最新記事

地球温暖化

100年に1度の極端水位が今世紀末までに毎年発生するおそれ

2021年9月27日(月)17時20分
松岡由希子

極端水位の発生頻度が100倍に高まる Michael DeMocker/USA TODAY Network via REUTERS

<100年に1度くらいの低頻度で発生していた極端水位が、今世紀末までに毎年発生するようになるおそれがあることが明らかになった>

高潮や満潮、高波によって極端に水位が上昇する「極端水位(ESL)」は、沿岸域の集落や生態系に甚大な影響をもたらす。これまで100年に1度くらいの低頻度で発生していた極端水位が、地球温暖化に伴って、今世紀末までに毎年発生するようになるおそれがあることが明らかとなった。

21世紀末までに極端水位の発生頻度が100倍に高まる

米国エネルギー省(DOE)太平洋北西部国立研究所(PNNL)の研究チームは、世界7238地点を対象に、地球の気温上昇が産業革命前比1.5度〜5度となった場合の極端水位について予測。2021年8月30日、学術雑誌「ネイチャー・クライメートチェンジ」でその研究成果を発表した。

これによると、「パリ協定」が努力目標として定める産業革命前比1.5度の気温上昇でも、対象地点の約半数で、21世紀末までに極端水位の発生頻度が100倍に高まると予測。産業革命前比2度の気温上昇では、極端水位の発生頻度が100倍となる地点がさらに14%増える。また、早い地点では、2070年代に極端水位の発生頻度が100倍に上昇する可能性もある。

極端水位の海面上昇によって最も影響を受けるのは低緯度の熱帯地域だ。南半球、地中海やアラビア半島の沿岸、北米太平洋岸の南側、ハワイ、カリブ海、フィリピン、インドネシアなどで影響が懸念されている。

極端水位は今世紀末までに世界全体でより頻繁に起こる

研究チームは、一連の研究成果をふまえ、「パリ協定で定められた目標が達成されるとしても、沿岸域に洪水をもたらす極端な現象が世界の多くの地域で頻繁に起こるおそれがある」と警鐘を鳴らす。

今回の研究結果と同様、IPCC(気候変動に関する政府間パネル)の2019年のレポートでも「地球温暖化により、極端水位の事象は今世紀末までに世界全体でより頻繁に起こるようになるだろう」と言及されていた。また、英イースト・アングリア大学らの研究チームは、2021年3月に発表した研究論文において「海面上昇が沿岸域に与える影響は従来の4倍にのぼる」ことを示している。

Lands That Will FLOOD in Our Lifetime

今、あなたにオススメ

関連ワード

ニュース速報

ワールド

2022年の中国成長率は3.3%、S&Pが今年2回

ワールド

ロシア、ノルウェーに報復警告 「北極圏の集落に物資

ビジネス

NY連銀、社債市場の窮迫度示す指数を毎月公表 価格

ビジネス

仮想通貨ヘッジファンドのスリーアローズ、清算手続き

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:広がるインフレ 世界経済危機

2022年7月 5日号(6/28発売)

急激なインフレ、食糧・エネルギー不足、米バブル崩壊...... 「舵取り役」なき世界経済はどこへ

人気ランキング

  • 1

    【映像】飼い主のことが好きすぎる「寂しがり」な愛犬

  • 2

    史実はNHK大河ドラマとまったく違う ── 源頼朝が弟・義経の死に際し実際にやったこと

  • 3

    【モナコ王室】夫婦不仲説をシャルレーヌ公妃が一蹴、キスする姿も

  • 4

    【映像】ロシアの地対空ミサイル、Uターンして発射地…

  • 5

    留守のたび荒らされる寝室、隠し撮りに映ったのは「…

  • 6

    インドに移住したJKが軽妙に綴る「カースト」と「肌…

  • 7

    食料品がこんなに高い!?インフレが止まらないNYの…

  • 8

    「中の人」の視点で終わった『東京2020オリンピック …

  • 9

    逆子の自然分娩「レクチャー映像」がトラウマ級

  • 10

    極超音速ミサイル「ツィルコン」はウクライナの戦況…

  • 1

    【映像】飼い主のことが好きすぎる「寂しがり」な愛犬

  • 2

    韓国アイドル、ファンにもみくちゃにされて腕を負傷する「問題シーン」

  • 3

    【動画】「まるで地獄から来たトラック」 中国「犬肉祭」に出荷された犬たちを救出

  • 4

    ジョニー・デップ裁判は「失敗」だった──最大の間違…

  • 5

    史実はNHK大河ドラマとまったく違う ── 源頼朝が弟・…

  • 6

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復…

  • 7

    【映像】フライパン一つでワニを撃退する男性

  • 8

    沖縄の少女たちの経験は日本の若い女性に起きている…

  • 9

    【衝撃映像】小型犬がハクトウワシに連れ去られる瞬間

  • 10

    アメリカで「転売ヤー」問題が少ない理由

  • 1

    治験中のがん新療法、18人全員の腫瘍が6ヶ月で消失 専門医「前代未聞」

  • 2

    女性を踏み殺したゾウ、葬儀に現れ遺体を執拗に踏みつけ去る インド

  • 3

    遺体ばかりか負傷兵も置き去り──ロシア軍指揮官のプロ意識がさらに低下(米戦争研究所)

  • 4

    【映像】突進してくるゾウの赤ちゃんが「ちっとも怖…

  • 5

    英ルイ王子の「やんちゃ」ぶりで、キャサリン妃に「…

  • 6

    極超音速ミサイル「ツィルコン」はウクライナの戦況…

  • 7

    インド人初のK-POPスター誕生へ 4000人から選ばれた…

  • 8

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 9

    中国側に「寝返った」ジャッキー・チェン、「父親が…

  • 10

    英ヘンリー王子夫妻、軽い扱いに「激怒」してイベン…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年6月
  • 2022年5月
  • 2022年4月
  • 2022年3月
  • 2022年2月
  • 2022年1月