最新記事

世界の最新医療2021

心臓発作の再発を恐れて性行為を控えると、逆に死亡率が高まる:学術研究

DON’T BE AFRAID TO HAVE SEX

2021年3月31日(水)11時47分
カシュミラ・ガンダー
セックスレス(イメージ)

WAVEBREAKMEDIA/ISTOCK

<心臓発作を経験した人でも、セックスをタブー視するのはむしろ危険との調査結果が>

心臓発作の経験がある人の場合、再び発作が起きるのではないかという不安から、セックスを控えることが多いかもしれない。しかし、2020年9月に学術誌「ヨーロピアン・ジャーナル・オブ・プリベンティブ・カーディオロジー」に発表された研究は、異なる可能性を指摘している。

論文著者らは、1992~93年にかけて初めて心臓発作を経験した495人を調査。これらの被験者たちは最初の心臓発作後と、その3~6カ月後の2度にわたって面談を受け、そこで最初の心臓発作の前後にどれくらいの頻度でセックスをしていたかを質問された。なお自慰行為など、セックス以外の性行為は調査の対象外とされた。

最初の面談を受けた時は全員が65歳未満で、平均年齢は53歳だった。また面談の22年後には、彼らのうち43%が亡くなっていた。

このインタビュー調査で分かったのは、心臓発作の後に以前と同じか、より多くのセックスをしていた人は、減らすかやめた人に比べて死亡率が低かったということだ。セックスの回数が多かった人たちは、主に癌など、心血管疾患とは関係のない疾患の罹患率が低かったためだ。

心臓発作を起こす以前に、少なくとも週1回セックスをしていた人は73%を占めたが、3~6カ月後には60%にとどまった。「心臓発作後のセックスの頻度が、以前と同じか増えた」という患者は53 %で、残りの患者は、セックスの回数を減らすか、完全にやめていた。

セックスは健康の指標

以前と同じか、より多くのセックスをしていた人は、セックスをやめるか減らした人に比べて年齢が若く、自らの健康状態を良好と認識し、鬱病のリスクが低く、また社会経済的地位が高い傾向にあった。

論文の共著者で、テルアビブ大学のヤリブ・ガーバー教授は、セックスは健康の指標であり、心臓発作後すぐにセックスを再開することは、患者が自分自身を健康で、機能的で、若く、エネルギッシュであると見なすかどうかに影響を及ぼす可能性があると指摘している。

「セックスの頻度を維持または増加させた群で延命効果が観察された理由として、それに伴う体力の向上や、配偶者との関係の強化、また、心臓発作直後のショックから数カ月以内に『立ち直る』精神的能力を備えていたことなどが考えられる」とガーバーは話す。一方、自らの健康状態に自信がない患者は、セックスを再開したり、癌検診などを受けに行ったりする傾向が低い可能性がある、とガーバーは指摘する。

関連ワード

ニュース速報

ビジネス

市場は債券購入加速の目的を理解=ECB総裁

ワールド

イラン核施設で異常発生、原子力長官は「テロ」と断定

ビジネス

ビットコイン6万ドル超え最高値に接近、発掘通貨の供

ワールド

アングル:ミャンマー製衣料品、コロナとクーデターで

MAGAZINE

特集:岐路のビットコイン

2021年4月13日号(4/ 6発売)

大企業や金融大手が次々と参入を開始。膨らみ続けるバブルははじけるのか、それとも?

人気ランキング

  • 1

    緑豊かな森林が枯死する「ゴーストフォレスト」が米国で広がっている

  • 2

    「頭の切れる人」とそれほどでもない人の決定的な差 いきなり考えても決してうまくいかない理由

  • 3

    ハリー&メーガンは? 黒い服にタイツ...フィリップ殿下の死去で適用される英王室の厳格な規定

  • 4

    「日本のお金で人殺しをさせないで!」ミャンマー国…

  • 5

    今年のアカデミー賞候補はハズレなし! 一方で過去…

  • 6

    メーガン妃のまことしやかな被害者談に惑わされるな

  • 7

    北米からシカの狂牛病=狂鹿病が、世界に広がる......

  • 8

    洪水でクモ大量出現、世界で最も危険な殺人グモも:…

  • 9

    ヘンリー王子の葬儀参列を妨げる壁 「メーガンは彼の…

  • 10

    硬貨大のブラックホールが地球を破壊する

  • 1

    太平洋上空の雲で史上最低気温、マイナス111度が観測される

  • 2

    カミカゼ・ドローンで戦況は一変 米軍「最強」の座も危うい

  • 3

    硬貨大のブラックホールが地球を破壊する

  • 4

    アマゾンに慣れきった私たちに、スエズ運河の座礁事…

  • 5

    緑豊かな森林が枯死する「ゴーストフォレスト」が米…

  • 6

    北米からシカの狂牛病=狂鹿病が、世界に広がる......

  • 7

    洪水でクモ大量出現、世界で最も危険な殺人グモも:…

  • 8

    ビットコイン:規制は厳しくなる、クレジットカード…

  • 9

    こんなに動いていた! 10億年のプレートの移動が40秒…

  • 10

    「パパ活」はドイツでは通用しない 若いだけで女子を…

  • 1

    太平洋上空の雲で史上最低気温、マイナス111度が観測される

  • 2

    観測されない「何か」が、太陽系に最も近いヒアデス星団を破壊した

  • 3

    国際宇宙ステーションで新種の微生物が発見される

  • 4

    「夜中に甘いものが食べたい!」 欲望に駆られたとき…

  • 5

    30代男性が急速に「オジサン化」するのはなぜ? やり…

  • 6

    EVはもうすぐ時代遅れに? 「エンジンのまま完全カー…

  • 7

    孤独を好み、孤独に強い......日本人は「孤独耐性」…

  • 8

    ブッダの言葉に学ぶ「攻撃的にディスってくる相手」…

  • 9

    カミカゼ・ドローンで戦況は一変 米軍「最強」の座…

  • 10

    硬貨大のブラックホールが地球を破壊する

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年4月
  • 2021年3月
  • 2021年2月
  • 2021年1月
  • 2020年12月
  • 2020年11月