最新記事

ガイドライン

ワクチン接種後もマスクは必要? ディスタンスはどうなる? 米CDCガイドライン発表

2021年3月12日(金)15時30分
青葉やまと
新型コロナウイルス・ワクチン接種 

ガイドラインによると、ワクチン接種を済ませることで、離れて住む家族に会いに行くことなどが可能になる...... REUTERS/Kevin Lamarque

<ワクチン接種が進むアメリカで、米疾病予防管理センター(CDC)が接種完了後の行動指針を発表。条件付きでマスク不要となるが、残った制限には矛盾の指摘も......>

これまで分断されていた人々が、繋がりを取り戻すきっかけとなりそうだ。米疾病予防管理センター(CDC)が3月8日に公表したガイドラインによると、ワクチンの接種を済ませることにより、離れて住む家族に会いに行くこと、孫を連れた両親が祖父母宅を訪問すること、そして恋人の家を訪ねることなどが可能になる。

ガイドラインの下では、自分自身(同居の家族がいる場合はその全員も)が接種を終えている場合、別の家庭を訪問することが可能になる。訪問先ではマスク着用もディスタンシングも必要なく、例えば夕食を共にするなど、コロナ以前のようなふつうの過ごし方が可能だ。仮に訪問先に住む人々が未接種であっても、同様の行動が可能だとしている。

例外として、訪問先に糖尿病患者など感染リスクの高い人が住んでいる場合は、これまでと同様の措置が求められる。マスクとディスタンシングに加え、換気と手洗いへの留意が引き続き必要だ。

本ガイドラインは、「ワクチン接種が完了した」人々を対象としている。すなわち、ファイザーまたはモデルナ製であれば2度の接種を済ませた人々、ジョンソン・エンド・ジョンソン製ワクチンであれば1度接種した人々を意味する。どちらの場合も、最後の接種から2週間以上が経過していることが条件となる。一般家庭を対象としたガイドラインであり、医療現場に適用するものではない。

今回は「第1弾」 慎重姿勢のこす

現段階で接種を完全に終えた人々の割合は、米人口の5%ほどだ。CDCは本ガイドラインを、「公衆衛生についての推奨事項の第1弾」と位置付けている。今後接種が浸透するにつれ、段階的に規制を緩めた指針を発表するものと見られる。

そのため現状では、公共の場や3世帯以上が集まる状況での行動には制限が残る。引き続きマスクの着用とソーシャル・ディスタンシングの確保など、コロナ対策を継続するようガイドラインは注意喚起している。また、中規模以上の集会への参加も推奨されていない。レストランでの外食やジムでの運動については感染リスクが比較的低いと位置付けられているものの、CDCは依然としてマスク着用と2メートルの距離の確保を推奨している。旅行についても、引き続き避けるべきとの立場を変えていない。

CDCが引き続き警戒を求めるのは、ワクチンがコロナ感染を完全に防ぐものではないからだ。ワクチンはこと重症化の予防という面で大きな意義を持つが、感染自体を100%防ぐものではない。高い有効率を誇るファイザー製およびモデルナ製のmRNAワクチンでも、有効率は94%ないし95%程度だ。医療アナリストのリーナ・ウェン博士は米CNNに対し、「ワクチンは失敗知らずの防御策ではないということに留意してください」とコメントしている。

ロサンゼルス・タイムズは米国立アレルギー・感染症研究所所長であるアンソニー・ファウチ博士の発言を引用し、ワクチン接種後も自覚症状を伴わない感染は理論上起こり得る、と注意を促している。博士によると、感染したがワクチンが効果を発揮して発症に至らなかった、というケースは十分に起こり得る。この場合、家族や友人を感染させてしまうリスクが残ることになる。

ニュース速報

ビジネス

FRBの政策変更検討前に「数カ月のデータ」必要=ウ

ビジネス

量的緩和で所得格差は拡大も、影響見極めへ=カナダ中

ビジネス

韓国現代自、電気自動車製造で米国に投資 25年まで

ビジネス

米、医療従事者の増強へ74億ドル拠出 将来のパンデ

MAGAZINE

特集:新章の日米同盟

2021年5月18日号(5/11発売)

台頭する中国の陰で「同盟国の長」となる日本に課せられた新たな重い責務

人気ランキング

  • 1

    日本経済、低迷の元凶は日本人の意地悪さか 大阪大学などの研究で判明

  • 2

    パイプライン攻撃のダークサイド、「次は標的を選ぶ」と謝罪

  • 3

    金正恩が指揮者を公開処刑、銃弾90発──韓国紙報道

  • 4

    【動画】ゲームにあらず、降り注ぐロケット弾を正確…

  • 5

    インドのコロナ地獄を招いた張本人モディの、償われ…

  • 6

    インドで新型コロナ患者が、真菌感染症(ムコール症…

  • 7

    孤独を好み、孤独に強い......日本人は「孤独耐性」…

  • 8

    バブルを生きた元証券ウーマンが振り返る日経平均の3…

  • 9

    横溝正史、江戸川乱歩...... 日本の本格推理小説、英…

  • 10

    天才実業家イーロン・マスクの奇想天外な恋

  • 1

    オーストラリアで囁かれ始めた対中好戦論

  • 2

    メーガン妃を誕生日写真から「外した」チャールズ皇太子に賛否...「彼女に失礼」「ごく普通」

  • 3

    かわいい赤ちゃんの「怖すぎる」声に、両親もスタジオも爆笑

  • 4

    パイプライン攻撃のダークサイド、「次は標的を選ぶ…

  • 5

    日本経済、低迷の元凶は日本人の意地悪さか 大阪大…

  • 6

    ノーマスクの野外パーティー鎮圧 放水銃で吹き飛ば…

  • 7

    プロポーズを断っただけなのに...あまりに理不尽に殺…

  • 8

    金正恩が指揮者を公開処刑、銃弾90発──韓国紙報道

  • 9

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 10

    話題の脂肪燃焼トレーニング「HIIT(ヒット)」は、心…

  • 1

    メーガン・マークル、今度は「抱っこの仕方」に総ツッコミ 「赤ちゃん大丈夫?」「あり得ない」

  • 2

    「お金が貯まらない家庭の玄関先でよく見かける」1億円貯まる人は置かない『あるもの』とは

  • 3

    オーストラリアで囁かれ始めた対中好戦論

  • 4

    親日家女性の痛ましすぎる死──「日本は安全な国だと…

  • 5

    メーガン妃を誕生日写真から「外した」チャールズ皇…

  • 6

    ヘンリー王子、イギリス帰国で心境に変化...メーガン…

  • 7

    韓国、学生は原発処理水放出に断髪で抗議、専門機関…

  • 8

    ビットコインバブルは2021年ほぼ間違いなく崩壊する

  • 9

    知らない女が毎日家にやってくる──「介護される側」…

  • 10

    脳の2割を失い女王に昇格 インドクワガタアリの驚く…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年5月
  • 2021年4月
  • 2021年3月
  • 2021年2月
  • 2021年1月
  • 2020年12月