最新記事

新型コロナウイルス

カリフォルニア州で急速に広がる変異株、重症化率が高い可能性も

What We Know About California COVID Variant

2021年2月25日(木)16時30分
アリストス・ジョージャウ

ワクチン接種で感染拡大を抑える間にも変異株が続々と出現(写真は2月10日、カリフォルニア周ロサンゼルスのホームレスシェルターででワクチン接種を受ける職員) Lucy Nicholson-REUTERS

<感染率と重症化率の高さから「要警戒」だと研究チームが警告>

カリフォルニア州で見つかった新型コロナウイルスの新たな変異株は、既に州内の一部地域に定着しつつある。どんな特徴を持つのか。

新たに特定された変異株はB.1.427とB.1.429。わずかな違いはあるものの、いずれも同じような一連の遺伝子変異を持つ。その中には、ウイルスの表面にある突起状のスパイク・タンパク質の形成に関わる3個の遺伝子も含まれる。

スパイク・タンパク質はウイルスがヒトの細胞と結合し、細胞内に侵入するのを助ける。B.1.427とB.1.429が持つ遺伝子変異の1つ、L452Rはスパイク・タンパク質の細胞への結合力を高め、ウイルスの感染力を高めるとみられる。

この2つの変異株は、カリフォルニア大学サンフランシスコ校(UCSF)の研究チームが2020年12月に特定した。出現したのは2020年の春の終わりから夏にかけてと推測されている。今では少なくとも全米の45州と世界の数カ国で見つかっているが、広く定着しているのはカリフォルニア州だけだ。

UCSFチームが州内での変異株の広がりを報告した論文は、査読前の段階でオンラインジャーナルに掲載され、ニューヨーク・タイムズや科学誌サイエンスなど主要メディアがその内容を伝えている。

中和抗体に抵抗性

UCSFチームは2020年9月1日から2021年1月29日までにカリフォルニア州の44の郡で患者から採取した2172の検体を分析。入手した検体に占める変異株の割合は調査期間中に0%から50%に跳ね上がったと報告した。

今では変異株の感染者が18日ごとに倍増するペースで増えていると、チームはニューヨーク・タイムズに語っている。

変異株は感染力が強いばかりか、重症化率も高いことを示すデータも提出されているが、はっきりした結論を出すにはさらに調査を行う必要がある。

「この変異株には警戒を要する。私たちのデータでは、感染性が高く、重篤な症状との関連がより強く疑われ、少なくとも部分的には(ウイルスの細胞侵入を阻害する)中和抗体に抵抗性を持つ可能性があるからだ」と、論文の上級執筆者で感染症専門医であるUCSFのチャールズ・チウはサイエンスに語っている。

チームは論文で「B.1.427とB.1.429を要警戒・変異株に指定し、その広がりを監視すべきだ」と警告している。

ニュース速報

ビジネス

日銀、今年度成長率見通し引き上げの公算 政策は維持

ビジネス

焦点:GM快走、巻き返すトヨタ 中国EV戦争が本格

ワールド

ASEAN、24日首脳会議でミャンマー情勢協議 一

ワールド

インド、コロナ死者が過去最多 多くの地域で都市封鎖

MAGAZINE

特集:歴史に学ぶ 感染症の終わり方

2021年4月27日号(4/20発売)

ペストやスペイン風邪など人類が過去に直面した疫病はどのような経過を経て収束したのか

人気ランキング

  • 1

    「お金が貯まらない家庭の玄関先でよく見かける」1億円貯まる人は置かない『あるもの』とは

  • 2

    ビットコインバブルは2021年ほぼ間違いなく崩壊する

  • 3

    脳の2割を失い女王に昇格 インドクワガタアリの驚くべき生態明らかに

  • 4

    史上初、ヒトとサルのハイブリッドの初期胚を培養 …

  • 5

    ビットコインが定着するか崩壊するか、運命が決まる…

  • 6

    誤って1日に2度ワクチンを打たれた男性が危篤状態に

  • 7

    菅首相が「国際公約」にしてしまった東京五輪の現実…

  • 8

    ワクチン接種後はマスクなしでOK?──米CDCが指針を発表

  • 9

    イバンカ・トランプ、3カ月間の「沈黙」を破るツイー…

  • 10

    ビットコインが、既に失敗した「賢くない」投資であ…

  • 1

    「お金が貯まらない家庭の玄関先でよく見かける」1億円貯まる人は置かない『あるもの』とは

  • 2

    ビットコインバブルは2021年ほぼ間違いなく崩壊する

  • 3

    青色の天然着色料が発見される

  • 4

    脳の2割を失い女王に昇格 インドクワガタアリの驚く…

  • 5

    ビットコインが定着するか崩壊するか、運命が決まる…

  • 6

    ミャンマー市民が頼るのは、迫害してきたはずの少数…

  • 7

    世界の銃の半分を所有するアメリカ人、お気に入りの…

  • 8

    ビットコインが、既に失敗した「賢くない」投資であ…

  • 9

    日本だけじゃない...「デジタル後進国」のお粗末過ぎ…

  • 10

    女子中学生がバスの扉に足を挟まれ、30秒間も道路を…

  • 1

    太平洋上空の雲で史上最低気温、マイナス111度が観測される

  • 2

    「お金が貯まらない家庭の玄関先でよく見かける」1億円貯まる人は置かない『あるもの』とは

  • 3

    観測されない「何か」が、太陽系に最も近いヒアデス星団を破壊した

  • 4

    「夜中に甘いものが食べたい!」 欲望に駆られたとき…

  • 5

    EVはもうすぐ時代遅れに? 「エンジンのまま完全カー…

  • 6

    30代男性が急速に「オジサン化」するのはなぜ? やり…

  • 7

    孤独を好み、孤独に強い......日本人は「孤独耐性」…

  • 8

    ブッダの言葉に学ぶ「攻撃的にディスってくる相手」…

  • 9

    カミカゼ・ドローンで戦況は一変 米軍「最強」の座…

  • 10

    硬貨大のブラックホールが地球を破壊する

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年4月
  • 2021年3月
  • 2021年2月
  • 2021年1月
  • 2020年12月
  • 2020年11月