最新記事

テロ

パリ刃物襲撃で2人負傷、シャルリエブド元本社前 テロ容疑で7人を拘束、捜査

2020年9月26日(土)10時53分

2015年に襲撃事件が発生したパリの風刺週刊紙「シャルリエブド」の元本社付近で、少なくとも2人が刃物で襲われ負傷。対テロ検察局が現在、捜査を進めている。写真は9月25日、パリの事件現場付近で撮影(2020年 ロイター/Charles Platiau)

2015年に襲撃事件が発生したパリの風刺週刊紙「シャルリエブド」の元本社前で25日、男女2人が大型の刃物で襲われ負傷した。事件が発生した場所が象徴的な意味を持つことから、仏検察は暫定的にテロリズムに関連する事件として対応している。

負傷した2人はシャルリエブドの本社があった建物に入居する番組制作会社の職員。休憩中に建物前の路上でたばこを吸っていた際に襲撃された。当局によると、2人は病院に搬送されたが、命に別状はない。

警察は現場から約500メートル離れたオペラハウスの階段で、実行犯とみられる容疑者の身柄を拘束。拘束時、衣服に血痕が付いていた。警察関係者はロイターに対し、容疑者は18歳のパキスタン系住民と明らかにした。

仏内務省は同容疑者について、治安当局の監視リストに入っていなかったとした上で、1カ月前にも武器所持で拘束され、その後釈放されていたと述べた。

2人目の容疑者の身柄も拘束され、検察当局は実行犯との関連を調べている。警察当局によると、この容疑者はアルジェリア系住民。

ある司法関係者はロイターに対し、警察がパリ北東部郊外で捜索を行い、さらに5人を拘束したと明らかにした。

現場を訪れたカステックス首相は「政府は断固としてテロリズムに対抗する」と述べた。

目撃者はヨーロッパ1ラジオに対し、「オフィスにいたら路上から叫び声が聞こえた。窓から見ると、女性が倒れており、顔面にマチェーテ(なた)による襲撃とみられるけがをしていた。2人目が倒れているのも見え、助けを呼んだ」と述べた。

警察関係者によると、襲撃現場でマチェーテと肉切り大包丁が発見された。

シャルリエブドはイスラム教を繰り返し風刺。15年1月に発生した襲撃事件では12人が死亡し、今月2日に容疑者14人に対する公判がパリで始まった。

シャルリエブドは15年の襲撃事件後、この建物から撤去。今回の事件を受け、「こうした事件でわれわれは恐怖で震え上がることはなく、逆に価値の保全に向け決意を一段と強める」とする声明を発表した。

[ロイター]


トムソンロイター・ジャパン

Copyright (C) 2020トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます


【話題の記事】
・ロシア開発のコロナワクチン「スプートニクV」、ウイルスの有害な変異促す危険性
・巨大クルーズ船の密室で横行するレイプ
・パンデミック後には大規模な騒乱が起こる
・ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死


20201027issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

10月27日号(10月20日発売)は「日本人が知らない ワクチン戦争」特集。新型コロナワクチンの開発と獲得でなぜ後手を踏んだか。日本人はいつ接種できるのか。

関連ワード

ニュース速報

ワールド

米コロナ感染者、先週は13%増の39.3万人 夏の

ビジネス

物価上昇容認、雇用目標達成を支援=フィラデルフィア

ビジネス

FRBは当面政策維持、経済完全回復に時間=アトラン

ワールド

通商交渉、EU姿勢に変化なければ再開できず=英首席

MAGAZINE

特集:日本人が知らないワクチン戦争

2020-10・27号(10/20発売)

全世界が先を争う新型コロナのワクチン確保 ── その最前線と日本の開発が遅れた本当の理由

人気ランキング

  • 1

    中国のネットから消された「千人計画」と日本学術会議研究者たち

  • 2

    トランプ「土壇場の大逆転」2度目は空振り? 前回と異なる要因

  • 3

    日本メディアが使う「中国の少数民族」は政治的な差別表現

  • 4

    アフリカ支援を渋りはじめた中国──蜜月の終わりか

  • 5

    特権社会・中国ではポルノを見るのも一部の特権

  • 6

    グアムを「州に格上げ」して中国に対抗せよ

  • 7

    ドイツも過去最大の新感染者数 マスク着用促す広告…

  • 8

    中国の傲慢が生んだ「嫌中」オーストラリア

  • 9

    中国政府、国内の米国人を拘束する可能性警告 米司…

  • 10

    トランプを批判し「狙われた」美人知事のさらなる受難

  • 1

    日本学術会議は最後に大きな仕事をした

  • 2

    習近平、中国海兵隊に号令「戦争に備えよ」

  • 3

    注意喚起、 猛毒を持つふさふさの毛虫が米バージニア州で相次いで目撃される

  • 4

    アフリカ支援を渋りはじめた中国──蜜月の終わりか

  • 5

    在韓米軍、駐留費引き上げで合意なければ韓国人職員9…

  • 6

    ヒトが進化している証拠? 前腕に動脈を3本持つ人が…

  • 7

    トランプ「土壇場の大逆転」2度目は空振り? 前回と…

  • 8

    トランプが台湾に売った対中兵器の中身

  • 9

    韓国は中国を気づかって、米日豪印4ヶ国連携「クアッ…

  • 10

    ネコにゆっくりと瞬きすると、ネコもゆっくりと瞬き…

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 3

    日本学術会議は最後に大きな仕事をした

  • 4

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立…

  • 5

    金正恩「女子大生クラブ」主要メンバー6人を公開処刑

  • 6

    習近平、中国海兵隊に号令「戦争に備えよ」

  • 7

    その数333基、世界一のダム輸出国・中国の「無責任」

  • 8

    注意喚起、 猛毒を持つふさふさの毛虫が米バージニア…

  • 9

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに…

  • 10

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月