最新記事

変異種

英変異ウイルスに感染した場合の症状の特徴は(英統計局)

Most Common U.K. COVID Variant Symptoms Revealed in Survey

2021年1月28日(木)14時23分
アリストス・ジョージャウ

クリケット場に急遽設けられたワクチンセンターに並ぶ人々(1月22日、ロンドン) REUTERS/John Sibley

<咳や倦怠感などの典型的な症状がより出やすい一方で、味覚や嗅覚の異常はより少ないようだとの調査結果を発表>

英国家統計局(ONS)は、イギリスで確認された新型コロナウイルス変異種「B.1.1.7」についての調査結果を発表。それによると、同変異種に感染した人は、同ウイルスのそのほかの種の感染者よりも咳や倦怠感、筋肉痛や喉の痛みといった症状が出やすく、一方で味覚や嗅覚の異常を訴える傾向はやや弱いということだ。

B.1.1.7変異種は2020年9月に英南東部で初めて確認された後、年末に向けて同国内に拡大。現在は世界の複数の国と、アメリカの20以上の州でも確認されている。

この変異種は、従来型のウイルスに比べて感染力が約50~70%高いとされている。また最近明らかになった複数の証拠から、ほかの型に比べて感染者の死亡率がより高い可能性が示唆されている(とはいえ、この仮説を裏付ける十分なデータはまだない)。

英国家統計局の調査は、イングランドで2020年11月15日から2021年1月16日にかけて、検査で陽性反応が出た感染者の中から、無作為に選んだ6000人を対象に実施された。研究者たちは感染者に、検査を受ける前の7日間になんらかの症状があったかどうか、および直近の7日間にCOVID-19(新型コロナウイルス感染症)と共通する症状があったかどうかを尋ねた。

胃腸症状や頭痛については差がなかった

調査では、症状を以下のグループに分類した。

1.なんらかの症状:具体的な症状は挙げていないが、感染者がCOVID-19と共通する症状を含むなんらかの症状を訴えた

2.典型的な症状:咳、発熱、息切れ、味覚や嗅覚の異常

3.胃腸症状:腹痛、吐き気、嘔吐や下痢

4.味覚または嗅覚の異常のみ

その結果、変異種の感染者とそれ以外の感染者の最も大きな違いとして、変異種の感染者の方が咳やのどの痛み、倦怠感や筋肉痛を訴える傾向が強いことが分かった。

研究者たちは報告書に、「イギリスで確認された変異種に感染した人は、COVID-19(新型コロナウイルス感染症)でみられる典型的な症状をはじめ、なんらかの症状を訴える傾向がより強かった」と書いている。一方で味覚や嗅覚の異常を訴えるケースはより少なく、胃腸症状や息切れ、頭痛を訴える感染者の割合については、従来型ウイルスの感染者との差を示す証拠はなかったという。

変異種に感染した人のうち35%が咳の症状、32%が倦怠感、25%が筋肉痛などの痛み、21.8%がのどの痛みを報告した。

これに対して、そのほかの型に感染した人では28%が咳の症状、29%が倦怠感、21%が筋肉痛などの痛み、19%がのどの痛みを報告した。

また変異種の感染者のうち16%が味覚障害、15%が嗅覚障害を経験したと報告。これはほかの型の感染者(18%が味覚および嗅覚の異常を報告)よりもやや少ない割合だった。

ニュース速報

ワールド

イラン外相、核施設の異常事態でイスラエルへの報復を

ワールド

新型コロナ「終息に程遠い」、混乱招く対策が感染の引

ビジネス

IMF、今夏のSDR配分目指す 中所得国支援=筆頭

ワールド

バイデン氏、サイバー・移民問題への対策強化 要職に

MAGAZINE

特集:日本を置き去りにする デジタル先進国

2021年4月20日号(4/13発売)

コロナを抑え込んだ中国デジタル監視の実態。台湾・韓国にも遅れた日本が今すべきこと

人気ランキング

  • 1

    「日本人なら中国人の3分の1で使える」 クールジャパンどころではないアニメ業界、中国が才能ある人材爆買い

  • 2

    「頭の切れる人」とそれほどでもない人の決定的な差 いきなり考えても決してうまくいかない理由

  • 3

    ロケット砲で80人以上が死亡、200人以上が行方不明か 内戦の危機迫るミャンマー情勢

  • 4

    緑豊かな森林が枯死する「ゴーストフォレスト」が米…

  • 5

    ハリー&メーガンは? 黒い服にタイツ...フィリップ殿…

  • 6

    ミャンマーの衣料品業界、クーデターとコロナで崩壊…

  • 7

    ヘンリー王子の葬儀参列を妨げる壁 「メーガンは彼の…

  • 8

    中国製ワクチン、輸出量は既に1億1500万回分だが....…

  • 9

    【ミャンマー現地ルポ】デモ取締りの警察官に警棒で…

  • 10

    硬貨大のブラックホールが地球を破壊する

  • 1

    太平洋上空の雲で史上最低気温、マイナス111度が観測される

  • 2

    カミカゼ・ドローンで戦況は一変 米軍「最強」の座も危うい

  • 3

    硬貨大のブラックホールが地球を破壊する

  • 4

    アマゾンに慣れきった私たちに、スエズ運河の座礁事…

  • 5

    緑豊かな森林が枯死する「ゴーストフォレスト」が米…

  • 6

    北米からシカの狂牛病=狂鹿病が、世界に広がる......

  • 7

    洪水でクモ大量出現、世界で最も危険な殺人グモも:…

  • 8

    ビットコイン:規制は厳しくなる、クレジットカード…

  • 9

    「パパ活」はドイツでは通用しない 若いだけで女子を…

  • 10

    あなたが仕事を始めないのは「やる気が出るのを待って…

  • 1

    太平洋上空の雲で史上最低気温、マイナス111度が観測される

  • 2

    観測されない「何か」が、太陽系に最も近いヒアデス星団を破壊した

  • 3

    国際宇宙ステーションで新種の微生物が発見される

  • 4

    「夜中に甘いものが食べたい!」 欲望に駆られたとき…

  • 5

    30代男性が急速に「オジサン化」するのはなぜ? やり…

  • 6

    EVはもうすぐ時代遅れに? 「エンジンのまま完全カー…

  • 7

    孤独を好み、孤独に強い......日本人は「孤独耐性」…

  • 8

    ブッダの言葉に学ぶ「攻撃的にディスってくる相手」…

  • 9

    カミカゼ・ドローンで戦況は一変 米軍「最強」の座…

  • 10

    硬貨大のブラックホールが地球を破壊する

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年4月
  • 2021年3月
  • 2021年2月
  • 2021年1月
  • 2020年12月
  • 2020年11月