最新記事

感染症対策

スイス、変異種めぐり英国人スキー客に自己隔離要請 混乱したドタバタ劇

2021年1月5日(火)19時30分
岩澤里美(スイス在住ジャーナリスト)

また、ひやひやしながら逃げた家族もいる。3人の10代の子ども連れの家族は、12月20日にイギリスを発ち、スイスに着いて間もなくして自己隔離の知らせを受けた。いったんは仕方がないと食料を買い込んで隔離を始めたもののどう考えても無理だと感じ、25日にホテルを発つことにした。警察が取り締まっていたが、ホテルのスタッフに頼んで駅まで連れて行ってもらったという。家族全員でマスクをし、イギリス人だと悟られないようひと言も話さなかった。父親はスキーには目がないとはいえ罰金を請求されたらと思うと怖く、しばらくスイス旅行はしないそうだ(スイスの大衆紙ブリック)。

残って自己隔離したイギリス人も

一方、しっかり10日間自己隔離した人もいる。20代のイギリス人男性は、滞在していたベルビエのホテルから自己隔離の知らせを受け、28日までのホテルでの隔離に従った。男性は、再び都市封鎖を実施したロンドンを離れてひと休みしようと、現在も2度目の都市封鎖をしていないスイスに初めてスキー休暇に来た。

旅程が変わるリスクがあるのは承知していた。イギリスに予定より早く帰国することになるか、もしくはスイスにいることを強いられて、でもスキーはできると考えていたという。国籍を理由に自己隔離させられるとは思ってもいなかったそうだ。父親にはリスクを冒した結果だと言われ、もちろんその通りだと思うし、変異種に関するスイスの対策は当然だとは思いつつ、不公平感はあると話した。滞在延長の費用は自腹となった。

措置が差別的だったと感じた人はほかにもいる。観光キャンペーンでスイス旅行を勧められたというイギリス人グループは、ツェルマットの5つ星ホテルに泊まり、スキーを数日楽しんだときにSMSで知らせを受け、自己隔離となった。せっかくの休暇を台無しにされたうえ、隔離が終わってチェックアウトしたときにまだ部屋にいるようにとレセプションのスタッフに怒鳴られ、侮辱されたと感じたそうだ(前出ブリック)。

イギリス人は、ベルビエを含むヴァレー州のスキーリゾート地にとっては嬉しいお得意様だ。セカンドハウスをもっていたり、数カ月アパートを借りる人もいる。子どもを連れてきて、滞在中インターナショナルスクールに通わせる人もいるという。日刊紙ターゲス・アンツァイガーは、12月の初め、ベルビエには11月からすでにフランス人とイギリス人観光客が目立っていたと報じていた。

観光地としてはやはり客を迎え入れたいが、感染予防措置がいつ強化されるかは予想できない。まだしばらくは、日本のGo To トラベル事業のように、何かあったら混乱を招くのは避けられないだろう。


s-iwasawa01.jpg[執筆者]
岩澤里美
スイス在住ジャーナリスト。上智大学で修士号取得(教育学)後、教育・心理系雑誌の編集に携わる。イギリスの大学院博士課程留学を経て2001年よりチューリヒ(ドイツ語圏)へ。共同通信の通信員として従事したのち、フリーランスで執筆を開始。スイスを中心にヨーロッパ各地での取材も続けている。得意分野は社会現象、ユニークな新ビジネス、文化で、執筆多数。数々のニュース系サイトほか、JAL国際線ファーストクラス機内誌『AGORA』、季刊『環境ビジネス』など雑誌にも寄稿。東京都認定のNPO 法人「在外ジャーナリスト協会(Global Press)」監事として、世界に住む日本人フリーランスジャーナリスト・ライターを支援している。www.satomi-iwasawa.com

ニュース速報

ワールド

焦点:中国全人代で審議の選挙制度改革、香港に新たな

ワールド

米軍などが駐留するイラクの空軍基地に複数のロケット

ビジネス

リオ・ティント、トンプソン会長らが辞任へ 豪遺跡破

ビジネス

午後3時のドルは106円後半、半年ぶり高値圏で底堅

MAGAZINE

特集:人民元研究

2021年3月 9日号(3/ 2発売)

一足先にデジタル化する「RMB」の実力 中国の通貨は本当に米ドルを駆逐するのか

人気ランキング

  • 1

    ミャンマー国軍が「利益に反する」クーデターを起こした本当の理由

  • 2

    無数の星? いいえ、白い点はすべて超大質量ブラックホール 星図が作成される

  • 3

    リコール不正署名問題──立証された「ネット右翼2%説」

  • 4

    北極の氷が溶け、海流循環システムが停止するおそれ…

  • 5

    人民元は2021年中に基軸通貨になるのか?

  • 6

    バイデン政権のシリア爆撃が、ロシア、シリア政府、…

  • 7

    秘蔵っ子辞任「縁故主義」のブーメランが菅政権に突…

  • 8

    聞こえてきた英連合王国分裂の足音

  • 9

    部下が適応障害? 親身に相談に乗り、仕事を減らし…

  • 10

    「庶民派」菅首相を突き刺した、家族スキャンダルの…

  • 1

    屋外トイレに座った女性、「下から」尻を襲われる。犯人はクマ!──アラスカ

  • 2

    バブルは弾けた

  • 3

    がら空きのコロナ予防接種センター、貴重なワクチンは余って山積み──イギリスに負けたEUの失敗

  • 4

    ミャンマー国軍が「利益に反する」クーデターを起こ…

  • 5

    弁護士の平均年収は4割減 過去十年で年収が上がった…

  • 6

    トランプにうんざりの共和党員が大量離党 右傾化に…

  • 7

    リコール不正署名問題──立証された「ネット右翼2%説」

  • 8

    あらゆる動物の急所食いちぎり去勢も? 地上最凶の…

  • 9

    無数の星? いいえ、白い点はすべて超大質量ブラッ…

  • 10

    トルコ宗務庁がトルコの有名なお土産「ナザール・ボ…

  • 1

    フィット感で人気の「ウレタンマスク」本当のヤバさ ウイルス専門家の徹底検証で新事実

  • 2

    ロシアの工場跡をうろつく青く変色した犬の群れ

  • 3

    屋外トイレに座った女性、「下から」尻を襲われる。犯人はクマ!──アラスカ

  • 4

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 5

    韓国メディアが連日報道、米日豪印「クアッド」に英…

  • 6

    バブルは弾けた

  • 7

    中国はアメリカを抜く経済大国にはなれない

  • 8

    全身が泥で覆われた古代エジプト時代のミイラが初め…

  • 9

    現役医師が断言、日本の「ゆるいコロナ対策」が多くの…

  • 10

    こんなに動いていた! 10億年のプレートの移動が40秒…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2021年3月
  • 2021年2月
  • 2021年1月
  • 2020年12月
  • 2020年11月
  • 2020年10月