最新記事

植物

環境ストレスを受けた植物は、アスピリンを自前で生成して、葉緑体を保護していた

2022年7月21日(木)18時15分
青葉やまと

この発見は、植物を気候変動から保護する可能性がある...... news.ucr.edu

<アスピリンが大切な葉緑体を保護し、熱波や乾燥に強くなるという......>

痛み止めの力を利用して困難な瞬間を乗り越えているのは、どうやら人間だけではないようだ。米カリフォルニア大学の研究者たちが、植物がアスピリンを合成して環境ストレスに耐えているしくみを解明した。

水不足や虫害などの環境ストレスを受けると、植物のなかで光合成を行う葉緑体が損傷するおそれがある。研究チームはストレスへの反応を調べるため、人為的に熱と強い日差しを植物に与えた。すると、こうした環境に置かれた植物は、警報となる化学物質を産生することが判明した。

警報物質が一定量貯まると、一般にアスピリンの前駆体(合成前の状態)として知られているサリチル酸が植物の内部で合成されはじめるという。サリチル酸は植物のエネルギー生成装置である葉緑体を保護する働きがある。

実験はカリフォルニア大学リバーサイド校の研究者たちが行い、結果をまとめた研究論文が科学誌『サイエンス・アドバンシス』に掲載されている。これまでにも植物がサリチル酸を産生することは判明していたが、本研究はその詳細なプロセスの解明に成功した。

日照りの植物は、人間の日焼けに似たストレスを受けている

論文の共同執筆者であるカリフォルニア大学ロサンゼルス校のジンツェン・ワン氏(植物学)は、植物のダメージを人間の日焼けに例えて説明している。私たちが晴れた日に日焼け止めを塗らずに長時間日光に当たると、日焼けが進むほか、長期的にはシミやそばかすの原因となる。

これは日光を受けることで、人間の皮膚が活性酸素を生成するためだ。活性酸素とは、酸素分子が通常よりほかの化合物と反応しやすい状態になったもので、体内の酸化を促進する要因となる物質だ。一般に酸化ストレスと呼ばれる、生体組織の損傷を引き起こす。

植物も人間と同じで、熱や強力な太陽光線、あるいは干ばつなどにさらされることで、活性酸素を生じるのだという。また、太陽光のほかに、虫害なども主要なストレス要因となるとワン氏は説明している。

Hightlight.jpg

高い光ストレスで色が変化したラボの植物 (Jin-Zheng Wang / UCR)


ストレスが高まるとサリチル酸を生成し、葉緑体の保護へ

こうしたストレスにさらされると、植物はアスピリンの前駆体であるサリチル酸を内部で合成し、保護を試みるようだ。外部からのストレスに反応する形で、まずは糖の生成を担う葉緑体と細胞質がMEcPPと呼ばれる分子を産生し、これがストレス警報として機能する。

MEcPPが一定量蓄積されるとサリチル酸の生成が誘発され、細胞内の防御機構が反応してゆくという。サリチル酸は、葉緑体を保護する働きをする。周知の通り葉緑体は、光合成を行う重要な器官だ。光を使って水と二酸化炭素を糖に変換し、植物全体に供給されるエネルギーを生み出す。

なお、厳密にはサリチル酸を反応させ加工したものがアスピリン(アセチルサリチル酸)となるため、アスピリンそのものを産生するわけではない。ただ、カリフォルニア大はリリースにおいて説明を簡易化し、「ストレスを受けた植物はどのようにアスピリンを自家生成するのか」と題して本研究を解説している。

今、あなたにオススメ

関連ワード

ニュース速報

ビジネス

鈴木財務相「財政圧迫する可能性」、市場動向注視と日

ワールド

UCLAの親パレスチナ派襲撃事件で初の逮捕者、18

ワールド

パプアニューギニアで大規模な地すべり、300人以上

ワールド

米、ウクライナに2.75億ドル追加軍事支援 「ハイ
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:スマホ・アプリ健康術
特集:スマホ・アプリ健康術
2024年5月28日号(5/21発売)

健康長寿のカギはスマホとスマートウォッチにあり。アプリで食事・運動・体調を管理する方法

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    「なぜ彼と結婚したか分かるでしょ?」...メーガン妃がのろけた「結婚の決め手」とは

  • 2

    批判浴びる「女子バスケ界の新星」を激励...ケイトリン・クラークを自身と重ねるレブロン「自分もその道を歩いた」

  • 3

    SNSで動画が大ヒットした「雨の中でバレエを踊るナイジェリアの少年」...経験した偏見と苦難、そして現在の夢

  • 4

    戦うウクライナという盾がなくなれば第三次大戦は目…

  • 5

    なぜ? 大胆なマタニティルックを次々披露するヘイリ…

  • 6

    黒海沿岸、ロシアの大規模製油所から「火柱と黒煙」.…

  • 7

    これ以上の「動員」は無理か...プーチン大統領、「現…

  • 8

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された─…

  • 9

    アウディーイウカ近郊の「地雷原」に突っ込んだロシ…

  • 10

    台湾の電車内で、男が「ナイフを振り回す」衝撃映像.…

  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    娘が「バイクで連れ去られる」動画を見て、父親は気を失った...家族が語ったハマスによる「拉致」被害

  • 3

    「隣のあの子」が「未来の王妃」へ...キャサリン妃の「ロイヤル大変貌」が話題に

  • 4

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々…

  • 5

    ウクライナ悲願のF16がロシアの最新鋭機Su57と対決す…

  • 6

    戦うウクライナという盾がなくなれば第三次大戦は目…

  • 7

    能登群発地震、発生トリガーは大雪? 米MITが解析結…

  • 8

    黒海沿岸、ロシアの大規模製油所から「火柱と黒煙」.…

  • 9

    「天国にいちばん近い島」の暗黒史──なぜニューカレ…

  • 10

    米誌映画担当、今年一番気に入った映画のシーンは『…

  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    ロシア「BUK-M1」が1発も撃てずに吹き飛ぶ瞬間...ミサイル発射寸前の「砲撃成功」動画をウクライナが公開

  • 3

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々に明らかになる落とし穴

  • 4

    新宿タワマン刺殺、和久井学容疑者に「同情」などで…

  • 5

    立ち上る火柱、転がる犠牲者、ロシアの軍用車両10両…

  • 6

    やっと撃墜できたドローンが、仲間の兵士に直撃する…

  • 7

    一瞬の閃光と爆音...ウクライナ戦闘機、ロシア軍ドロ…

  • 8

    ロシア兵がウクライナ「ATACMS」ミサイルの直撃を受…

  • 9

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃のマタニティ姿「デニム生地…

  • 10

    大阪万博でも「同じ過ち」が繰り返された...「太平洋…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中