最新記事

英王室

ダイアナ元妃は騙され利用された? 捏造がなくとも取材を受けたと元BBC記者は反論

Fake Documents Had 'No Bearing' on Princess Diana Giving BBC Interview

2021年5月21日(金)19時01分
マリー・エレン・カナソーラ
故ダイアナ妃(1990年11月、東京)

ダイアナ元妃(1990年11月、東京) Kimimasa Mayama-REUTERS

<「この結婚には3人が関わっている」など、衝撃的な発言で世界の注目を集めた95年のインタビューをめぐる大問題が浮上>

英BBCは2021年5月20日、故ダイアナ元妃が1995年に出演したインタビュー番組に関する独立調査の結果を発表した。元妃をインタビューしたBBCニュースの記者(調査時は宗教担当編集長だったが、2021年5月中旬に退社)マーティン・バシールは、偽造した書類やウソの情報を使って、元妃にインタビューを受けるようそそのかしたという。

このインタビューで元妃は数々の爆弾発言を行って世界中から注目を浴び、王室やチャールズ皇太子との関係にも影響したとされている。AP通信によれば今回の調査により、バシールが倫理規定に反した方法を使って、元妃がインタビューに応じるよう仕向けたことが明らかになったという。

BBCは2020年11月、元最高裁判事のジョン・ダイソン卿を任命し、ダイアナ元妃に対するインタビューについて新たに独立調査を行うと発表していた。

きっかけは、ダイアナ元妃の弟であるスペンサー伯爵が、バシールは偽造文書をはじめとする不正なやり方を用いて、元妃がインタビューに応じるよう仕向けたと再び主張したことだ。バシールは2021年5月14日、新型コロナウイルスと心臓手術による合併症の治療を理由に、BBCを退社した。

偽造書類は元妃の決断に影響した?

スペンサー伯爵の主張によれば、バシールはダイアナ元妃の説得にあたって、元妃の個人秘書と別の王室職員が、元妃の監視に対する見返りとして金銭を受け取っていたという内容の銀行明細書を偽造して使ったという。

バシールはさらに王室に関するウソを捏造し、元妃に対する陰謀が企てられていると述べて、元妃を説得しようとしたと、スペンサー伯爵は主張している。

これに対してバシールは、銀行明細書の偽造は「愚かな行動だった」と認め、遺憾の意を示した。ただ、偽造した書類が元妃のインタビューに何らかの影響を及ぼしたことはないと主張。自らの行動と、「インタビューに応じるという元妃自身の決断とのあいだには何の関係もない」と述べた。

1995年に放送された報道番組「パノラマ」のインタビューは、ダイアナ元妃が「この結婚には3人の人間が関わっている」と語ったことで有名だ。

この発言は、チャールズ皇太子とカミラ・パーカー・ボウルズ(現コーンウォール公爵夫人)との関係を示唆したものだった。当時別居状態にあった皇太子との関係について赤裸々に語ったこのインタビューは、2300万人が視聴し、王室に衝撃を与えた。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

中国製EVは世界の供給に貢献、李首相が表明 夏季ダ

ビジネス

UBS、中国証券合弁会社の一部株式売却へ クレディ

ワールド

豪州の電子たばこ規制、世界初の処方箋の取得義務付け

ワールド

米学生ローン減免措置、新規手続き差し止め 2州で判
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:小池百合子の最終章
特集:小池百合子の最終章
2024年7月 2日号(6/25発売)

「大衆の敵」をつくり出し「ワンフレーズ」で局面を変える小池百合子の力の源泉と日和見政治の限界

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1
    韓国、リチウム電池工場で爆発事故 火災により22名が死亡、1人行方不明
  • 2
    ワニの襲撃で男性が腕を失う...発見者が目撃した衝撃の光景
  • 3
    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている
  • 4
    韓国観光業界が嘆く「中国人が戻ってこない」理由
  • 5
    貨物コンテナを蜂の巣のように改造した自爆ドローン…
  • 6
    登山者を悩ませる「ヒル」、実はジャンプできると判…
  • 7
    「観光客は家に帰れ!」 バルセロナ市民がオーバーツ…
  • 8
    「隣は嫌だ!」「入口に陣取る」...理想的な「管理職…
  • 9
    アン王女と「瓜二つ」レディ・ルイーズ・ウィンザーっ…
  • 10
    キャサリン妃の母親が見舞われた「ピンチ」の瞬間...…
  • 1
    「何様のつもり?」 ウクライナ選手の握手拒否にロシア人選手が大激怒 殺伐としたフェンシング大会
  • 2
    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に
  • 3
    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は「爆発と強さ」に要警戒
  • 4
    偉大すぎた「スター・ウォーズ」の看板...新ドラマ『…
  • 5
    えぐれた滑走路に見る、ロシア空軍基地の被害規模...…
  • 6
    ルイ王子の「くねくねダンス」にシャーロット王女が…
  • 7
    スカートたくし上げノリノリで披露...米大物女優、豪…
  • 8
    アン王女と「瓜二つ」レディ・ルイーズ・ウィンザーっ…
  • 9
    800年の眠りから覚めた火山噴火のすさまじい映像──ア…
  • 10
    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…
  • 1
    ラスベガスで目撃された「宇宙人」の正体とは? 驚愕の映像が話題に
  • 2
    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア
  • 3
    ウクライナ水上ドローンが、ヘリからの機銃掃射を「回避」してロシア黒海艦隊に突撃する緊迫の瞬間
  • 4
    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…
  • 5
    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…
  • 6
    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は…
  • 7
    ヨルダン・ラジワ皇太子妃の「マタニティ姿」が美しす…
  • 8
    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思ってい…
  • 9
    我先にと逃げ出す兵士たち...ブラッドレー歩兵戦闘車…
  • 10
    認知症の予防や脳の老化防止に効果的な食材は何か...…
日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中