最新記事

裁判

「ハチは魚である」と裁判所が認める 米

2022年6月14日(火)18時10分
青葉やまと

「ハチは魚か」論争は、二転三転してきたが...... GoodLifeStudi-iStock

<カリフォルニアの裁判所は、特定の条件においてハチを魚とみなすことができると判断した>

地元団体らの訴えにより、予想もつかない判決が生み出された。米カリフォルニア州の高等裁判所は5月31日、特定の条件においてハチを魚とみなすことが妥当であるとの判決を下した。判決はミツバチに似た仲間の「マルハナバチ」のうち4種について、魚類に含めることが可能だとの判断を示している。

裁判では、地元の複数の公益団体がカリフォルニア州魚類狩猟委員会に対し、同州の絶滅危惧種法が危惧種として指定しているリストに新たに4種のハチを加えるよう求めていた。問題は、焦点となっている絶滅危惧種法が、魚など水生動物を想定したものである点だ。しかし原告側は、同法の「魚」の定義の不備を突いてハチを保護対象に含める戦略をとり、勝訴した。

絶滅危惧種法は魚類を対象とすることを明記しており、その定義として、「野生の魚、軟体動物、甲殻類、無脊椎動物、両生動物、あるいはこれらの動物の一部分、稚魚、もしくは卵」と定めている。原告側は無脊椎動物が魚の定義に含まれることに着目し、無脊椎動物であるハチは同法の保護対象であるとの理論を展開していた。

高裁の判決はこの主張を支持し、同法に定義する魚類にハチが含まれると判断した。判決を受けて米CNNは、『カリフォルニアのfishyな(胡散臭い/魚臭い)判決: カリフォルニアの裁判所が特定の条件のもと、ハチは魚であると法的に認められるとの裁定を下す』と報じている。

二転三転してきた「ハチは魚か」論争

今回の裁判は控訴審であり、ことの発端は2018年に遡る。この年、食の安全センター、ゼルセス無脊椎動物保護協会、および野生生物保護者の会が共同で、カリフォルニア州魚類狩猟委員会に対し、4種のマルハナバチをカリフォルニア州絶滅危惧種法の保護対象とするよう求めた。今回の裁判と同様、無脊椎動物にハチが含まれるとの論理だ。

魚類狩猟委員会は翌年この主張に応じ、4種のハチを保護リストに加える。だが、地元の7つの農業団体が反発し、決定の破棄を求める訴訟をサクラメント郡高等裁判所に起こした。同高裁が農業団体らの主張を認め、保護は2020年になって一旦解除されている。

高等裁は当時、魚類の定義に示されている「無脊椎動物」は海洋性無脊椎動物のみを指し、保護派が主張するハチなどの昆虫は同法の対象に含まれないと判断した。さらに、カリフォルニア州魚類狩猟委員会には昆虫類を保護対象に指定する権限がないとも指摘している。

これに対して控訴裁は今回、従来の裁定を覆し、絶滅危惧種法が定義する「魚」に4種のハチを含めることが可能だとの判断を下した。判決文は、「魚という用語は日常会話および一般的解釈においては水生種を指す」と通常の解釈を確認したうえで、「議会が魚を定義した第45条の専門用語は、さほど限定的なものではない」と指摘した。少なくとも同法の解釈上、ハチを魚類の一種だと捉えることは妥当だとの判断だ。

なお、農業団体側が今回の判決を不服とする場合、カリフォルニア州最高裁に上訴する可能性が残されている。

今、あなたにオススメ

関連ワード

ニュース速報

ワールド

再送-バイデン氏、会談で「的を射た質問」 米軍トッ

ワールド

アングル:米ロが中距離兵器を再配備、中国巻き込み軍

ワールド

アングル:中国、ビザなし渡航で観光客増加 コロナ前

ワールド

ハリス氏、民主党の勝利確約 大統領選 大口献金者と
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
2024年7月16日/2024年7月23日号(7/ 9発売)

日本の報道が伝えない世界の仰天事実。世界の今が見えるニュースクイズ50

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 2
    出産間近!ヨルダン・ラジワ皇太子妃が「ロングワンピース姿」で公務へ
  • 3
    AI生成の「ネコ顔の花」に騙される人が続出!? ニセ種は少なくとも数百人の手に
  • 4
    韓国でLINEユーザーが急増した理由 日本への反発?
  • 5
    外国も驚く日本の子どもの貧困...見えていない現実を…
  • 6
    「別人...」ウィル・スミスと一緒に写るジョニー・デ…
  • 7
    トランプのコア支持層MAGAに亀裂?副大統領候補バン…
  • 8
    椅子もマンホールも爆発する中国「チャイナボカン」…
  • 9
    暗殺未遂の瞬間...トランプ前大統領が奇跡的に「死を…
  • 10
    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…
  • 1
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 2
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 3
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過ぎ」で話題に
  • 4
    トランプが銃撃を語る電話音声が流出「バイデンは親…
  • 5
    ミサイル迎撃の「劇的瞬間」と祝福の雄叫び...「普段…
  • 6
    着陸する瞬間の旅客機を襲った「後方乱気流」...突然…
  • 7
    出産間近!ヨルダン・ラジワ皇太子妃が「ロングワンピ…
  • 8
    韓国でLINEユーザーが急増した理由 日本への反発?
  • 9
    北朝鮮の「女子アナ」がショック死 「内臓がはみ出し…
  • 10
    AI生成の「ネコ顔の花」に騙される人が続出!? ニ…
  • 1
    中国を捨てる富裕層が世界一で過去最多、3位はインド、意外な2位は?
  • 2
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 3
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 4
    韓国が「佐渡の金山」の世界遺産登録に騒がない訳
  • 5
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい…
  • 6
    メーガン妃が「王妃」として描かれる...波紋を呼ぶ「…
  • 7
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過…
  • 8
    携帯契約での「読み取り義務化」は、マイナンバーカ…
  • 9
    爆破され「瓦礫」と化したロシア国内のドローン基地.…
  • 10
    「何様のつもり?」 ウクライナ選手の握手拒否にロシ…
日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中