注目のキーワード

最新記事

アメリカ

解放ムードにお祭り騒ぎ──「コロナ収束を信じたい心理」が強すぎるアメリカ

THE PRICE OF COMPLACENCY

2022年6月8日(水)16時25分
フレッド・グタール(本誌記者)

BILL CLARKーCQ ROLL CALL/GETTY IMAGES

<世界各国でコロナ犠牲者数にばらつきがあるのは、国の対策・対応力の結果である。現在、アメリカは死者数が100万人を超えたが、実は「超過死亡」は31~44%という試算がある。それにもかかわらず、「コロナは終わった」と対策費を削る大物議員らがいる>

いまアメリカは、コロナ禍からの解放ムードにあふれている。

マスクを着ける人は減り、バーは混雑し、子供たちは学校に戻った。最も規制が厳しかったニューヨーク市でさえ今ではワクチンの接種証明がなくてもレストランに入れるし、学校でのマスクの着用義務も撤廃された。大リーグの開幕戦では約5万人の観客が、(ほぼ)マスクなしで熱い声援を送った。

コロナ禍を忘れたいのは、議会も同じらしい。新型コロナウイルスの検査、ワクチン、治療に割かれた予算は尽きかけ、追加の予算はロシアのウラジーミル・プーチン大統領の良心よりも乏しい。

追加支出に反対する議員の先鋒は、共和党のミット・ロムニー上院議員。3月初めにジョー・バイデン大統領に宛てた書簡に、「われわれは超党派の歴史的法案を支持し、新型コロナウイルスの検査、ワクチンの開発と接種、治療に、前例のない巨費を投じた」と書いた。「さらなる支出が必要な理由が分からない」

ロムニーをはじめ書簡に署名した36人の議員は、追加支出を議論する前に今までコロナ対策に投じた6兆ドルの使途を明らかにせよと要求。4月に上院はようやく追加支出に合意したが、規模はバイデンが提案した額の3分の2の100億ドルだった。

米議会がぐずぐずしている間も、アメリカで100万人、世界では推計で1800万人の命を奪った可能性が指摘される新型コロナウイルスの流行は続く。欧州では規制が緩和され、さらに感染力の強いオミクロン株BA.2系統への置き換わりが進んだことで感染者数が急増した。

コロナウイルスは今後も私たちを不意打ちするのか。ワクチンや感染で獲得した免疫を擦り抜ける変異株が出現し、コロナ疲れした国を再び長い低迷期に突き落とすのか。

3月、ロシアのウクライナ侵攻がニュース番組を独占するなか、20数人の専門家から成るロックフェラー財団の委員会が、報告書「次のニューノーマルへの到達と維持のために──新型コロナ共生ロードマップ」をまとめた。ここで描かれたのが、今後1年間に予想されるシナリオだ。

報告書によれば、重症化のリスクが抑えられ、感染力が強い変異株が現れなければ、犠牲者は毎年1万5000~3万人になるとみられる。一方、免疫による防御が効かず致死性の高い変異株が登場すれば、犠牲者は大幅に増え、12カ月で10万~30万人が死亡する可能性があるという。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

焦点:中南米に左派政権次々、コロナとインフレ契機

ワールド

焦点:中国の大学新卒者、空前の就職難 ゼロコロナが

ビジネス

インフレ抑制が「最優先」、景気後退は招かず=SF連

ビジネス

IMF、米成長見通し下方修正 積極利上げ背景 景気

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:沖縄の論点

2022年6月28日号(6/21発売)

「本土復帰50年」を迎えた、オキナワの語られていない語られるべき問題

人気ランキング

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    アメリカで「転売ヤー」問題が少ない理由

  • 3

    可愛くないはずがない...それでも女王が曾孫リリベットとの対面時間を制限した訳

  • 4

    「あの」河瀬直美監督とは思えない繊細さでマイノリ…

  • 5

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 6

    冷遇されたヘンリー王子ついに「称号返上」を検討と…

  • 7

    今度の参議院選挙で審判を受けるのはむしろ「野党」

  • 8

    【映像】夫婦と愛犬、すんでのところで猛追クマから…

  • 9

    BTS「V」熱愛報道は後輩グループの「醜聞隠し」のた…

  • 10

    ヘンリー王子夫妻、娘リリベットの誕生日会に参加し…

  • 1

    冷遇されたヘンリー王子ついに「称号返上」を検討と王室記者...メーガン妃は反対か

  • 2

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は震え、姿勢を保つのに苦労

  • 3

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 4

    女性を踏み殺したゾウ、葬儀に現れ遺体を執拗に踏み…

  • 5

    治験中のがん新療法、18人全員の腫瘍が6ヶ月で消失 …

  • 6

    英ヘンリー王子夫妻、軽い扱いに「激怒」してイベン…

  • 7

    「毛深すぎる」と専門家も困惑......とんでもなくモ…

  • 8

    【動画】青唐辛子にかぶりついた少年、案の定ひどく…

  • 9

    中国に「平伏する」ハリウッドで、『トップガン』が…

  • 10

    最も明るく、最も急速に成長するブラックホール発見…

  • 1

    治験中のがん新療法、18人全員の腫瘍が6ヶ月で消失 専門医「前代未聞」

  • 2

    女性を踏み殺したゾウ、葬儀に現れ遺体を執拗に踏みつけ去る インド

  • 3

    遺体ばかりか負傷兵も置き去り──ロシア軍指揮官のプロ意識がさらに低下(米戦争研究所)

  • 4

    【映像】突進してくるゾウの赤ちゃんが「ちっとも怖…

  • 5

    英ルイ王子の「やんちゃ」ぶりで、キャサリン妃に「…

  • 6

    極超音速ミサイル「ツィルコン」はウクライナの戦況…

  • 7

    インド人初のK-POPスター誕生へ 4000人から選ばれた…

  • 8

    中国側に「寝返った」ジャッキー・チェン、「父親が…

  • 9

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 10

    英ヘンリー王子夫妻、軽い扱いに「激怒」してイベン…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年6月
  • 2022年5月
  • 2022年4月
  • 2022年3月
  • 2022年2月
  • 2022年1月