最新記事

米中関係

トランプ「最後の狂気」に身構える中国

China Preparing for Trump's 'Final Madness' Before Biden, State Media Says

2020年11月18日(水)16時20分
ジョン・フェン

武力で対抗することも辞さないという習近平 Carlos Garcia RawlinsーREUTERS

<いまだに大統領選での敗北を認めていないトランプは、中国の軍需企業を禁じるなどぎりぎりまで対中強硬路線を貫く勢い。超えてはならない一線を超えようとした場合、中国は準備ができている>

バイデン政権への移行まで2カ月あまりと迫る今、中国政府は、ドナルド・トランプ米大統領による「最後の狂気」に備えていると、中国国営メディアが11月16日付で伝えた。

トランプはホワイトハウスで過ごす最後の10週間を、次期大統領に就任が予定されているジョー・バイデンとその政権チームに対する政治的な罠を仕掛け、米中関係をさらに悪化させることに費やすだろうと、中国共産党の機関紙「人民日報」の姉妹紙「環球時報」は16日付の記事で主張した。

環球時報は、中国共産党の中でも最もタカ派的な見解を代表するメディアだ。トランプが11月12日に行った「反中国」の大統領令への署名を、「トランプ政権が行った最後の狂気の沙汰」と呼んで非難した。

これは、中国の軍需企業31社に対するアメリカ人の投資を禁じて中国軍の近代化を阻止しようとするもの。トランプの任期切れぎりぎりの2021年1月11日に発効する。対象には華為技術(ファーウェイ)や中国電信(チャイナテレコム)も含まれる。

国営メディアの環球時報はこれまでもマイク・ポンペオ米国務長官を繰り返し批判してきたが、同長官による「台湾は中国の一部ではあったことはない」との発言についても、退陣が迫るトランプ政権による「狂気」の一例だと糾弾している。

対中強硬姿勢がレガシー

トランプは、11月に一般投票が行われた今回の大統領選挙の結果を認めていない。中国政府に対する厳しい措置を、トランプは自らの「政治的レガシー」のひとつと捉えていると、環球時報は述べた。

環球時報はさらに、トランプは次期民主党政権の「妨害」を狙って、バイデンの前に「さまざまな障害を設けている」と指摘した。前副大統領のバイデンが現行のトランプ政権の政策を、「中国に対して弱腰だ」との印象を与えずに覆すのは難しくなる、と同紙は主張している。

トランプの任期が終わりに近づく中、アメリカが南シナ海において、特に台湾に関する問題に関して「最後のヒステリー」を起こす事態に中国政府は備えていると、国営メディアの環球時報は述べた。

台湾の蔡英文総統はこれまで、トランプ政権から前例のない手厚い支援を享受してきた。閣僚級の政権幹部による初の公式訪問や、数十億ドル規模の武器売却契約などだ。

政権交代までの今後2カ月の間に、台湾海峡の緊張が大幅にエスカレートすることは考えにくい。しかし、中国共産党のメディアであり、習近平国家主席の見解を反映していると見られる環球時報は、米台政府のさらなる「結託」に直面した場合には、中国は軍事的な行動を起こすことも辞さないと警告した。

ニュース速報

ワールド

EU、英国との通商交渉に進展 合意なしのリスクも=

ビジネス

イエレン氏の米財務長官就任、世界経済にプラス=EC

ワールド

今年の中国温暖化ガス排出量、前年上回る見込み=IE

ワールド

世界最大の医療用手袋メーカーで集団感染、価格上昇の

MAGAZINE

特集:BTSが変えた世界

2020-12・ 1号(11/25発売)

常識を覆して世界を制した「現代のビートルズ」── 彼らと支える熱狂的ファン「ARMY」との特別な絆

人気ランキング

  • 1

    11月13日、小惑星が地球に最も接近していた......

  • 2

    オバマ回顧録は在任中の各国リーダーを容赦なく斬りまくり

  • 3

    【オバマ回顧録】鳩山元首相への手厳しい批判と、天皇皇后両陛下への「お辞儀」の真実

  • 4

    英政府、香港最高裁からの英国人判事引き揚げを検討…

  • 5

    中国政府、少数民族弾圧はウイグルに留まらず 朝鮮族…

  • 6

    麻生大臣はコロナ経済対策を誤解している?「給付金…

  • 7

    女性陸上アスリート赤外線盗撮の卑劣手口 肌露出多…

  • 8

    劇場版『鬼滅の刃』は慌てて観るには値しない

  • 9

    グラミー賞ノミネートのBTSとその音楽がこんなにも愛…

  • 10

    暗黒の香港から台湾への脱出者が急増中 日本など近…

  • 1

    女性陸上アスリート赤外線盗撮の卑劣手口 肌露出多めのウェア着ている選手が悪いのか?

  • 2

    世界のワクチン開発競争に日本が「負けた」理由

  • 3

    米爆撃機2機が中国の防空識別圏に異例の進入

  • 4

    オーストラリアが打ち砕く、文在寅に残された「たっ…

  • 5

    【オバマ回顧録】鳩山元首相への手厳しい批判と、天…

  • 6

    新型コロナは2019年9月にはイタリアに広がっていた──…

  • 7

    やはり、脳と宇宙の構造は似ている......最新研究

  • 8

    大統領選の「トランプ爆弾」不発に民主党はがっかり…

  • 9

    医学部で人生初の解剖、人体が教科書通りでないこと…

  • 10

    中国とロシアがバイデンを祝いたくない理由

  • 1

    アメリカ大統領選挙、郵政公社がペンシルベニア州集配センターで1700通の投票用紙発見

  • 2

    半月形の頭部を持つヘビ? 切断しても再生し、両方生き続ける生物が米国で話題に

  • 3

    アメリカを震撼させるオオスズメバチ、初めての駆除方法はこれ

  • 4

    女性陸上アスリート赤外線盗撮の卑劣手口 肌露出多…

  • 5

    アメリカ大統領選挙、ペンシルベニア州裁判所が郵便投…

  • 6

    事実上、大統領・上院多数・下院多数が民主党になる…

  • 7

    世界のワクチン開発競争に日本が「負けた」理由

  • 8

    世界が騒いだ中国・三峡ダムが「決壊し得ない」理由

  • 9

    米爆撃機2機が中国の防空識別圏に異例の進入

  • 10

    トランプでもトランプに投票した7000万人でもない、…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年11月
  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月