最新記事

英王室

エリザベス女王の死の間際、なぜか彼女のもとへすぐ向かわなかったヘンリーの謎

Prince Harry Mystery Over Why He Was Not With Queen in Her Final Moments

2022年9月9日(金)19時21分
ジャック・ロイストン

エリザベス女王とヘンリー王子(2019年5月) Steve Parsons/Pool via REUTERS

<女王の体調不良が伝えられた際、ヘンリー王子もウィリアム王子らとともにバルモラル城に向かうかと思われたが、なぜか別行動を選択した>

9月8日、英女王エリザベス2世が死去した。この日の朝に女王の健康状態に「懸念がある」と発表されると、チャールズ皇太子やウィリアムらは急遽、スコットランドのバルモラル城に向かったが、ヘンリー王子はなぜか他のロイヤルファミリーメンバーと同行せず、バルモラル城に到着したのは女王の死がバッキンガム宮殿によって発表された約1時間後のことだった。

■【動画】他のメンバーに遅れてバルモラル城に到着したヘンリー王子

ヘンリー王子は、妻のメーガン・マークルをロンドンに残し、単身でスコットランドに向かった。一方で兄のウィリアム王子はその時には、アンドルー王子(女王の次男)やエドワード王子(女王の三男)夫妻などの王族とともに、ロンドンの西端にあるノーソルト空軍基地から、すでに飛び立っていた。

エリザベス女王の死は、英国時間午後6時30分にメディアで公式発表されたが、その後しばらくして、暗闇の中、車で到着したヘンリー王子の姿が写真に収められている。

ヘンリー王子は当初、ウィリアム王子やアンドルー王子、エドワード王子夫妻などの王族とともに、アバディーン空港行きの飛行機に搭乗すると思われていた。さらに公式発表前の混乱した時間帯にはメーガンも同行すると思われていたが、その後、ヘンリー王子が独りで行くということが明らかになった。メーガンも後日、スコットランドに向かう予定だという。

なおウィリアム王子の妻であるケイト・ミドルトンも、自宅にとどまっていた。夫妻の3人の子供たちは、新しい学校「ランブルック・スクール」で、登校初日を迎えたところだった。

バッキンガム宮殿の声明には、次のように書かれている。「女王は本日午後、バルモラル城で安らかに息を引き取った」「国王と王妃は今晩、バルモラル城に滞在し、明日ロンドンに戻る予定だ」

ヘンリー王子は王室に対して批判的な発言をしてきたことで知られるが、一方でこうした批判には女王が含まれないことを常々明言しており、女王とは常に良好な関係にあったと強調している。2022年4月には、NBCに対して、「女王に会うことができて本当に良かった。彼女はとても元気だ。いつもユーモアたっぷりに応対してくれる」と語った。

さらに、「私たちは本当に特別な関係だ。女王と私は、ほかの人とはできないような会話をしている。だから、いつも良い思い出になる」と続けた。

女王は人々から「愛され、称賛された」

新しい国王となったチャールズ3世は、声明の中で次のように述べている。「最愛の母である女王陛下が亡くなったことは、私と私の家族全員にとって最も大きな悲しみだ」「私たちは、大切な女王、そして最愛の母の死を深く悲しんでいる。この喪失は、英国と英連邦王国、そして世界中の数え切れないほどの人々の心に深く刻まれるだろうことを私は知っている」

「喪に服し、変化を迎えるこの時期、私たち家族は、女王がこれほど広く尊敬され、深く愛されていたという事実に慰められ、支えられることになるだろう」

6日に女王から任命を受けたばかりのリズ・トラス新首相は、女王の死は「この国と世界にとって、大きな衝撃だ」と発言した。トラスはさらにエリザベス女王について、死を迎えるまで「威厳と気品」をもって女王の務めを果たし、人々から「愛され、称賛された」と述べた。
(翻訳:ガリレオ)

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

英政府と中銀、政策上の食い違いない─財務相=FT紙

ワールド

中国と安定した関係目指す、ウクライナ危機解決に貢献

ワールド

米国務長官、台湾安定の重要性強調 中国外相「危険な

ビジネス

アングル:ドイツを襲うエネルギー危機、広がる企業倒

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:ウクライナ サイバー戦争

2022年9月27日号(9/20発売)

ウクライナでのロシア大苦戦の裏に、世界が知らないもう1つの戦場があった

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王子の「反応」を捉えた動画が話題に

  • 3

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 4

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 5

    バイデン大統領が女王葬儀で「スタンド席」に座らさ…

  • 6

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 7

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 8

    見えてきたウクライナの「勝利」...ロシア撤退で起き…

  • 9

    エリザベス女王が、リリベットとの写真を断った「も…

  • 10

    カメラが捉えたプーチン「屈辱の50秒」...トルコ大統…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王子の「反応」を捉えた動画が話題に

  • 3

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガン夫人には「隠し撮り」疑惑が

  • 4

    エリザベス女王が、リリベットとの写真を断った「も…

  • 5

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン…

  • 6

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 7

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 8

    バイデン大統領が女王葬儀で「スタンド席」に座らさ…

  • 9

    カミラ夫人「いわくつき」シャネルバッグを、多くの…

  • 10

    米オクラホマの刑務所、童謡を繰り返し聞かせる「拷問…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    エリザベス女王が、リリベットとの写真を断った「もうひとつ」の理由とは?

  • 3

    ロシア人観光客、防空システムS-400の位置をうっかり漏洩 記念撮影で

  • 4

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王…

  • 5

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 6

    「プーチンの犬」メドベージェフ前大統領の転落が止…

  • 7

    【追跡写真】飛行経路で「中指を突き立てる」

  • 8

    カミラ夫人「いわくつき」シャネルバッグを、多くの…

  • 9

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 10

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年9月
  • 2022年8月
  • 2022年7月
  • 2022年6月
  • 2022年5月
  • 2022年4月