最新記事

米大統領選

1月20日、トランプは「自分の大統領就任式」に出る?

More Than 60,000 Trump Supporters Plan To Attend Virtual 'Second Inauguration'

2020年12月23日(水)17時05分
マシュー・インペリ

敗北を認めていないトランプはバイデンの就任式をパスする? Jonathan Ernst-REUTERS

<ネット上ではトランプ支持者がトランプの「2度目の就任式」を呼び掛け、すでに6万人が参加を表明している>

ドナルド・トランプ大統領支持者が、来年の1月20日にトランプの「大統領就任式」を企画している。そして、同日に行われるジョー・バイデン次期大統領の就任式のかわりに、このイベントに出席するよう呼び掛けている。

「ドナルド・J・トランプ2度目の就任式」と称するフェイスブックのオンラインイベントには、32万7000件を超える回答があり、うち6万人が参加を予定している。説明書きによると、同イベントはトランプを支持する私人が集まった草の根運動で、公的な組織とはいっさい関係ないと注意書きがある。英インディペンデント紙によれば、このイベントを企画したイリル・チャミとエヴィ・コカラリの2人は、トランプの2020年選挙対策本部で働いていた。

一方フェイスブックも、トランプが再選されたかのようなフェイクニュースを放置したと誤解されないために以下の断り書きを入れている。「次期大統領にはジョー・バイデンが選出された。2021年1月20日に第46代アメリカ大統領に就任するのはバイデンだ」

先の大統領選の勝者はバイデンであり、就任式まで1カ月を切っている。だがトランプはいまだに敗北を認めず、大規模な選挙不正があったという主張を続けている。ただし、このバーチャルイベントにトランプが出席するつもりかどうかは不明だ。

実際、トランプが慣例通りにバイデンの就任式に出席するかどうかはメディアの注目の的だ。11月にFOXビジネス・ネットワークにこの点を問われたホワイトハウスの大統領報道官ケイリー・マクナニーは次のように答えた。「それは1月の話で、まだずっと先のことだ。トランプ大統領は、自分が大統領になる、2期目がある、と信じている」

平和的な権力移譲の象徴なのに

FOXビジネスの司会が、トランプがバイデンの就任式に出席しないとしたら「非常に印象が悪い」と述べると、マクナニーはこう言った。「大統領は自身の就任式に出席すると思う。実際、出席しなければならないだろう」

12月2日に行われたホワイトハウスでの記者会見で、トランプがバイデンの就任式に出席するか否かを改めて訊ねられたときは、「それについては、大統領自身の発表に委ねたい」とマクナニーは答えた。

元共和党下院議長のニュート・ギングリッチは12月22日、トランプは「おそらく」バイデンの就任式に出席するだろうと言う。「歴史上、後任大統領の就任式に出席しなかった現職大統領はごくわずかしかいない。ジョン・クインシー・アダムズは出席しなかった。1869年には共和党員たちが出席しなかった。だが(就任式出席は)慣例だ」とギングリッチはラジオ番組で話した。「トランプが出席しないのなら、理由を説明する必要があるだろう」

バイデン自身は、12月はじめにCNNに対し、トランプが就任式に出席し、権力移譲が平和的に行われたことを示すことが重要だ、と述べている。「権力移譲の手続きは重要だと思う。これはひとえに彼が決めるべきことであり、私個人にはなんの影響もない。だが、国のためにはそうすべきだ」

(翻訳:ガリレオ)

20210427issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

4月27日号(4月20日発売)は「歴史に学ぶ 感染症の終わり方」特集。ペスト、スペイン風邪、天然痘……はどう消えた? コロナ収束の道筋を3つのシナリオから読み解く。

ニュース速報

ワールド

中国、新型コロナ感染深刻なインド支援の意向=外務省

ワールド

ドイツ上院、コロナ第3波の対策強化に向けた法案可決

ビジネス

バイデン氏、キャピタルゲイン増税提案へ 育児財源で

ビジネス

米ブラックストーン、第1四半期は大幅増益 資産売却

MAGAZINE

特集:歴史に学ぶ 感染症の終わり方

2021年4月27日号(4/20発売)

ペストやスペイン風邪など人類が過去に直面した疫病はどのような経過を経て収束したのか

人気ランキング

  • 1

    親日家女性の痛ましすぎる死──「日本は安全な国だと思ってた」母親らが会見で涙

  • 2

    大谷翔平は既にメジャー100年の歴史を覆し、アメリカの「頭の固い」ファンを黙らせた

  • 3

    中国ワクチン、有効率わずか50% 南米に動揺と失望が広がる

  • 4

    南シナ海で中国の空母の演習を「監視」する米海軍艦…

  • 5

    インドネシア海軍潜水艦、潜行中に消息不明に ドイ…

  • 6

    日米首脳会談で起きた3つのサプライズ

  • 7

    テスラ、中国の消費者に謝罪 モーターショー「ブー…

  • 8

    時価総額はついに1兆ドル! ビットコインのすさまじ…

  • 9

    今後、日本語は長くてくどくなる──コミュニケーショ…

  • 10

    「米軍は中国軍より弱い」とアメリカが主張する狙い…

  • 1

    「お金が貯まらない家庭の玄関先でよく見かける」1億円貯まる人は置かない『あるもの』とは

  • 2

    親日家女性の痛ましすぎる死──「日本は安全な国だと思ってた」母親らが会見で涙

  • 3

    ビットコインバブルは2021年ほぼ間違いなく崩壊する

  • 4

    脳の2割を失い女王に昇格 インドクワガタアリの驚く…

  • 5

    謎の未確認航空現象をとらえた動画が流出し、国防総…

  • 6

    大谷翔平は既にメジャー100年の歴史を覆し、アメリカ…

  • 7

    女子中学生がバスの扉に足を挟まれ、30秒間も道路を…

  • 8

    世界の銃の半分を所有するアメリカ人、お気に入りの…

  • 9

    史上初、ヒトとサルのハイブリッドの初期胚を培養 …

  • 10

    原発処理水の海洋放出「トリチウム水だから安全」の…

  • 1

    「お金が貯まらない家庭の玄関先でよく見かける」1億円貯まる人は置かない『あるもの』とは

  • 2

    太平洋上空の雲で史上最低気温、マイナス111度が観測される

  • 3

    観測されない「何か」が、太陽系に最も近いヒアデス星団を破壊した

  • 4

    「夜中に甘いものが食べたい!」 欲望に駆られたとき…

  • 5

    孤独を好み、孤独に強い......日本人は「孤独耐性」…

  • 6

    親日家女性の痛ましすぎる死──「日本は安全な国だと…

  • 7

    ブッダの言葉に学ぶ「攻撃的にディスってくる相手」…

  • 8

    カミカゼ・ドローンで戦況は一変 米軍「最強」の座…

  • 9

    硬貨大のブラックホールが地球を破壊する

  • 10

    ビットコインバブルは2021年ほぼ間違いなく崩壊する

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年4月
  • 2021年3月
  • 2021年2月
  • 2021年1月
  • 2020年12月
  • 2020年11月