最新記事

情報科学

インチキ陰謀論「Qアノン」がばらまく偽情報を科学は止められるか

CAN SCIENCE STOP QANON?

2020年11月4日(水)17時40分
デービッド・H・フリードマン

magw201104_Q2.jpg

トランプ大統領は8月までにツイッターで129回もQアノンに触れた JONATHAN ERNST-REUTERS

ツイッターも、規約違反を理由にQアノン関連のアカウント約7000件を停止したという。だが残念ながら、こうした対応は遅きに失している。今までのところ、インターネットの技術は「偽情報の拡散を防ぐよりも助長する役割を果たしてきた」と指摘するのは、現役の陸軍将校で、スタンフォード大学から工学博士号を授与されているトラビス・トランメルだ。

ジョージ・ワシントン大学の物理学者ニール・ジョンソンも、Qアノンの問題は「そこで活動している諸個人のレベルを越えているし、SNSの運営会社が対応できる問題でもない」と言い、解決には「新しい科学」が必要だと指摘している。

ネットワークの地図づくり

ジョンソンとトランメルは、Qアノンの勢力圏を地図化して把握し、その生態を解明しようとする新しい科学の最前線にいる。アメリカ民主主義の諸制度を脅かす偽情報の爆発的拡散を食い止める方法の研究。それを「情報疫学」と呼ぶ。

その名のとおり、情報疫学は感染症の予防法を研究する疫学から派生した新しい分野。ウイルスや細菌が人体の生きる仕組みを利用して増殖するのと同じで、偽情報も民主主義の諸制度を利用して拡散していく。その実態を解明し、拡散を防ぐ方法を見つけるのが情報疫学だ。

現時点で、Qアノンのネットワークの規模は分かっていない。なにしろ元祖「ノード」のディアスだけでもツイッターとYouTubeに35万以上のフォロワーとサブスクライバーを持ち、毎月何千万もの新たな「エッジ」を生み出している。今年の下院選の立候補者の中にも、Qアノンのノードが70人もいるという。

実態解明の手掛かりとして、彼らのネットワークの「見える化」に取り組んでいるのはフリーランスの研究者エリン・ギャラガー。彼女はQアノンの草創期から自前のツールを用いて彼らの活動を追跡し、その骨格をつかもうとしてきた。「戦場の地図もなしでは戦いにならない」と思うからだ。

どのソーシャルメディアのアカウントが偽情報を発信し、それがどのように伝わっていくか。それを示すネットワーク地図ができれば、そこに関与しているノードとエッジが一目で分かるはずだ。

ギャラガーはその地図を作る際に、公開された投稿やツイートを自動的にスキャンして偽情報を監視するソフト(非公開・会員限定の書き込みは除外)を使っている。見た目は無数の輝く点と線で構成された抽象画のようだが、これで偽情報の生成・拡散を可視化できる。

それで分かってきたことの1つは、Qアノンが優れて「分散型」のネットワークであり、メンバー間で次々に新しい考えや会話が生まれている事実だ。つまり、特定の人物が「ボット」と呼ばれるソフトを用いて偽情報を大量に複製・拡散しているわけではない。

また小児性愛と人身売買の話だけでなく、新型コロナウイルスに関連してワクチンの接種に反対する議論や、その感染拡大そのものを一部の特権階級による陰謀と決め付ける議論も大々的に流布されている。「こうした思い込みをする人には、権威を信用しないという共通点がある」と、ギャラガーは言う。どうやら、Qアノンは「アンチ権威」派のたまり場になっているらしい。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

米国株式市場=S&P4日続落、景気後退巡る懸念で

ビジネス

トランプ氏一族企業に有罪判決、税務当局欺く 罰金支

ワールド

北海ブレント今年2度目の80ドル割れ、投資資金が流

ワールド

米ロ、ウクライナ和平交渉に無関心と互いに非難 国連

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:ラーゲリより愛を込めて

2022年12月13日号(12/ 6発売)

二宮和也主演『ラーゲリより愛を込めて』── 映画で知るシベリア抑留の歴史

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 2

    ロシア国内で「軍用機の墜落」が続発...ロシア空軍、戦争どころではない現状

  • 3

    「言葉を失う」...ロシア軍の「置き土産」が雄弁に物語る、凄惨な攻撃の爪痕

  • 4

    【英王室】3人のプリンセスたちの訪米ファッションに…

  • 5

    「犬は飼い主に忠誠心をもつ」は間違い 研究で判明し…

  • 6

    欧州を目指すアフリカからの密航者が急増、巨大タン…

  • 7

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 8

    W杯、ホテルは想定外のガラガラ状態 サッカーファン…

  • 9

    偏差値が測定できない「ボーダーフリー大学」が象徴す…

  • 10

    胎児のときから将来の学歴は決まってる ── 最新科学…

  • 1

    W杯、ホテルは想定外のガラガラ状態 サッカーファンの足もと見たカタールにしっぺ返し

  • 2

    「犬は飼い主に忠誠心をもつ」は間違い 研究で判明した「犬が本当に考えていること」

  • 3

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 4

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 5

    【英王室】3人のプリンセスたちの訪米ファッションに…

  • 6

    スーパーモデル、ベラ・ハディッドがヌードで登場、…

  • 7

    ロシア国内で「軍用機の墜落」が続発...ロシア空軍、…

  • 8

    フィギュアファン歴30年の作家も驚く「羽生結弦が見…

  • 9

    ロシア戦闘機が非武装イギリス機に「ミサイル発射」…

  • 10

    プーチンの「忠犬」ルカシェンコ、暗殺に怯える日々

  • 1

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...FSB内通者のメールを本誌が入手

  • 2

    血糖値が正常な人は12%だけ。「砂糖よりハチミツが健康」と思っている人が知るべき糖との付き合い方

  • 3

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距離感が「気持ち悪い」と話題に

  • 4

    「犬は飼い主に忠誠心をもつ」は間違い 研究で判明し…

  • 5

    W杯、ホテルは想定外のガラガラ状態 サッカーファン…

  • 6

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 7

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 8

    カメラが捉えたプーチン「屈辱の50秒」...トルコ大統…

  • 9

    セレブたちがハロウィンに見せた本気コスプレ、誰が…

  • 10

    食後70分以内に散歩、筋トレ、階段の上り下り。血糖…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
羽生結弦アマチュア時代全記録
CCCメディアハウス求人情報

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年12月
  • 2022年11月
  • 2022年10月
  • 2022年9月
  • 2022年8月
  • 2022年7月