注目のキーワード

最新記事

尊厳死

イタリアで初の合法的な安楽死──44歳元トラック運転手の最期の言葉

2022年6月20日(月)16時20分
田中ゆう

「私はやっと好きなところに飛んでいけるようになった」とカルボーニさん(写真はイメージ) sittithat tangwitthayaphum-iStock

<44歳の男性は首から下が麻痺した状態だった。自立できないことで自尊心は失われ、心身ともに「大海を漂う船」のようになってしまったという>

イタリアで44歳の男性フェデリコ・カルボーニさんが医学的な自殺幇助によって6月16日(現地時間)に死亡した。同国では初めてのケースだ。

生前カルボーニさんは、尊厳死する権利を求める活動団体「ルカ・コシオーニ協会」に所属し、裁判所や保健当局を相手に裁判を起こし闘っていた。

厳密に言うと、イタリアでは誰かが自ら命を絶つのを助けることは法律違反にあたる。しかし2019年、イタリア憲法裁判所は自殺幇助について、厳しい条件をつけながら、一定の例外があり得るとの判決を下した。

最期の言葉

ドイツ国際公共放送ドイチェ・ヴェレの報道によると、カルボーニさんは、特殊な機械で致死性の薬物カクテルを自己投与した後、息を引き取った。

最期は家族や友人らが立ち会いカルボーニさんを見送ったという。

カルボーニさんは元トラック運転手で、10年前に交通事故で負った怪我のため首から下が動かなくなってしまった。

四肢麻痺のため、介護は24時間体制。常に誰かの手を借りなければ日常生活さえままならない状態を悲観した。他人への依存の上に自分があること、自立したいという願いは2度と叶わないという状況で過ごすのは、まるで「大海原を漂う船」のような状態だったという。

ルカ・コシオーニ協会は生前のカルボーニさんの言葉を伝えている。「人生に別れを告げたことを後悔していることは否定しない」「しかし、私は今、精神的にも肉体的にも限界にきています」

「今、私はやっと好きなところに飛んでいけるようになった」

長い法廷闘争

イタリアで尊厳死を認める法律が施行されたのは、2018年1月31日。「患者は医療処置を拒否することができ、医師は患者の意思を尊重しなければならない」などの内容だ。

自殺をタブー視するカトリック教徒が国民の8割を占める同国で、それもカトリックの総本山バチカンのお膝下で尊厳死の権利が認められるまでには大きな苦労があった。

世論が動いたきっかけになったのは、2017年のこと。事故で四肢麻痺なった40歳男性が、医師による自殺幇助が認められているスイスに渡航し亡くなった際に同行した人が自殺幇助の容疑で逮捕されたのだ。

これを受け、同年の11月にローマ教皇フランシスコが、治療中止は「道徳的に正当」と尊厳死を認める発言をし、尊厳死法案は可決されるに至った。

しかし、事はすんなり進まなかった。カルボーニさんの尊厳死は当初、医療当局の拒否にあい、裁判に発展した。倫理委員会から許可を得たのは2021年11月。カルボーニさんはイタリアで初めて尊厳死する法的な承認を得た人物になった。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

トヨタ、堤工場第1ライン一時停止 コロナ感染で66

ワールド

中国軍機16機、防空識別圏に侵入 中間線超え=台湾

ワールド

ロシア、ウクライナのハイマース弾薬庫破壊と発表

ワールド

ファイザーとビオンテックの変異株ワクチン、欧州当局

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:世界が称賛する日本の暮らし

2022年8月 9日/2022年8月16日号(8/ 2発売)

治安、医療、食文化、教育、住環境......。日本人が気付かない日本の魅力

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    史上最低レベルの視聴率で視聴者が反省会まで 朝ドラ「ちむどんどん」、沖縄県民が挙げた問題点とは

  • 2

    「これほど抗うつ効果が高いものは思いつかない」 世界的な著名精神科医が指摘するある『行動』とは

  • 3

    【動画】6つの刃でアルカイダ最高指導者の身体を切り裂いた「ニンジャ爆弾」

  • 4

    台湾有事を一変させうる兵器「中国版HIMARS」とは何か

  • 5

    ビルマニシキヘビの死体を担いで泳ぐワニが撮影される

  • 6

    【映像】華麗なるスライディングを披露するゴリラ

  • 7

    【動画】プーチン「影武者」説を主張する画像と動画

  • 8

    【映像】ビルマニシキヘビの死体を運ぶアメリカアリ…

  • 9

    中国でミャンマー大使が急死 過去1年で中国駐在大使…

  • 10

    【映像】接客態度に激怒、女性客が店員の顔にホット…

  • 1

    【映像】ビルマニシキヘビの死体を運ぶアメリカアリゲーター

  • 2

    【映像】接客態度に激怒、女性客が店員の顔にホットコーヒーを浴びせる

  • 3

    ビルマニシキヘビの死体を担いで泳ぐワニが撮影される

  • 4

    冬に向けて「脱ロシア化」準備中──じわじわ効果を上…

  • 5

    中国ロケット長征5号Bの残骸、フィリピン当局が回収 …

  • 6

    史上最低レベルの視聴率で視聴者が反省会まで 朝ド…

  • 7

    「これほど抗うつ効果が高いものは思いつかない」 世…

  • 8

    お釣りの渡し方に激怒、女性客が店員にコーヒーを投…

  • 9

    【動画】ノリノリでピザを投げつけるケイティ・ペリ…

  • 10

    【動画】6つの刃でアルカイダ最高指導者の身体を切り…

  • 1

    【映像】ビルマニシキヘビの死体を運ぶアメリカアリゲーター

  • 2

    【動画】黒人の子供に差別的な扱いをしたとして炎上したセサミプレイスでの動画

  • 3

    【空撮映像】シュモクザメが他のサメに襲い掛かる瞬間

  • 4

    「彼らは任務中の兵士だ」 近衛兵から大声で叱られた…

  • 5

    【映像】接客態度に激怒、女性客が店員の顔にホット…

  • 6

    【映像】視聴者までハラハラさせる危機感皆無のおば…

  • 7

    【動画】近衛兵の馬の手綱に触れ、大声で注意されて…

  • 8

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復…

  • 9

    ビルマニシキヘビの死体を担いで泳ぐワニが撮影される

  • 10

    【動画】珍しく待ちぼうけを食わされるプーチン

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年8月
  • 2022年7月
  • 2022年6月
  • 2022年5月
  • 2022年4月
  • 2022年3月