最新記事

自爆テロ

復活祭前のキリスト教会で自爆テロ 自爆犯2人死亡、インドネシア

2021年3月29日(月)11時22分
大塚智彦
自爆テロの爆発の瞬間

自爆テロが発生した直後の監視カメラの映像より KOMPASTV / YouTube

<イスラム教徒が大多数を占める国で、復活祭を前にしたキリスト教会が何者かによって襲われた──>

インドネシア・スラウェシ島の最大都市マカッサル市内にあるキリスト教会で3月28日午前爆発があり、これまでに2人が死亡、約20人が負傷した。インドネシア国家警察などは爆発はテロリストによる「自爆テロ」とみて捜査を始めた。

現地からの報道によると、28日午前10時半ごろ(日本時間同11時半ころ)マカッサル市内カジャオラリド通りにあるカトリック系「カテドラル教会」の入り口付近で大きな爆発が起きた。

目撃者などの情報としてバイクに乗った2人組が教会の敷地内に入ろうとしたところ、教会の警備員に止められた直後に爆発が起きたもので、2人組による自爆テロとみられている。

自爆テロ犯2人が死亡したほか、警備員などの教会関係者やミサに参列していた信者ら約20人が負傷、市内の各病院に搬送されて手当てを受けているという。

「カテドラル教会」では28日、キリスト教の復活祭前の聖週間初日にあたる「パームサンデー」のミサがちょうど終わったところで、参列者らが教会を出ようとしていたところだったという。

国家警察本部や警察対テロ特殊部隊「デンスス88」などによると、これまでのところ自爆テロの犯行声明は出ていないというが、イスラム教系テロ組織「ジェマ・アンシャルット・ダウラ(JAD)」のメンバーによる犯行との見方を強めている。

ジョコ・ウィドド大統領らが緊急声明

自爆テロ事件を受けてジョコ・ウィドド大統領は28日、オンライン記者会見で緊急声明を発表してテロを厳しく非難するとともに「治安当局に断固とした強い措置をとるよう指示した。国民はテロに屈することなく、また平静を保つように」と呼びかけた。

さらにイスラム教組織の「インドネシア・イスラム法学者評議会(MUI)」も「今回のテロを厳しく糾弾する」という声明を明らかにしたほか、マフード政治法務治安担当調整相も「これは国民の安全、国家の統一を破壊する重大な犯罪であり断じて容認できない」とテロを批判するなど、コロナ禍の真っ最中に発生したテロ事件だけに政府は緊急対応に追われた。

過去にもキリスト教会狙ったテロ

インドネシアでは2018年5月にジャワ島東ジャワ州のスラバヤで市内にある3カ所のキリスト教会で連続自爆テロ事件が発生し15人が死亡している。この事件は中東のテロ組織「イスラム国(IS)」に共鳴するテロリストの夫妻とその子供という一家による連続自爆テロだった。

2002年10月には国際的な観光地バリ島で連続爆弾テロ事件が発生。外国人観光客を含む202人が犠牲となっている。それ以降2005年5月にスラウェシ島でキリスト教徒の市場を狙った爆弾テロで22人が死亡したほか、同年10月にはキリスト教徒の少女3人が斬首殺害され、2011年8月のイスラム教徒の断食中にスマトラ島リアウ州のキリスト教会が襲撃される事件が起きている。

さらに2018年11月にはカリマンタン島サマリンダのキリスト教会で爆弾が爆発し1人が死亡するなど、キリスト教会、キリスト教信者に対するテロ攻撃があとをたたない状況が続いている。

ニュース速報

ワールド

バイデン政権、UAEへの武器売却計画を続行 230

ビジネス

米ソーラーウインズ、ハッカー攻撃で1800万ドル以

ビジネス

機械受注、2月は予想外の8.5%減 判断「持ち直し

ワールド

イラン、ウラン濃縮60%に引き上げへ 来週にも開始

MAGAZINE

特集:日本を置き去りにする デジタル先進国

2021年4月20日号(4/13発売)

コロナを抑え込んだ中国デジタル監視の実態。台湾・韓国にも遅れた日本が今すべきこと

人気ランキング

  • 1

    青色の天然着色料が発見される

  • 2

    ビットコインが、既に失敗した「賢くない」投資である理由

  • 3

    日本だけじゃない...「デジタル後進国」のお粗末過ぎるコロナ対策

  • 4

    ギネスが認めた「世界最高齢の総務部員」 勤続65年、9…

  • 5

    米フロリダ州に座礁したクジラは新種だった

  • 6

    中国製ワクチン、輸出量は既に1億1500万回分だが....…

  • 7

    ヘビ? トカゲ? 進化の過程で四肢をなくし、再び…

  • 8

    半月形の頭部を持つヘビ? 切断しても再生し、両方…

  • 9

    テスラに見る株式市場の先見性、知っておくべき歴史…

  • 10

    韓国ソウル、マンション平均価格が9億ウォン突破 全…

  • 1

    カミカゼ・ドローンで戦況は一変 米軍「最強」の座も危うい

  • 2

    硬貨大のブラックホールが地球を破壊する

  • 3

    緑豊かな森林が枯死する「ゴーストフォレスト」が米国で広がっている

  • 4

    北米からシカの狂牛病=狂鹿病が、世界に広がる......

  • 5

    青色の天然着色料が発見される

  • 6

    洪水でクモ大量出現、世界で最も危険な殺人グモも:…

  • 7

    太平洋上空の雲で史上最低気温、マイナス111度が観測…

  • 8

    ビットコイン:規制は厳しくなる、クレジットカード…

  • 9

    あなたが仕事を始めないのは「やる気が出るのを待って…

  • 10

    「頭の切れる人」とそれほどでもない人の決定的な差 …

  • 1

    太平洋上空の雲で史上最低気温、マイナス111度が観測される

  • 2

    観測されない「何か」が、太陽系に最も近いヒアデス星団を破壊した

  • 3

    国際宇宙ステーションで新種の微生物が発見される

  • 4

    「夜中に甘いものが食べたい!」 欲望に駆られたとき…

  • 5

    30代男性が急速に「オジサン化」するのはなぜ? やり…

  • 6

    EVはもうすぐ時代遅れに? 「エンジンのまま完全カー…

  • 7

    孤独を好み、孤独に強い......日本人は「孤独耐性」…

  • 8

    ブッダの言葉に学ぶ「攻撃的にディスってくる相手」…

  • 9

    カミカゼ・ドローンで戦況は一変 米軍「最強」の座…

  • 10

    硬貨大のブラックホールが地球を破壊する

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年4月
  • 2021年3月
  • 2021年2月
  • 2021年1月
  • 2020年12月
  • 2020年11月