最新記事

ワクチン

ワクチンを1日に10回接種した男 他人になりすました複雑な背景とは NZ

2021年12月20日(月)12時39分
青葉やまと

男は複数の接種会場を訪れ、他人に成りすまして1日で10回分の接種を受けていた idofranz-iStock

<他人に成りすまし、複数のワクチン会場を巡っていた男性。制度の悪用に、専門家は「信じられないほど利己的」と激怒>

ワクチン・プログラムの悪用がニュージーランドで発覚し、保健省が関係当局と共同で調査に乗り出した。免疫力を過剰に得ようとしたわけではなく、無料の接種プログラムを利用して収益を上げようとした模様だ。

男は複数の他人に成りすまして1日で10回分の接種を受け、他人分の虚偽の接種記録を作成した疑いがもたれている。複数の接種会場を訪れることで、繰り返しの接種を見抜かれないようにする念の入れようだった。

無料のワクチン接種を展開しているニュージーランドだが、国民のなかにはワクチンを実際には接種せず、接種記録のみを作りたいと考える人々が一定数存在する。男はこのようなニーズを把握し、代行で接種を受けていた模様だ。豪スカイニュースは、「ほかの人々に成り代わってワクチン接種を受けていたこの男は、接種ごとに支払いを受けていたとみられる」と報じている。

同国では11月からワクチンパスの申請が始まっており、パスをもたない人々の行動に制限がかかり始めている。ニュージーランドのジャシンダ・アーダーン首相が同月発表した新たなトラフィック・ライト・システム(交通信号システム)では、感染状況の深刻さを「レッド」「オレンジ」「グリーン」の3段階で表す。

いずれの状況においても共通して、買い物や公共交通機関の利用などは自由に行うことができる。ただし、レストランやバー、イベント、会合、ジムなどへの参加には、ワクチンパスの提示が求められることがある。こうした規制をかいくぐろうと、虚偽の接種記録への需要が発生している。

「信じられないほど利己的」

今回のような代行接種が横行すれば、接種の有無に応じてリスク管理をする枠組みが根底から揺らぎかねない。ワクチン学者のヘレン・ペトーシス=ハリス准教授はスカイニュースに対し、男の行動は「信じられないほど利己的」だと憤りをあらわにする。

ガーディアン紙は、このように代行を依頼して不正にパスを入手する動きについて、「未接種者に課せられる制限を一般大衆がくぐり抜けるための最新の試み」であると述べ、新たな手口だとして警告している。

保健省の接種プログラム責任者はニュージーランドのニュースメディア『スタッフ』の取材に応じ、「問題は認識している」「重大な問題だと捉えている」と回答した。さらに、「適切な機関と連携し対処を進めている」とも述べ、本格的な調査を実施する考えを示した。

同省は実際と異なるワクチン記録が作成された場合、当人だけでなく友人や家族たちをも危険に晒し、将来治療を受ける際に医療チームに被害を与える可能性もあると指摘している。

10倍量受けた男の体調は

接種プログラムの同責任者は、規定回数を超えてワクチンを接種した人々は「できる限り速やかに医療上のアドバイスを受けるべきである」と述べ、今回のような行動にはリスクが伴うと強調する。

オークランド大学のニッキー・ターナー教授はスタッフ誌に対し、同じ日に10回に及ぶ接種を受けた場合を想定した安全上のデータは存在しない、と説明している。起きうる副反応について臨床上の十分なデータがなく、「これは安全な行為ではなく、当人を危険に晒すものです」と述べた。

男の容体は不明だが、ワクチン学者のペトーシス=ハリス准教授は、接種翌日に重い副反応が男を襲ったのではないかと考えているようだ。ただし、長期的な影響についてはさほど心配がないとの見解も示している。過去には5回分のバイアルを誤って1度の接種で使用してしまった例がニュージーランド国外で起きているが、数日間の短期的な体調悪化に留まっている。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

トヨタ春闘、初回で回答せず 労組は最高水準賃上げ要

ワールド

インドネシア大統領選、敗北2候補が不正主張 議会に

ワールド

NY州司法長官、トランプ氏の資産差し押さえも

ワールド

バイデン氏、トランプ減税の失効検討 2期目へビジョ
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:開戦2年 ウクライナが敗れる日
特集:開戦2年 ウクライナが敗れる日
2024年2月27日号(2/20発売)

アメリカの支援が途絶えればウクライナ軍は持たない。「ロシア勝利」後の恐怖の地政学とは

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 2

    大雪で車が立ち往生しても助けなし...「不信の国」中国のあまりにお粗末な防災意識

  • 3

    夜の海に燃え上がるロシア大型揚陸艦...ウクライナ無人艇が「ツェーザリ・クニコフ」を撃沈する瞬間

  • 4

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 5

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 6

    米メディアのインタビュー中、プーチン大統領の「足…

  • 7

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話…

  • 8

    アウディーイウカ制圧「ロシアは大きな犠牲を支払っ…

  • 9

    プーチンに「行列は好きじゃない」と言うゼレンスキ…

  • 10

    24時間戦っていた電通マンが明かす「接待の実態」「…

  • 1

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話題に 外交の場での「奇妙な様子」にも注目集まる

  • 2

    ウクライナ攻勢を強めるロシアのドローン攻撃を、迎撃システム「バンパイア」が防ぐ「初の映像」が公開

  • 3

    「ノージャパン」はどこへ......韓国ソウルの街角に日本語看板が急増! その背景は?

  • 4

    毎日を幸福に過ごす7つの習慣の1つ目が「運動」であ…

  • 5

    日経平均「ほぼ史上最高」を喜べない2つの理由

  • 6

    米メディアのインタビュー中、プーチン大統領の「足…

  • 7

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 8

    「政治と関わりたくない人たち」がもたらす政治的帰結

  • 9

    情報機関が異例の口出し、閉塞感つのる中国経済

  • 10

    ゼンデイヤのスケスケなロボット衣装にネット震撼...…

  • 1

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 2

    【能登半島地震】正義ぶった自粛警察が災害救助の足を引っ張る

  • 3

    一流科学誌も大注目! 人体から未知の存在「オベリスク」が発見される

  • 4

    情報錯綜するイリューシン76墜落事件、直前に大きな…

  • 5

    ルーマニアを飛び立ったF-16戦闘機がロシア軍を空爆?

  • 6

    いよいよ来年に迫った「2025年問題」とは何か? リス…

  • 7

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話…

  • 8

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 9

    中国の原子力潜水艦が台湾海峡で「重大事故」? 乗…

  • 10

    「まだやってるの?」...問題は「ミス日本」が誰かで…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中