最新記事

UFO

米政府が1500ページのUFO調査資料を公開

What Pentagon UFO Report Reveals, According to Leading Expert

2022年4月7日(木)19時05分
ジェラード・カオンガ

UFO現象は日陰の存在から日の当たるれっきとした調査対象になってきた、と専門家は言う PhonlamaiPhoto-iStock.

<UFO現象が即、宇宙人の存在を示すわけではないが、米議会の関心は高まっていると専門家>

米国防総省は4月5日、UFO調査に関する1500ページを超える機密文書を公開した。

これは英タブロイド紙「サン」がアメリカの情報自由法(FOIA)に基づいて2017年、米先端航空宇宙脅威識別プログラム(AATI)Pに情報開示を求めていたものだ。

AATIPは未確認航空現象(UAP)を調査するためのプロジェクトだ。その存在は数年前から噂されていたが、昨年12月に正式に存在が明らかになった。

AATIPが公開した文書は1574ページにわたる。これを受け、UFOの専門家であるニック・ポープは米テレビ局ニューズネーションの取材に答え、UFOに関しこれまでに分かっていることは何か語った。

ポープはイギリス政府のUFO調査の責任者を務めていた人物だ。UFOとされる現象が国防上の問題となるかどうかについての判断にも関わってきた。

ニューズネーションによれば、ポープは宇宙人による誘拐やミステリーサークルといった怪現象についても調べてきたという。

ポープは、これまでに集まった情報だけではまだ、他の惑星から地球に訪問者があったことは証明できないが、宇宙人の存在について結論を出せる日は近付きつつあるという。

次世代の軍事技術の可能性も

「この3〜4年間にこの(UFO)問題は日陰から日の当たる場所へと出てきた」とポープは語った。

「レーダーで捕捉されたこれらの(UFOらしき)ものをジェット機が追跡するビデオや米海軍のビデオも複数見たし、パイロットや情報関係者からも話を聞いた。これらの現象は現在進行形で、UFOばかりとも言いきれない。パイロットたちは、実は他にも『X-ファイル』の脚本から出てきたようなものを見ているんだ」

ポープによればこうした現象の一部は次世代ステルスジェット戦闘機の技術である可能性も否定できないという。

「もちろん、政府は(UFOらしきものの目撃情報について)正体は分からないと言うだろう。なぜなら敵国に知られたくないからだ。大いにあり得る話だ」とホープは述べた。

「次世代航空技術、つまり航空機やドローンの秘密の試作機だという可能性もあるし、アメリカの技術が秘密裏にテストされているのではと言う人もいる。軍の一部が他の部門に対し、反応を見ようと仕掛けたのだというわけだ。もちろん、ロシアか中国からのIT攻撃だという見方もできる」とポープは述べた。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

アングル:米利上げ加速、新興国に新たな打撃 影響に

ワールド

日中首脳会談、現時点で何も決まっていない=国交回復

ビジネス

ECB、インフレ抑制へ成長弱まっても利上げ継続=総

ワールド

イランでデモ隊と治安部隊が衝突、「独裁者に死を」唱

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:安倍晋三の正しい評価

2022年10月 4日号(9/27発売)

「闘う政治家」への反発で国葬をめぐる国論は二分 ── 世界では評価されるのに、なぜ国内で叩かれるのか?

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 2

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 3

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 4

    「習近平」トレンド入り、自宅軟禁やクーデターの噂で

  • 5

    血管年齢が13歳も若返る!? 循環器内科医が40代半ば…

  • 6

    ロシアエリートがプーチン暗殺を計画──ウクライナ情報

  • 7

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復…

  • 8

    見えてきたウクライナの「勝利」...ロシア撤退で起き…

  • 9

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王…

  • 10

    ドイツを襲うロシアの天然ガス供給中止 広がる企業…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王子の「反応」を捉えた動画が話題に

  • 3

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 4

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 5

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 6

    バイデン大統領が女王葬儀で「スタンド席」に座らさ…

  • 7

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 8

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 9

    見えてきたウクライナの「勝利」...ロシア撤退で起き…

  • 10

    カメラが捉えたプーチン「屈辱の50秒」...トルコ大統…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    エリザベス女王が、リリベットとの写真を断った「もうひとつ」の理由とは?

  • 3

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王子の「反応」を捉えた動画が話題に

  • 4

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 5

    ロシア人観光客、防空システムS-400の位置をうっかり…

  • 6

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン…

  • 7

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 8

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 9

    カミラ夫人「いわくつき」シャネルバッグを、多くの…

  • 10

    【追跡写真】飛行経路で「中指を突き立てる」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年9月
  • 2022年8月
  • 2022年7月
  • 2022年6月
  • 2022年5月
  • 2022年4月