最新記事

脳科学

イーロン・マスクが進める「脳とコンピュータをつなぐ技術」、ここまで来た

2020年9月2日(水)17時00分
松岡由希子

イーロン・マスクは、ニューロテクノロジー企業「ニューラリンク」の成果を発表した...... neuralink

<イーロン・マスクは、ヒトの脳とコンピュータをつなぐ「ブレイン・マシン・インターフェイス」の開発に取り組んでいるが、これまでの開発成果を発表した......>

約20年にわたって次世代型モビリティ、再生可能エネルギー、宇宙といった壮大なテーマに果敢に挑戦してきた米国の起業家イーロン・マスクは、2016年7月、ニューロテクノロジー企業「ニューラリンク」を新たに創設し、ヒトの脳とコンピュータをつなぐ「ブレイン・マシン・インターフェイス(BMI)」の開発に取り組んでいる。2020年8月28日には、オンラインで配信されたライブイベントに自ら登壇し、これまでの開発成果を発表した。

ニューラリンクは、ブレイン・マシン・インターフェイスを頭に埋め込み、記憶障害、難聴、抑うつ、不眠、依存症、脳卒中、麻痺、発作など、様々な神経疾患を解決することを目指している。視覚、聴覚、痛覚など、私たちのあらゆる感覚は、ニューロン(神経細胞)からの電気信号で脳に伝えられている。ニューラリンクでは、これらの電気信号を可視化し、修正することで、神経疾患の治療に役立つのではないかと考えている。

l_yu_link1.jpgneuralink

また、マスク氏は、今後、ブレイン・マシン・インターフェイスによって、人々がテクノロジーを使用して記憶を保存し、再生できるようになると信じ、「記憶をバックアップとして保存できるかもしれない。新しい身体やロボットの身体にダウンロードすることができるかもしれない」と語っている。

埋め込み型デバイスのプロトタイプを披露、手術ロボットも独自に開発

このライブイベントでは、埋め込み型デバイスのプロトタイプ「リンク0.9」が披露された。幅23ミリ、厚さ8ミリのコイン大の「リンク0.9」は、1024本の電極を持ち、6軸慣性測定ユニット(IMU)、体温センサー、血圧センサーなどが搭載され、内蔵バッテリーで丸1日動作し、Bluetoothによって無線通信する。

Neuralink-pig2020.jpgneuralink

マスク氏が「小さなワイヤがついた頭蓋骨版のFitbit(ウェアラブル活動量計)だ」と称するように、頭蓋骨に小さな穴をあけて埋め込むだけで、ユーザーは、ほぼ違和感なく日常生活を送りながら、ニューロンからの電気信号をリアルタイムで可視化し、記録し、健康状態などをモニタリングできる仕組みだ。

ニューラリンクでは、「リンク0.9」を頭蓋骨に埋め込むための手術ロボットも独自に開発。この手術ロボットを用いることで、1時間程度で「リンク0.9」の埋め込み手術が完了し、手術当日に退院できる。また、一度埋め込んだ「リンク0.9」を取り外したり、アップグレード版に取り替えても、身体に損傷をもたらすリスクはないとされている。

_musklink.jpgneuralink

ブタに「リンク0.9」を埋め込んで実験

3匹の子ブタを使った「リンク0.9」のデモンストレーションも実施された。一度埋め込まれた「リンク0.9」が取り出された後の子ブタは、「リンク0.9」を埋め込まれていない子ブタと同様に、元気に動き回っている。また、2ヶ月間にわたって「リンク0.9」が埋め込まれている子ブタは、匂いを嗅ぎまわって何かに触れるたびに、「リンク0.9」によってニューロンの活動電位が検出され、コンピュータが音を発し、モニターでは、1024本の電極からの活動電位が絶えず変化する様子が表示された。

gertrude-pig-neuralink.jpgneuralink

ニューラリンクでは、2020年7月、アメリカ食品医薬品局(FDA)から「画期的機器」の指定を受けた。今後、ニューロサイエンスやロボット工学、電子工学、生物学など、様々な分野にわたって有望な人材を積極的に採用し、さらなる開発と臨床試験をすすめていく方針だ。

ニュース速報

ワールド

アングル:混迷の米大統領選、「不服申し立て」でどう

ビジネス

アングル:米国債利回り今度こそ上昇持続か、さらなる

ビジネス

トヨタとKDDI、新たな資本・業務提携に合意

ビジネス

日経平均は5日続落、2万3000円割る 米感染者最

MAGAZINE

特集:ドイツ妄信の罠

2020-11・ 3号(10/27発売)

良くも悪くも日本人が特別視する国家・ドイツ──歴史問題や政治、経済で本当に学ぶべき点は

人気ランキング

  • 1

    菅首相は安倍首相に続き自滅か

  • 2

    米総領事館に亡命申請にきた十代活動家を香港当局が拘束、米側は亡命を拒絶?

  • 3

    日本で研究不正がはびこり、ノーベル賞級研究が不可能である理由

  • 4

    日米豪印「クアッド」に走る亀裂──多国間連携で「反…

  • 5

    「ドイツは謝罪したから和解できた」という日本人の…

  • 6

    新型コロナ感染の後遺症で脳が10歳も老化する?

  • 7

    新しい原子力エンジンで火星への到達時間が半減?

  • 8

    キリスト教福音派で始まった造反がトランプの命取りに

  • 9

    コロナ第3波で冬を迎える米国、シカゴの飲食店ではこ…

  • 10

    中国共産党化する日本政治

  • 1

    世界が騒いだ中国・三峡ダムが「決壊し得ない」理由

  • 2

    決壊のほかにある、中国・三峡ダムの知られざる危険性

  • 3

    「ドイツは謝罪したから和解できた」という日本人の勘違い

  • 4

    女性との握手拒否で帰化認定が無効になった ドイツ

  • 5

    中国・青島市で冷凍食品から新型コロナウイルスが検…

  • 6

    菅首相は安倍首相に続き自滅か

  • 7

    黒人プラスサイズのヌードを「ポルノ」としてインス…

  • 8

    毎年ネットで「三峡ダム決壊!」がバズる理由

  • 9

    ボイジャー2号が太陽系外の星間物質の電子密度の上昇…

  • 10

    新しい原子力エンジンで火星への到達時間が半減?

  • 1

    世界が騒いだ中国・三峡ダムが「決壊し得ない」理由

  • 2

    スリランカが日本支援のライトレール計画を中止したのは......

  • 3

    日本学術会議は最後に大きな仕事をした

  • 4

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立…

  • 5

    金正恩「女子大生クラブ」主要メンバー6人を公開処刑

  • 6

    習近平、中国海兵隊に号令「戦争に備えよ」

  • 7

    その数333基、世界一のダム輸出国・中国の「無責任」

  • 8

    注意喚起、 猛毒を持つふさふさの毛虫が米バージニア…

  • 9

    決壊のほかにある、中国・三峡ダムの知られざる危険性

  • 10

    「ドイツは謝罪したから和解できた」という日本人の…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月