最新記事

ウクライナ情勢

ロシア軍の実力は「起きなかったこと」に注目すれば分かる

PUTIN’S POTEMKIN MILITARY

2022年3月14日(月)16時30分
ダニエル・グロー(欧州政策研究センター研究部長)
ロシア軍の戦車

ウクライナ北東部で破壊されたロシア軍の戦車(3月7日) IRINA RYBAKOVAーPRESS SERVICE OF THE UKRAINIAN GROUND FORCESーHANDOUTーREUTERS

<戦争に勝つには産業力と経済力が不可欠。制空権を奪えず、サイバー攻撃もできていないロシア軍の実態は「ポチョムキンの軍隊」だった>

戦争とは意志と意志の戦いだ――約2世紀前、プロセインの軍事戦略家カール・フォン・クラウゼヴィッツはそう唱えた。

ならば、祖国防衛に燃えるウクライナ人は、侵攻するロシア軍より明らかに有利な立場にあるだろう。

だが戦争に勝利するには、意志を支える軍事手段がなければならない。そのためには、産業力と経済力が不可欠だ。

ロシアの経済力と産業力はせいぜいでも中規模国家レベル。製造業生産はドイツの半分で、EU加盟国のGDP合計はロシアの10倍近い。しかも、欧米による新たな経済制裁の打撃はこれからだ。

国防費増額に消極的だったドイツは2月末、ウクライナ侵攻を受けて、今年度の防衛予算を1000億ユーロ超に引き上げると発表したが、それでもGDPに占める割合は2.5%ほどだ。

一方、ロシアの国防費はおそらくGDPの4%を上回る。

ただロシアも経済に占めるシェアこそ大きいものの、特に「大国基準」に照らせば、金額自体は控えめだ。2020年の軍事費はドイツが500億ドル強で、ロシアは推定約600億ドルだった。

こうした支出水準やロシアの統治システムにはびこる汚職を考えると、長期戦に耐えられる現代的な大規模戦闘部隊を構築しながら桁外れの核戦力を維持し、大国としての野望を世界規模で推し進めるのは不可能な偉業だ。

ロシア軍の実態は「ポチョムキンの軍隊」でしかなかったらしい。

ロシア帝国の軍人でクリミアの開発を率いたグレゴリー・ポチョムキンは、1787年にエカテリーナ2世が視察に訪れた際、偽の村落を設置して現実を隠したという。この言い伝えから、ポチョムキンの名前は「見せ掛け」と同義になった。

ポチョムキンの手抜き開発が招いたインフラ面の弱点、および不十分な物資輸送能力は約60年後のクリミア戦争でロシアの防衛力を著しく妨げた。

ウクライナに侵攻した現在のロシア軍部隊が食料・燃料不足に直面しているという報道は、当時の教訓を学ばなかったことを示唆する。

ロシア軍の資源不足の結果を理解するには、ウクライナで起きていることだけでなく、起きていないことに注目すべきだ。

ロシアは通信などの電子制御システムの破壊に失敗している。長年の通説では、ロシアの軍事攻撃には「破壊的な」サイバー攻撃が伴うはずだった。だが、この脅威は実現していない。

はるかに豊富な人材と米テクノロジー大手のノウハウに基づいたサイバー戦闘能力を持つ欧米の情報当局が、ウクライナを支援しているためだろう。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

ロ朝が包括戦略条約、有事に相互支援 プーチン氏24

ビジネス

英CPI、5月は3年ぶり2%目標回帰 基調圧力なお

ワールド

マレーシアと中国、経済協力協定更新 デジタル経済な

ワールド

イスラエル、戦争法規違反の可能性 国連が報告書
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:サウジの矜持
特集:サウジの矜持
2024年6月25日号(6/18発売)

脱石油を目指す中東の雄サウジアラビア。米中ロを手玉に取る王国が描く「次の世界」

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に

  • 2

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は「爆発と強さ」に要警戒

  • 3

    えぐれた滑走路に見る、ロシア空軍基地の被害規模...ウクライナがドローン「少なくとも70機」で集中攻撃【衛星画像】

  • 4

    800年の眠りから覚めた火山噴火のすさまじい映像──ア…

  • 5

    ルイ王子の「くねくねダンス」にシャーロット王女が…

  • 6

    この夏流行?新型コロナウイルスの変異ウイルス「FLi…

  • 7

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…

  • 8

    「多くが修理中」ロシア海軍黒海艦隊の3分の1が「戦…

  • 9

    トランプ前大統領、選挙演説での「異様な容貌」に支…

  • 10

    SF映画の世界...サウジ皇太子が構想する直線型都市は…

  • 1

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 2

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車の猛攻で、ロシア兵が装甲車から「転げ落ちる」瞬間

  • 3

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は「爆発と強さ」に要警戒

  • 4

    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に

  • 5

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名…

  • 6

    毎日1分間「体幹をしぼるだけ」で、脂肪を燃やして「…

  • 7

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「…

  • 8

    カカオに新たな可能性、血糖値の上昇を抑える「チョ…

  • 9

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…

  • 10

    えぐれた滑走路に見る、ロシア空軍基地の被害規模...…

  • 1

    ラスベガスで目撃された「宇宙人」の正体とは? 驚愕の映像が話題に

  • 2

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 3

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 4

    ウクライナ水上ドローンが、ヘリからの機銃掃射を「…

  • 5

    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…

  • 6

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 7

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は…

  • 8

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃の「マタニティ姿」が美しす…

  • 9

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思ってい…

  • 10

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中