最新記事

航空機

「旅客機にキーなんてない」現役パイロットがTikTokで明かす始動手順が話題に

2022年7月20日(水)17時10分
青葉やまと(Pen Onlineより転載)

ボーイング737のエンジン始動手順公開 @almostcaptainmorgan- TikTok

<ボーイング737の副操縦士を務める女性が6月、自身のTikTokチャンネルで、飛行機の始動方法を解説し話題に......>

私たちが空港で飛行機に乗る際には、厳格な保安検査を受けることになる。飛行機自体のセキュリティも相当に高いかと思いきや、意外にも大型旅客機は施錠できるしくみがないのだという。

ボーイング737の副操縦士を務める女性が6月、自身のTikTokチャンネルを通じ、飛行機の始動方法を解説した。アメリカのシカゴに住むモーガン(@almostcaptainmorgan)と名乗る投稿者によるもので、現在までに1200万再生を超える人気動画となっている。

操作手順自体も興味深いのだが、動画の概要欄には次のように記されている。「ボーイング737のエンジンをかけるのに、キーはいらない!」 これだけだと解釈によっては、キー自体は存在するが運用上置きっぱなしになっているようにも読み取れる。そこで視聴者が「キーは存在する?」と確認したところ、モーガンは「ノー!」と明言し、キー自体の存在を否定した。

近年の大型機では、キーなしが主流に

ボーイング737に限らず、近年の大型旅客機は一般的にキーを備えていないようだ。セキュリティ上、コックピットとキャビンを隔てるドアだけは、数字入力式のキーでロックされている。だが、外部につながるドアを施錠したり、エンジン始動にキーを求めたりするしくみは存在しない。

航空ニュースサイトの「シンプル・フライング」は2021年公開の記事において、こう説明している。「パイロットたちが空港で鍵の受け渡しを行うというアイデアは有用に思えますが、そうしたことは行われません。近代的なジェット機への入室と始動に、キーはまったく必要ないのです。」

「近代的な商用ジェットにはキーが付いていません。(外部との)扉にも鍵はかかりません。非常時にはグラウンド・スタッフが立ち入る必要があり、ロックできるようだと手順が複雑になってしまうのです。」

それでも盗まれる心配はない

機体がまるごと盗難に遭うのではないかと心配になってしまうが、同サイトによるとそのような懸念はほとんどないようだ。

「セキュリティが確保された空港内での運用となることから、そのような(キーを必要とする)設計にはなっていないのです。ゲートに留め置くときはドアに印やテープを付け、侵入者があった場合に検知できるようにしておくことがありますが、ロックはかかりません。」

ただし、セスナやプライベート・ジェットなどの個人所有機になると、空港敷地外の私有地に停めておく機会が想定される。このため小型機の場合は自動車と同じく、イグニッションにキーを必要とする設計になっていることが多いようだ。

今、あなたにオススメ

関連ワード

ニュース速報

ビジネス

FRB、インフレ鈍化まで利上げ停止すべきでない=ウ

ビジネス

米国株式市場=続落、FRB積極利上げによる景気懸念

ビジネス

FRB、来年初めにかけ利上げ継続必要=ウォラー理事

ワールド

原油先物約1%上昇、OPECプラス大幅減産を引き続

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:超円安時代

2022年10月11日号(10/ 4発売)

急激に進む異次元の円安で1ドル=150円が目前 ── インフレとの同時進行から家計を守る方法は?

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    ウクライナの「投降ホットライン」がロシア兵の命綱に

  • 2

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 3

    引き抜いた歯にガスマスク......ハルキウで見つかった拷問の証拠品──ウクライナ当局

  • 4

    チョコが大好物で、食材の無駄は許さない...お抱え料…

  • 5

    再生可能エネルギーの拡大を支える揚水蓄電、日本の…

  • 6

    超大質量ブラックホールが3年以内に大規模な衝突を起…

  • 7

    韓国人がなんでもかんでも日本のせいにする理由

  • 8

    韓国軍、北朝鮮対抗で発射のミサイルがまさかの異常…

  • 9

    日本国民の「韓国への感情」の深刻さを、韓国はまっ…

  • 10

    ヒトを襲い、弱い個体をいじめる 「優等生」イルカ…

  • 1

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 2

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 3

    超大質量ブラックホールが3年以内に大規模な衝突を起こすおそれ

  • 4

    下着モデルをとっかえひっかえ...不倫騒動アダム・レ…

  • 5

    ロシア警察、反戦詩人の肛門にダンベルで暴行

  • 6

    お色気バラドルから王室へ メーガン妃「サクセス」…

  • 7

    キャメロン・ディアスが告白「プールで◯◯しちゃった」

  • 8

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復…

  • 9

    実写版『バービー』主演女優 ビジュアル完璧も、そ…

  • 10

    ロシア軍の兵舎の様子は「イカゲーム」そっくりの悲…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 3

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 4

    エリザベス女王が、リリベットとの写真を断った「も…

  • 5

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王…

  • 6

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 7

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 8

    カミラ夫人「いわくつき」シャネルバッグを、多くの…

  • 9

    ロシア警察、反戦詩人の肛門にダンベルで暴行

  • 10

    バイデン大統領が女王葬儀で「スタンド席」に座らさ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年10月
  • 2022年9月
  • 2022年8月
  • 2022年7月
  • 2022年6月
  • 2022年5月