最新記事

ワクチン

ワクチンを1日に10回接種した男 他人になりすました複雑な背景とは NZ

2021年12月20日(月)12時39分
青葉やまと

男は複数の接種会場を訪れ、他人に成りすまして1日で10回分の接種を受けていた idofranz-iStock

<他人に成りすまし、複数のワクチン会場を巡っていた男性。制度の悪用に、専門家は「信じられないほど利己的」と激怒>

ワクチン・プログラムの悪用がニュージーランドで発覚し、保健省が関係当局と共同で調査に乗り出した。免疫力を過剰に得ようとしたわけではなく、無料の接種プログラムを利用して収益を上げようとした模様だ。

男は複数の他人に成りすまして1日で10回分の接種を受け、他人分の虚偽の接種記録を作成した疑いがもたれている。複数の接種会場を訪れることで、繰り返しの接種を見抜かれないようにする念の入れようだった。

無料のワクチン接種を展開しているニュージーランドだが、国民のなかにはワクチンを実際には接種せず、接種記録のみを作りたいと考える人々が一定数存在する。男はこのようなニーズを把握し、代行で接種を受けていた模様だ。豪スカイニュースは、「ほかの人々に成り代わってワクチン接種を受けていたこの男は、接種ごとに支払いを受けていたとみられる」と報じている。

同国では11月からワクチンパスの申請が始まっており、パスをもたない人々の行動に制限がかかり始めている。ニュージーランドのジャシンダ・アーダーン首相が同月発表した新たなトラフィック・ライト・システム(交通信号システム)では、感染状況の深刻さを「レッド」「オレンジ」「グリーン」の3段階で表す。

いずれの状況においても共通して、買い物や公共交通機関の利用などは自由に行うことができる。ただし、レストランやバー、イベント、会合、ジムなどへの参加には、ワクチンパスの提示が求められることがある。こうした規制をかいくぐろうと、虚偽の接種記録への需要が発生している。

「信じられないほど利己的」

今回のような代行接種が横行すれば、接種の有無に応じてリスク管理をする枠組みが根底から揺らぎかねない。ワクチン学者のヘレン・ペトーシス=ハリス准教授はスカイニュースに対し、男の行動は「信じられないほど利己的」だと憤りをあらわにする。

ガーディアン紙は、このように代行を依頼して不正にパスを入手する動きについて、「未接種者に課せられる制限を一般大衆がくぐり抜けるための最新の試み」であると述べ、新たな手口だとして警告している。

保健省の接種プログラム責任者はニュージーランドのニュースメディア『スタッフ』の取材に応じ、「問題は認識している」「重大な問題だと捉えている」と回答した。さらに、「適切な機関と連携し対処を進めている」とも述べ、本格的な調査を実施する考えを示した。

同省は実際と異なるワクチン記録が作成された場合、当人だけでなく友人や家族たちをも危険に晒し、将来治療を受ける際に医療チームに被害を与える可能性もあると指摘している。

10倍量受けた男の体調は

接種プログラムの同責任者は、規定回数を超えてワクチンを接種した人々は「できる限り速やかに医療上のアドバイスを受けるべきである」と述べ、今回のような行動にはリスクが伴うと強調する。

オークランド大学のニッキー・ターナー教授はスタッフ誌に対し、同じ日に10回に及ぶ接種を受けた場合を想定した安全上のデータは存在しない、と説明している。起きうる副反応について臨床上の十分なデータがなく、「これは安全な行為ではなく、当人を危険に晒すものです」と述べた。

男の容体は不明だが、ワクチン学者のペトーシス=ハリス准教授は、接種翌日に重い副反応が男を襲ったのではないかと考えているようだ。ただし、長期的な影響についてはさほど心配がないとの見解も示している。過去には5回分のバイアルを誤って1度の接種で使用してしまった例がニュージーランド国外で起きているが、数日間の短期的な体調悪化に留まっている。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

日産と仏ルノー、7日の発表見送り、交渉で合意に至ら

ワールド

G7と豪、ロシア産石油上限60ドルで合意 EUも参

ワールド

中国、北京や深センなどでコロナ規制緩和 

ワールド

EU、ロ産原油価格上限で週末にも正式合意 禁輸後の

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:台湾半導体 王国に迫るリスク

2022年12月 6日号(11/29発売)

急成長で世界経済を席巻するTSMC。中国から台湾を守る「シリコンの盾」に黄信号が?

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    「犬は飼い主に忠誠心をもつ」は間違い 研究で判明した「犬が本当に考えていること」

  • 2

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 3

    フィギュアファン歴30年の作家も驚く「羽生結弦が見せた神対応」

  • 4

    スーパーモデル、ベラ・ハディッドがヌードで登場、…

  • 5

    【英王室】3人のプリンセスたちの訪米ファッションに…

  • 6

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 7

    ロシア戦闘機が非武装イギリス機に「ミサイル発射」…

  • 8

    息子たちは「もうやめて」と懇願...それでもブリトニ…

  • 9

    W杯、ホテルは想定外のガラガラ状態 サッカーファン…

  • 10

    プーチンの「忠犬」ルカシェンコ、暗殺に怯える日々

  • 1

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...FSB内通者のメールを本誌が入手

  • 2

    W杯、ホテルは想定外のガラガラ状態 サッカーファンの足もと見たカタールにしっぺ返し

  • 3

    「犬は飼い主に忠誠心をもつ」は間違い 研究で判明した「犬が本当に考えていること」

  • 4

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 5

    「性的すぎる」広告批判は海外でも...高級ブランドが…

  • 6

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 7

    うつ病とは「心のバッテリー」が上がること...「考え…

  • 8

    カメラが捉えたプーチン「屈辱の50秒」...トルコ大統…

  • 9

    父親は「連続殺人鬼」 誰も耳を貸さなかった子供の訴…

  • 10

    「プーチンの犬」メドベージェフ前大統領の転落が止…

  • 1

    セレブたちがハロウィンに見せた本気コスプレ、誰が一番? 「見るに堪えない」「卑猥」と酷評されたのは?

  • 2

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...FSB内通者のメールを本誌が入手

  • 3

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距離感が「気持ち悪い」と話題に

  • 4

    血糖値が正常な人は12%だけ。「砂糖よりハチミツが…

  • 5

    W杯、ホテルは想定外のガラガラ状態 サッカーファン…

  • 6

    「犬は飼い主に忠誠心をもつ」は間違い 研究で判明し…

  • 7

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 8

    カメラが捉えたプーチン「屈辱の50秒」...トルコ大統…

  • 9

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン…

  • 10

    食後70分以内に散歩、筋トレ、階段の上り下り。血糖…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
羽生結弦アマチュア時代全記録
CCCメディアハウス求人情報

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年12月
  • 2022年11月
  • 2022年10月
  • 2022年9月
  • 2022年8月
  • 2022年7月