最新記事

観光

タイの「ゴルフで隔離」プランなど......世界で試みられるコロナ対応の観光企画

2021年4月2日(金)16時00分
冠ゆき

タイ政府が企画する「ゴルフ隔離」プランに韓国人ビジネスマンが訪れる SCMP-YouTube

<新型コロナ感染症の拡大で世界中で打撃をうけている観光業。現在の状況でも、世界各地でさまざまな工夫をこらした観光プランが行われている......>

国連世界観光機関(UNWTO)によれば、新型コロナウイルス感染症拡大の影響を受けた2020年、国外への観光客は74%減少した。国際線利用者数は、前年と比べ10億人減だ。この未曾有の危機にあたり、世界各地の観光業ではそれぞれさまざまな打開策を模索している。その中から最近のものをいくつか紹介しよう。

タイ政府による「ゴルフ隔離」プラン

タイ保健省コロナ緊急対策センター(EOC)は、入国した渡航者が2週間の隔離期間をゴルフリゾートで過ごす「ゴルフ隔離」プログラムを発表している。隔離中は毎日医師の検診を受け、2週間で合計3度のPCR検査がある。ゴルフ場施設外には出ることはできないが、好きなだけゴルフを楽しめるというものだ。

ロイター通信のインタビューに答える隔離中の韓国人ビジネスマンは「ここはゴルフ天国だ」と満足げだ。2週間の費用は249万ウォン(約24万円)。ゴルフクラブのソウルでの運営責任者によれば、この「ゴルフ隔離」パッケージへの問い合わせは急増中で、2020年2月から停滞していたビジネスがようやく動き始めたと、内外の期待を集めている。EOCは、このプランに利用できる5つのゴルフ場を発表している。

Thailand's 'golf quarantine' welcomes South Korean travellers .

寄港地のないクルージング

イギリスのP&Oクルーズは、今夏6月27日から9月18日にかけて、「目的地のないクルーズ旅行」を企画している。参加資格があるのは、イギリス居住者のみで、新型コロナウイルス感染症のワクチン接種を済ませた人のみ対象となる。出発地はサウサンプトンで、出発日時によって、3泊~6泊のツアーの選択肢があるが、航行ルートははっきりと決まっていない。というのも、寄港地があるわけではなく、すべて船上だけで過ごすプランなのだ。そのツアーの日程にあわせて、晴天で快適な天候の地域を目指し、船上から海岸線や島々の美しさを眺めるという。船の上では、グルメ体験のほか、プール、ショッピング、スパなどの施設を楽しめるというツアーだ。

また、CNNによれば、ロイヤル・カリビアン社もまたワクチン接種者を対象としたクルーズ旅行を計画している。こちらは5月にイスラエル出発で、ギリシアの島々とキプロス島を目的地としている。乗客も乗組員もワクチン接種者のみとする傾向は、今後さらに他のクルーズ会社にも広がると思われる。

P&O Cruises: No vaccine, no cruise!

ニュース速報

ワールド

アングル:ミャンマー製衣料品、コロナとクーデターで

ビジネス

アングル:米金融業界、富裕層増税ならニューヨーク離

ワールド

米最高裁判事の増員検討へ、バイデン氏が大統領令で委

ワールド

中国、アリババに27.5億ドルの罰金 独禁法違反で

MAGAZINE

特集:岐路のビットコイン

2021年4月13日号(4/ 6発売)

大企業や金融大手が次々と参入を開始。膨らみ続けるバブルははじけるのか、それとも?

人気ランキング

  • 1

    緑豊かな森林が枯死する「ゴーストフォレスト」が米国で広がっている

  • 2

    「頭の切れる人」とそれほどでもない人の決定的な差 いきなり考えても決してうまくいかない理由

  • 3

    「日本のお金で人殺しをさせないで!」ミャンマー国軍支援があぶり出した「平和国家」の血の匂い

  • 4

    ハリー&メーガンは? 黒い服にタイツ...フィリップ殿…

  • 5

    今年のアカデミー賞候補はハズレなし! 一方で過去…

  • 6

    北米からシカの狂牛病=狂鹿病が、世界に広がる......

  • 7

    メーガン妃のまことしやかな被害者談に惑わされるな

  • 8

    洪水でクモ大量出現、世界で最も危険な殺人グモも:…

  • 9

    「よい誤解」だから許される? 日本の「ハーフ観」…

  • 10

    硬貨大のブラックホールが地球を破壊する

  • 1

    太平洋上空の雲で史上最低気温、マイナス111度が観測される

  • 2

    カミカゼ・ドローンで戦況は一変 米軍「最強」の座も危うい

  • 3

    硬貨大のブラックホールが地球を破壊する

  • 4

    アマゾンに慣れきった私たちに、スエズ運河の座礁事…

  • 5

    緑豊かな森林が枯死する「ゴーストフォレスト」が米…

  • 6

    観測されない「何か」が、太陽系に最も近いヒアデス…

  • 7

    北米からシカの狂牛病=狂鹿病が、世界に広がる......

  • 8

    洪水でクモ大量出現、世界で最も危険な殺人グモも:…

  • 9

    ビットコイン:規制は厳しくなる、クレジットカード…

  • 10

    こんなに動いていた! 10億年のプレートの移動が40秒…

  • 1

    太平洋上空の雲で史上最低気温、マイナス111度が観測される

  • 2

    観測されない「何か」が、太陽系に最も近いヒアデス星団を破壊した

  • 3

    国際宇宙ステーションで新種の微生物が発見される

  • 4

    「夜中に甘いものが食べたい!」 欲望に駆られたとき…

  • 5

    30代男性が急速に「オジサン化」するのはなぜ? やり…

  • 6

    EVはもうすぐ時代遅れに? 「エンジンのまま完全カー…

  • 7

    親指の爪ほどの貝がインフラを破壊する 侵略的外来…

  • 8

    孤独を好み、孤独に強い......日本人は「孤独耐性」…

  • 9

    ブッダの言葉に学ぶ「攻撃的にディスってくる相手」…

  • 10

    カミカゼ・ドローンで戦況は一変 米軍「最強」の座…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年4月
  • 2021年3月
  • 2021年2月
  • 2021年1月
  • 2020年12月
  • 2020年11月