最新記事

エリザベス女王死去

女王死去の影響:ヘンリーは離脱を後悔? ウィリアムと父チャールズとの関係が変わる?

AFTER THE QUEEN

2022年9月16日(金)16時20分
クリスティーナ・コーテルッチ、モリー・オルムステッド、ヘザー・シュウィドル(いずれもスレート誌記者)

今後、当面は男性君主が続くことになりそうだ HANNAH MCKAY-POOL-REUTERS

<カミラ夫人の称号は「Princess consort」でなく「Queen consort」に。王室トラブルには今後、チャールズが介入――。今後の英王室を徹底予測:その2>

エリザベス女王の死去はイギリスと王室にどのような変化を引き起こすのか。Q&A形式でまとめた。

「ユニコーン作戦」エリザベス女王の葬儀は死去前から段取りが決まっていた から続く。

王族の王位継承順位や称号は変わるのか。

王位継承順位は変わらないが、いくつかの称号は格上げされる。チャールズの後継者であるウィリアムは、コーンウォール公、ウェールズ公およびケンブリッジ公となり、スコットランドの公爵位も加わる。

チャールズは、プリンス・オブ・ウェールズから国王チャールズ3世となった。英BBCによると、チャールズの名は「チャールズ・フィリップ・アーサー・ジョージ」なので、国王としての名もその4つから選べた。「アーサー王」と名乗ることもできたわけだ!

カミラ夫人の称号は?

「Queen consort(王妃)」となる。しかし、これが1年前なら違っていたかもしれない。カミラは以前、チャールズが即位したら自分は「Princess consort」を名乗ると自嘲ぎみに発言していた。国民からの嫌われぶりを自覚していたためだろう。英国王の配偶者としては初めて「Queen」の付かない称号で呼ばれるはずだったが、今年2月、彼女に「Queen consort」を名乗ってほしいとエリザベス女王が述べた。

「consort」は通常、君主の配偶者に使われる称号で、女性は「Queen consort」、男性の場合は「Prince consort」の称号で呼ばれることが多い。エリザベス女王の夫、故フィリップ殿下が「King」の称号で呼ばれなかったのもこのためだ。

いずれまた、女王が生まれることはあるのか。この先控えているのは男子ばかりだが。

当面は男性君主が続くのは間違いない。チャールズの次は長男のウィリアム、次はその長男で今はまだ幼いジョージ、その次はおそらくジョージの将来の第1子だ。

だが何らかの理由でジョージが退位すれば(アメリカ人女性との結婚を選んで退位したエドワード8世の例もある)、ウィリアムの第2子であるシャーロット王女に王位継承権が回ってくる。そうなれば、男性の王位継承者(弟のルイ)がいても女性として初めて即位することになる。2013年に王位継承法がようやく改正され、女子も男子と対等な立場で扱われるようになった。

magSR20220916afterthequeen-2-1.jpg

死去の2日前にはトラス新首相に笑顔で面会 JANE BARLOW-POOL-REUTERS

女王は新首相と面会したばかりだった。そのことと死去の関係は?

確かに女王は9月6日にリズ・トラスと面会し、彼女を正式に首相に任命した。首相任命は通常バッキンガム宮殿で行われるが、女王が「移動の問題」を抱えていたため、トラスがスコットランドの静養先に出向いた。面会時の写真を見ると、女王は立って笑顔でトラスと握手を交わしている。死去の2日前だったことを考えると驚きだ。

女王がトラスの門出を困難なものにしようと「狙った」というジョークも聞こえるが、女王の死去はむしろ96歳という年齢に関連がある可能性が高い。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

英政府と中銀、政策上の食い違いない─財務相=FT紙

ワールド

中国と安定した関係目指す、ウクライナ危機解決に貢献

ワールド

米国務長官、台湾安定の重要性強調 中国外相「危険な

ビジネス

アングル:ドイツを襲うエネルギー危機、広がる企業倒

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:ウクライナ サイバー戦争

2022年9月27日号(9/20発売)

ウクライナでのロシア大苦戦の裏に、世界が知らないもう1つの戦場があった

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王子の「反応」を捉えた動画が話題に

  • 3

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 4

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 5

    バイデン大統領が女王葬儀で「スタンド席」に座らさ…

  • 6

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 7

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 8

    見えてきたウクライナの「勝利」...ロシア撤退で起き…

  • 9

    エリザベス女王が、リリベットとの写真を断った「も…

  • 10

    カメラが捉えたプーチン「屈辱の50秒」...トルコ大統…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王子の「反応」を捉えた動画が話題に

  • 3

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガン夫人には「隠し撮り」疑惑が

  • 4

    エリザベス女王が、リリベットとの写真を断った「も…

  • 5

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン…

  • 6

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 7

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 8

    バイデン大統領が女王葬儀で「スタンド席」に座らさ…

  • 9

    カミラ夫人「いわくつき」シャネルバッグを、多くの…

  • 10

    米オクラホマの刑務所、童謡を繰り返し聞かせる「拷問…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    エリザベス女王が、リリベットとの写真を断った「もうひとつ」の理由とは?

  • 3

    ロシア人観光客、防空システムS-400の位置をうっかり漏洩 記念撮影で

  • 4

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王…

  • 5

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 6

    「プーチンの犬」メドベージェフ前大統領の転落が止…

  • 7

    【追跡写真】飛行経路で「中指を突き立てる」

  • 8

    カミラ夫人「いわくつき」シャネルバッグを、多くの…

  • 9

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 10

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年9月
  • 2022年8月
  • 2022年7月
  • 2022年6月
  • 2022年5月
  • 2022年4月