地…

  • 10

    大阪万博でも「同じ過ち」が繰り返された...「太平洋…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中