最新記事

免疫

「新型コロナウイルスの免疫は8ヶ月持続する」との研究結果

2020年12月25日(金)16時30分
松岡由希子

「新型コロナウイルス感染症から回復した人は最大8ヶ月にわたって獲得免疫を保持している」 REUTERS/Ivan Alvarado

<「新型コロナウイルス感染症から回復した人は最大8ヶ月にわたって獲得免疫を保持している」ことを示す研究結果が明らかとなった......>

「獲得免疫」とは、感染した病原体を特異的に判別して記憶し、再び曝露したときに効果的にこれを排除する働きである。「新型コロナウイルスに感染した後、獲得免疫がどのくらいの期間、持続するのか」については、まだ完全に解明されていないが、このほど、「新型コロナウイルス感染症から回復した人は最大8ヶ月にわたって獲得免疫を保持している」ことを示す研究結果が明らかとなった。

新型コロナの感染から242日後も保持されていた

豪モナシュ大学らの研究チームは、2020年3月から9月までに新型コロナウイルスに感染した25名を対象として、発症4日後から242日後に採取した血液サンプル計36件を分析した。

2020年12月22日に免疫学専門学術雑誌「サイエンス・イミュノロジー」で発表された研究論文によると、新型コロナウイルス抗体価は発症から20日以降に減少し始めたものの、新型コロナウイルスによる感染を記憶する「メモリーB細胞」は、発症から150日後まで上昇し、発症から242日後も保持されていた。

新型コロナウイルスに感染すると、その「スパイクタンパク質受容体結合ドメイン」と「ヌクレオカプシドタンパク質」を、免疫系の「メモリーB細胞」が記憶する。新型コロナウイルスに再び曝露して、新型コロナウイルスが体内に侵入しようとすると、「メモリーB細胞」の免疫記憶により、防御抗体を素早く産出し、新型コロナウイルスの感染から防御するわけだ。

ワクチンの長期にわたって予防効果が期待できる

「メモリーB細胞」が長期間にわたって保持されることを示したこの研究結果は、ワクチンの有効性にも希望を与えるものといえる。研究論文の責任著者でモナシュ大学のメノ・ファン=ゼルム准教授は「新型コロナウイルスワクチンが開発されれば、長期にわたって感染への予防効果が期待できるだろう」と期待を寄せている。


COVID-19 immunity can last at least eight months after infection, researchers discover | ABC News

ニュース速報

ビジネス

政府系ファンドの投資戦略、コロナ後の規制が障害に=

ワールド

焦点:ワクチン未接種者どう守る、先行イスラエルに新

ワールド

韓国、アストラゼネカ製ワクチン接種者2人の死亡を調

ビジネス

三井住友FG、石炭火力の新規融資を全面停止 高効率

MAGAZINE

特集:人民元研究

2021年3月 9日号(3/ 2発売)

一足先にデジタル化する「RMB」の実力 中国の通貨は本当に米ドルを駆逐するのか

人気ランキング

  • 1

    ミャンマー国軍が「利益に反する」クーデターを起こした本当の理由

  • 2

    無数の星? いいえ、白い点はすべて超大質量ブラックホール 星図が作成される

  • 3

    北極の氷が溶け、海流循環システムが停止するおそれがある、とのシミュレーション結果

  • 4

    リコール不正署名問題──立証された「ネット右翼2%説」

  • 5

    人民元は2021年中に基軸通貨になるのか?

  • 6

    バイデン政権のシリア爆撃が、ロシア、シリア政府、…

  • 7

    聞こえてきた英連合王国分裂の足音

  • 8

    部下が適応障害? 親身に相談に乗り、仕事を減らし…

  • 9

    習近平国賓来日は延期でなく中止すべき

  • 10

    秘蔵っ子辞任「縁故主義」のブーメランが菅政権に突…

  • 1

    屋外トイレに座った女性、「下から」尻を襲われる。犯人はクマ!──アラスカ

  • 2

    バブルは弾けた

  • 3

    がら空きのコロナ予防接種センター、貴重なワクチンは余って山積み──イギリスに負けたEUの失敗

  • 4

    ミャンマー国軍が「利益に反する」クーデターを起こ…

  • 5

    弁護士の平均年収は4割減 過去十年で年収が上がった…

  • 6

    トランプにうんざりの共和党員が大量離党 右傾化に…

  • 7

    リコール不正署名問題──立証された「ネット右翼2%説」

  • 8

    無数の星? いいえ、白い点はすべて超大質量ブラッ…

  • 9

    あらゆる動物の急所食いちぎり去勢も? 地上最凶の…

  • 10

    トルコ宗務庁がトルコの有名なお土産「ナザール・ボ…

  • 1

    フィット感で人気の「ウレタンマスク」本当のヤバさ ウイルス専門家の徹底検証で新事実

  • 2

    ロシアの工場跡をうろつく青く変色した犬の群れ

  • 3

    屋外トイレに座った女性、「下から」尻を襲われる。犯人はクマ!──アラスカ

  • 4

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 5

    韓国メディアが連日報道、米日豪印「クアッド」に英…

  • 6

    バブルは弾けた

  • 7

    中国はアメリカを抜く経済大国にはなれない

  • 8

    全身が泥で覆われた古代エジプト時代のミイラが初め…

  • 9

    現役医師が断言、日本の「ゆるいコロナ対策」が多くの…

  • 10

    こんなに動いていた! 10億年のプレートの移動が40秒…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2021年3月
  • 2021年2月
  • 2021年1月
  • 2020年12月
  • 2020年11月
  • 2020年10月