最新記事

生命

インドで手足が4本ずつある赤ちゃんが生まれる

Baby Born With Four Arms and Four Legs in India Hailed As Divine

2022年7月11日(月)17時47分
ジェシカ・トムソン

インドでは今年、東部でも多肢症の赤ちゃんが生まれているという Vad-Len-iStock.

<地元住民はヒンズー教の「神の化身」と崇めるが、人間では極めて稀な「多肢症」とみられる>

インド北部ウッタルプラデシュ州の医療機関で7月2日、手と足が4本ずつある赤ちゃん(体重は約3000グラム)が誕生した。

英紙インディペンデントによれば、この赤ちゃんの誕生は地元で大きな話題となり、「自然の奇蹟」として受け止められている。ヒンズー教の女神ラクシュミーの生まれ変わりではとの声も上がっているという。ラクシュミーは富や幸運、権力、美、豊饒、繁栄を司るとされ、腕が4本ある姿で描かれる。

この赤ちゃんは生まれつき四肢の数が多い「多肢症」とみられる。人間ではめったにみられないが、牛やバッファロー、ニワトリやカエルなどでは発生確率が多少高くなる。

多肢症は胎児の遺伝子の異常により細胞分割や成長に問題が発生して引き起こされることが多い。また、結合双生児のうち1人がもう1人に吸収された際に、四肢の一部が残って起きるケースもある。

近親婚の多さに警鐘も

インドでは今年、東部でも多肢症の赤ちゃんが生まれている。この子は手足がそれぞれ4本あったほか、臓器の一部が体外に露出していたという。

2013年にインド人類遺伝学誌に発表された論文によれば、インドでは出産年齢の高さや産前ケアの不足(妊婦の22.8%は産前に医師の診察などを1度も受けていない)、母体の栄養状態の悪さや近親婚の多さなどが先天異常のリスク要因になっているという。ちなみに近親婚の割合は地方によっても異なり、北インドでは1〜4%なのに対し、南インドでは40〜50%にも達するという。

 20221004issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

2022年10月4日号(9月27日発売)は「安倍晋三の正しい評価」特集。「闘う政治家」への反発で国葬をめぐる国論は二分──世界では評価されるのに、なぜ国内で叩かれるのか?


今、あなたにオススメ

関連ワード

ニュース速報

ビジネス

米金利先物、11月0.75%利上げ織り込む PCE

ビジネス

英首相・財務相、財政計画発表の前倒しは行わず 予算

ワールド

プーチン大統領、ウクライナ4州併合条約に署名 予測

ビジネス

英中銀、30日に11.95億ポンドの国債買い入れ 

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:安倍晋三の正しい評価

2022年10月 4日号(9/27発売)

「闘う政治家」への反発で国葬をめぐる国論は二分 ── 世界では評価されるのに、なぜ国内で叩かれるのか?

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    ロシア警察、反戦詩人の肛門にダンベルで暴行

  • 2

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 3

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 4

    キャメロン・ディアスが告白「プールで◯◯しちゃった」

  • 5

    ロシアエリートがプーチン暗殺を計画──ウクライナ情報

  • 6

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復…

  • 7

    ロシア脱出に長蛇の車列、16キロの大渋滞が衛星写真…

  • 8

    下着モデルをとっかえひっかえ...不倫騒動アダム・レ…

  • 9

    銃創の止血にはタンポン、兵舎はまるで収容所、戦わ…

  • 10

    プーチンが部分動員したロシア兵、もうウクライナに…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 3

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 4

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王…

  • 5

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 6

    ロシア警察、反戦詩人の肛門にダンベルで暴行

  • 7

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 8

    ロシアエリートがプーチン暗殺を計画──ウクライナ情報

  • 9

    バイデン大統領が女王葬儀で「スタンド席」に座らさ…

  • 10

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 3

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 4

    エリザベス女王が、リリベットとの写真を断った「も…

  • 5

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王…

  • 6

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 7

    ロシア人観光客、防空システムS-400の位置をうっかり…

  • 8

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 9

    カミラ夫人「いわくつき」シャネルバッグを、多くの…

  • 10

    【追跡写真】飛行経路で「中指を突き立てる」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年9月
  • 2022年8月
  • 2022年7月
  • 2022年6月
  • 2022年5月
  • 2022年4月