最新記事

ベラルーシ

行く手を塞がれ、戻ると殴られる──ルカシェンコの「移民兵器」にされたクルド人は動物以下の扱い

Migrants in Belarus Allegedly Beaten by Military Guards, Won't Let Them Return Home

2021年11月16日(火)20時21分
アレックス・ルーハンデ

移民を自国に誘い込み、EUに送り込んだとされるベラルーシのルカシェンコ大統領 Nikolai Petrov/BelTA/Handout via REUTERS

<甘いウソを信じてEUの近くまでやってきたが、目的地のはずのポーランドでは軍隊に入国を阻まれ、ベラルーシに戻ろうとすると警棒で殴打される。EUもベラルーシを非難し制裁を科すだけだ>

ポーランドとベラルーシの国境にまたがる「ビャウォヴィエジャの森」で立ち往生している移民たちが、ベラルーシの国境警備隊に暴力を振るわれたと訴えている。故郷に戻ろうとする移民たちの再入国を認めず、再入国を試みる者を警棒で殴打しているというのだ。

アルジャジーラの報道によれば、移民たちは、ポーランドが幅約3.2キロに満たない排除区域に「閉じ込められている」。移民たちは、ポーランドへの入国を試みたあと、ポーランド当局によってこの区域に連れ戻された。そこでベラルーシ側へ戻ろうと試みたところ、ベラルーシの当局者に殴られて妨害されたという。

「彼らはわれわれを殴った。友人は鼻を折られた。金もパスポートも、何もかもを奪った」。ユセフとだけ名乗ったシリア系移民は、アルジャジーラにそう話した。「私はシリアへ行きたいだけだ。空港へ行って、故郷へ帰りたい」

安全にEUに行けると言われて

アルジャジーラの報道によれば、ユセフを含む多数の移民や難民は、誤った情報を与えられ、ベラルーシからポーランドへ抜ければ、安全にEUに入れると信じ込まされているという。

EU、NATO、米国は、この危機はベラルーシの独裁者アレクサンドル・ルカシェンコ大統領が仕組んだものだと糾弾している。昨年の選挙で不正をして大統領の座に居座ったとみられるルカシェンコは、これに抗議する大規模デモを弾圧。それに対してEUが制裁を科したことへの報復として、多くが少数民族クルド人とみられる移民や難民をEU加盟国のポーランドに送り込んでいる、というのだと、アルジャジーラの記事は伝えている。

ベラルーシ政府は否定しているものの、ポーランド側は、ルカシェンコがロシアのウラジーミル・プーチン大統領と共謀して、この危機をつくりだしたと主張している。「ルカシェンコの攻撃の黒幕はモスクワにいる。黒幕はプーチン大統領だ」とポーランドのマテウシュ・モラウィエツキ首相は述べたとBBCは報じた。彼は、これは移民を使った「ハイブリッド攻撃」だとも言っている。

BBCによれば、欧州の当局者は、ベラルーシは自国に移民を呼び入れたのち、安全保障上の危機をつくりだす目的で、ポーランドとの国境へ送り込んだと主張している。

EUはこの危機に対し、ベラルーシにさらなる制裁を科した。バイデン政権も制裁を実行すると発表した。ジョー・バイデン米大統領は、この危機に最前線で取り組む旧東欧諸国の首脳たちと連絡を取り合っていると語った。

この間、移民たちは排除区域で立ち往生させられたままだ。生活必需品にこと欠く人もいる。ユセフによると、人々は川の水を飲み、木の実を見つけて食べている。ここの移民を治療した医師はアルジャジーラに対し、腎臓の問題、脱水症、低体温症、濡れた靴や服で歩いたことによる皮膚疾患を抱える人たちを診たと話した。

アルジャジーラの報道によれば、比較的裕福な人は、密入国斡旋業者に金を払い、排除区域から逃れている。最も貧しい人々が、西をポーランド軍に、東のベラルーシ軍に塞がれて身動きできずにいる。

「われわれが生きようが死のうが、彼らは気にしない」と、ユセフはアルジャジーラに語った。「彼らには同情の念などない」
(翻訳:ガリレオ)

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

アングル:クリスマスの晩餐へ必死の節約、東欧で跳ね

ワールド

再送中国アラブ関係「新局面」、元建て取引推進で米揺

ワールド

ウクライナ、ロシア軍の攻撃で冬季の電力不足継続

ワールド

再送-サウジのムハンマド皇太子、米ロ囚人交換を仲介

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:ラーゲリより愛を込めて

2022年12月13日号(12/ 6発売)

二宮和也主演『ラーゲリより愛を込めて』── 映画で知るシベリア抑留の歴史

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    10代の少女たちに歌わせるには「性的すぎる」 韓国ガールズグループの新曲が物議

  • 2

    ロシア動員兵の間で事故死や変死相次ぐ

  • 3

    初めて見た! プーチンの酔っぱらった姿...いつもと違う様子に「弱ささらした」の声

  • 4

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 5

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 6

    「言葉を失う」...ロシア軍の「置き土産」が雄弁に物…

  • 7

    ロシア国内で「軍用機の墜落」が続発...ロシア空軍、…

  • 8

    『ラーゲリより愛を込めて』 二宮和也演じる主人公が…

  • 9

    K-POPの頂点からの転落 元EXOクリス、性犯罪で去勢の…

  • 10

    「アメリカの傭兵」──ワグネルが名指しで命を付け狙…

  • 1

    「犬は飼い主に忠誠心をもつ」は間違い 研究で判明した「犬が本当に考えていること」

  • 2

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 3

    【英王室】3人のプリンセスたちの訪米ファッションに注目!

  • 4

    ロシア国内で「軍用機の墜落」が続発...ロシア空軍、…

  • 5

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 6

    「言葉を失う」...ロシア軍の「置き土産」が雄弁に物…

  • 7

    ロシア戦闘機が非武装イギリス機に「ミサイル発射」…

  • 8

    スーパーモデル、ベラ・ハディッドがヌードで登場、…

  • 9

    プーチンの「忠犬」ルカシェンコ、暗殺に怯える日々

  • 10

    偏差値が測定できない「ボーダーフリー大学」が象徴す…

  • 1

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...FSB内通者のメールを本誌が入手

  • 2

    血糖値が正常な人は12%だけ。「砂糖よりハチミツが健康」と思っている人が知るべき糖との付き合い方

  • 3

    「犬は飼い主に忠誠心をもつ」は間違い 研究で判明した「犬が本当に考えていること」

  • 4

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 5

    W杯、ホテルは想定外のガラガラ状態 サッカーファン…

  • 6

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 7

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 8

    食後70分以内に散歩、筋トレ、階段の上り下り。血糖…

  • 9

    見えてきたウクライナの「勝利」...ロシア撤退で起き…

  • 10

    カメラが捉えたプーチン「屈辱の50秒」...トルコ大統…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
羽生結弦アマチュア時代全記録
CCCメディアハウス求人情報
お知らせ

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年12月
  • 2022年11月
  • 2022年10月
  • 2022年9月
  • 2022年8月
  • 2022年7月