最新記事

新型コロナウイルス

新型コロナは世界をどう変えるか 下水道もベランダも感染症で生まれた

PANDEMIC HANGOVERS

2021年4月23日(金)06時55分
レベッカ・オニオン
排水処理場

DEDMITYAY-ISTOCK

<コレラの流行によって都市部には下水道が整備され、スペイン風邪のおかげで紙食器や食品のセロハン包装が一般的になった。パンデミックは私たちの習慣や社会の在り方に大きな影響を与える>

思えば1年前のメディアには「新型コロナウイルス感染症で世界はこう変わる」といった記事があふれていた。「大学の対面型授業は終わりだ」とか、「地下鉄やバスには誰も乗らなくなる」とか。

もちろん、「新型コロナで何が変わったか」と過去形や現在完了形で問うのは時期尚早だ。

しかし大昔のペストから最近のエイズに至るまでのさまざまな疫病(とその社会・文化的な影響)の歴史をひもとけば、新型コロナが21世紀の社会に及ぼす各種の影響も、ある程度までは想像できる。

そもそも現在の住宅や都会で常識となっている特徴の多くは、19世紀に頻発した恐ろしい感染症の記憶と密接な関係がある。例えば19 世紀前半に流行したコレラ。これによって都市部には下水道が整備され、建築関連の各種規制も生まれた。

1833年にはシカゴで、川に動物の死骸を捨てることが禁じられた。当時は市内に食肉解体業者が多く、水が病気を運んでくるという俗信もあった。街路の清掃やごみ捨ての規則もできた。

病気は「汚れた空気」によって広まるという説もあったので、住宅にはベランダを付けるようになり、中庭を設けて樹木を植え、隣の家との間隔を広げるようになった。

19世紀も後半になると、細菌とそれを運ぶ動物の存在が広く知られるようになり、室内の掃除や換気をしやすい設計が工夫された。

消費者向けのさまざまな製品も登場した。その多くは、20世紀になって衛生状態が改善され、ワクチンや治療薬の発見で感染症の脅威が後退してからも生き残った。

歴史家のナンシー・トメスに言わせると、1918年に始まる「スペイン風邪」の大流行を経験した後の20年代、30年代には細菌の恐怖に便乗した商品が続々と登場した。怪しげな風邪薬や水虫薬、機械で巻いた葉巻(手巻きよりも細菌感染リスクが少ないとされた)などだ。

magSR20210423pandemichangovers-2.jpg

ILLUSTRATION BY INVINCIBLE_BULLDOG-ISTOCK

感染症に便乗した差別も

トメスは1998年の著書『細菌の福音書』で、スペイン風邪の流行期に各種の広告業界誌に発表された論考を分析。賢い広告主は流行期にこそ恐怖心をあおるような広告表現を控えたが、終息後には感染症のつらい経験を忘れるなと言い立て、ひたすら「衛生」という概念を強調するようになったと指摘する。

アメリカの消費者は感染症に対する「根源的な不安」を刷り込まれたのだった。

紙食器や食品のセロハン包装が一般的になったのも、スペイン風邪のおかげだ。

第1次大戦が始まる前のアメリカでは、使い捨ての紙製品はトイレットペーパーだけだった。しかし戦争も感染症も終わった20年代には、食品の包装紙や紙コップ、ティッシュペーパー、紙製の生理用品が一気に普及した。

【関連記事】集団免疫の難しさと、変異株より大きな脅威「免疫消失の可能性」

ニュース速報

ワールド

中国の無人探査機、火星への着陸に成功=新華社

ビジネス

セブン&アイの米コンビニ買収「違法の恐れ」、規制当

ワールド

台湾、コロナ警戒水準を引き上げ 感染者180人に急

ビジネス

アングル:米零細マスクメーカー、「在庫の山」抱え存

MAGAZINE

特集:新章の日米同盟

2021年5月18日号(5/11発売)

台頭する中国の陰で「同盟国の長」となる日本に課せられた新たな重い責務

人気ランキング

  • 1

    脱・脱日本依存? 韓国自治体が日本の半導体材料メーカー誘致に舵を切っている

  • 2

    捕獲のプロが巨大ニシキヘビに遭遇した意外な現場...「対処法知って」(オーストラリア)

  • 3

    ホテルで24時間監視、食事はカップ麺の「おもてなし」 欧州選手団がマジギレの東京五輪プレ大会

  • 4

    【動画】ゲームにあらず、降り注ぐロケット弾を正確…

  • 5

    ヘンリー王子は「洗脳されている」「王室はもう彼を…

  • 6

    9歳の少年が落雷で死亡...臓器提供で3人の命を救い、…

  • 7

    日本経済、低迷の元凶は日本人の意地悪さか 大阪大…

  • 8

    マスクはつけず手は洗いまくったイギリス人

  • 9

    メーガン妃を誕生日写真から「外した」チャールズ皇…

  • 10

    半月形の頭部を持つヘビ? 切断しても再生し、両方…

  • 1

    脱・脱日本依存? 韓国自治体が日本の半導体材料メーカー誘致に舵を切っている

  • 2

    メーガン妃を誕生日写真から「外した」チャールズ皇太子に賛否...「彼女に失礼」「ごく普通」

  • 3

    パイプライン攻撃のダークサイド、「次は標的を選ぶ」と謝罪

  • 4

    ホテルで24時間監視、食事はカップ麺の「おもてなし」…

  • 5

    日本経済、低迷の元凶は日本人の意地悪さか 大阪大…

  • 6

    捕獲のプロが巨大ニシキヘビに遭遇した意外な現場...…

  • 7

    ノーマスクの野外パーティー鎮圧 放水銃で吹き飛ば…

  • 8

    【動画】ゲームにあらず、降り注ぐロケット弾を正確…

  • 9

    金正恩が指揮者を公開処刑、銃弾90発──韓国紙報道

  • 10

    オーストラリアで囁かれ始めた対中好戦論

  • 1

    メーガン・マークル、今度は「抱っこの仕方」に総ツッコミ 「赤ちゃん大丈夫?」「あり得ない」

  • 2

    「お金が貯まらない家庭の玄関先でよく見かける」1億円貯まる人は置かない『あるもの』とは

  • 3

    オーストラリアで囁かれ始めた対中好戦論

  • 4

    脱・脱日本依存? 韓国自治体が日本の半導体材料メ…

  • 5

    親日家女性の痛ましすぎる死──「日本は安全な国だと…

  • 6

    メーガン妃を誕生日写真から「外した」チャールズ皇…

  • 7

    ヘンリー王子、イギリス帰国で心境に変化...メーガン…

  • 8

    韓国、学生は原発処理水放出に断髪で抗議、専門機関…

  • 9

    パイプライン攻撃のダークサイド、「次は標的を選ぶ…

  • 10

    ビットコインバブルは2021年ほぼ間違いなく崩壊する

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年5月
  • 2021年4月
  • 2021年3月
  • 2021年2月
  • 2021年1月
  • 2020年12月